プログラミング学習教材の株式会社テックピットにAI・ディープラーニングの専門家 井上博樹氏が参画

このエントリーをはてなブックマークに追加
ガイアックス
~教材全体の品質管理&専門性の高い教材の拡充へ~

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775、以下ガイアックス)の出資先である株式会社テックピット(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 晃平、以下テックピット )は、井上博樹氏が、株式会社テックピットのアドバイザーに就任したことをお知らせします。 井上氏は、現在に至るまでオンライン動画学習プラットフォームでのべ約76,000名にAI・ディープラーニング・プログラミング講座を提供中し、プログラミング学習指導における様々な実績を有します。今後、井上氏はこれまでの豊富な経験をもとに、株式会社テックピットのサービスサイト「Techpit Market(テックピットマーケット)」で提供される教材の品質担保を担当し、自身もAIやディープラーニングの教材を提供していきます。



就任背景:日本のプログラミング教育を民間から変えていきたい
井上氏はアドバイザー就任の理由を以下のように述べています。
「現在、日本国内ではエンジニアの不足が深刻な問題になりつつあり、2020年からは学校教育でもプログラミングが必修化されます。しかし、現状では学習教材の選択肢が非常に少ないです。また私は大学のプログラミング教育システムを開発する会社を興しましたが、教育機関に働きかけてプログラミング教育を変えていく方式では、大変な時間がかかってしまうことに気付かされました。そこで民間企業側からのアプローチとして、Techpit Marketを通じて、多くの方がAIアプリ開発・モバイル・ウェブ開発などをマスターし、イノベーションにチャレンジする応援をしたいと思い、株式会社テックピットに参画します。
Techpit Market は今後の本格的な成長に向け、運営チーム全体で教材のブラッシュアップに力を入れています。私自身のオンライン動画学習プラットフォームでの教育経験と、執筆に関する知見により、学習者に最適な教材作成に貢献していきます。また私自身もTensorFlow, Keras, Python3などに関する教材をリリースしていきます。」

井上博樹氏プロフィール
東京大学工学部卒。富士総合研究所・解析技術第1部・国際大学グローバルコミュニケーションセンター(GLOCOM)を経て、ワシントンD.C.の教育系スタートアップ(Blackboard)に参加、教育プラットフォーム開発や多言語化、アジア展開などを担当。NASDAQ IPOを経験した後、起業。
オンライン動画学習プラットフォームでのべ約76,000名にAI・ディープラーニング・プログラミング講座を27コース提供中。対面でもプログラミングワークショップ(Hour of Code, スマホアプリ開発、Raspberry Pi による電子工作)を担当。
現在は、研究開発へのAI導入支援を提供し、ディープラーニングによる電力消費量予測、医療分野におけるディープラーニングによる画像分析などの研究開発をサポートしている。
また、オンライン動画学習プラットフォームでの教育経験を活かし、教育機関や企業などの教育研究支援、オンライン教育プラットフォーム(LMS/Moodle/Canvas/Blackboard)導入、反転授業・ブレンデッドラーニング・パーソナライズドラーニング(個別学習)の導入支援、映像授業制作、教育アプリ開発なども提供している。
著書に「Moodle入門(2007年)」「Moodle2ガイドブック(2013年)」「反転授業マニュアル(2014年)」「動画xスマホで稼ぐ(2014)」「エンジニアのためのオンライン講座制作ガイド(2016年12月刊)」などがある。



Techpit Marketについて
Techpit Marketは、CtoC型のプログラミング学習教材のマーケットプレイスです。エンジニアは得意な技術や個人プロジェクト等で開発したサービスを「プログラミング学習者向けの教材」として販売することが出来ます。一方で、プログラミング学習者はエンジニアが作った教材を元にプログラミングの学習を進めることができます。
現在は「Tinder風マッチングサービスを作ってみよう!」、「Instagram風SNSサイトを作ってみよう!」、「javascriptでタイピングゲームを作ってみよう!」、「仮想通貨を使ってツイッターで投げ銭するアプリを作ってみよう!」、「機械学習で画像を判別してみよう!」、「Trello風Todoアプリを作ってみよう!」などの現役エンジニアが作った教材が提供されています。

ガイアックスについて:多様な働き方を認める制度を用意

ガイアックスでは、社内の強いアントレプレナーシップに対応した制度を用意しています。
・カーブアウト制度
カーブアウトを申請した事業チームに対して、もれなく事業を子会社化します。また、子会社の経営陣やメンバーにストックオプションを50%まで付与。ゆるやかな資本関係を持ちながら、独立起業を支援することで、アントレプレナーシップを持った優秀な人材が単に流出せずに、会社にも利益をもたらす制度です。

ガイアックスについて: 社外からの事業アイディアも募集し、事業化を支援
「人と人をつなげる」をミッションとして掲げているガイアックスでは、AirbnbやUberなどに代表されるようなシェアリングエコノミーやCtoC事業の新規立ち上げに注力しています。この分野で新しい未来を創りたい人を支援し、初期の事業検証から出資後のハンズオン支援までおこなう組織が「Gaiax STARTUP STUDIO※」です。
これまでに、事業アイディアをゼロから考えるワークショップや、事業アイディアを持っている方へのレビュー会やピッチイベントなどを通じて、優れた事業プランを見出しています。
代表的な出資先としては、農家の人材不足を解消するシェアグリ社、精神的な悩みをITで解決するメンヘラテクノロジー社、プログラミング学習教材のマーケットプレイス事業のテックピット社などがあります。
※:スタートアップスタジオとは、同時多発的に複数の企業を立ち上げる組織のことを指します。

関連URL
サービスを作りながらプログラミングを学べる プログラミング学習教材のマーケットプレイスTechpit Market
https://market.techpit.jp/

株式会社テックピット 概要
設立:2018年7月
代表取締役CEO:山田 晃平
本社所在地:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
事業内容:プログラミング学習教材のマーケットプレイス
URL: https://www.techpit.jp/

株式会社ガイアックス 概要
設立:1999年3月
代表執行役社長:上田 祐司
本社所在地:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
事業内容:ソーシャルメディア事業、シェアリングエコノミー事業、インキュベーション事業
URL: http://www.gaiax.co.jp/