「新製品」事業者向けドライブレコーダー連携「ドライバーモニターシステム」発売のお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社中日諏訪オプト電子 ファインフィットデザインカンパニー
~進化した安全運転支援機能により貴方を事故から未然に守ります~

テクノホライゾングループ(JASDAQ:証券コード6629)の株式会社中日諏訪オプト電子(本社:名古屋市南区塩屋町1-3-4 代表取締役社長:前田 憲二 以下、中日諏訪オプト電子)の社内カンパニーであるファインフィットデザインカンパニーとアイシン精機株式会社(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:伊勢清貴 以下、アイシン精機)は、この度、「事業者向けドライブレコーダー連携ドライバーモニターシステム」を2019年3月より販売します。


【概要】
 本製品は、閉眼状態や視線、顔の向きを検出するアイシン精機の「ドライバーモニターシステム」と、昼夜を問わず高精細な映像が撮影できる中日諏訪オプト電子の「ドライブレコーダー」を連携させた、事業者向けのシステムです。ドライバーモニターシステムが運転者の脇見、居眠りを検知すると、警報により運転者に注意喚起を行います。また、画像や警報情報をドライブレコーダー内に記録し、運転者の傾向分析や教育といった事業者向け用途にも使用できます。

 アイシン精機は、2006年に世界で初めて顔の向きを検知するドライバーモニターシステムを開発し、脇見や居眠り運転などに起因する交通事故をなくすべく、継続的に機能の追加や精度向上を行ってきました。今回の製品では、人工知能の搭載により、顔向きや視線、閉眼といった検知精度とマスクやサングラスなどにより顔の一部が隠れた状態での認識性能を飛躍的に高めました。
 中日諏訪オプト電子は、デジタルカメラ、プロジェクターで培った撮像・投影光学技術に基づき、車載分野に向けても、ADAS(先進運転システム)の肝となる車載用DLPプロジェクター、センサーなど開発を提供しています。また、社内カンパニーであるファインフィットデザインでは、ドライブレコーダーやデジタルタコグラフをはじめとした車載器製品を提供しております。通信機能を内蔵した車載器などカスタムによる製品も多数展開しております。

 我々はこれからも、すべての人々が快適に生活できる安心・安全なクルマ社会の実現を目指して、さらなる技術開発を続け、それぞれの期待に応える製品やサービスを提供していきます。

 2019年1月16日(水)より東京ビッグサイトで開催されます、オートモーティブ ワールド2019 内『第7回 コネクティッド・カー EXPO』にて展示を致します(ブース番号:E53-28)。
展示会概要につきましては展示会ホームページをご参照ください。
https://www.automotiveworld.jp/ja-jp.html

プレスリリース詳細は以下をご参照ください。
https://prtimes.jp/a/?f=d24547-20190110-8745.pdf