国内初アナウンサー音声によるAIスピーカー店舗案内・受付サービス、松坂屋名古屋店で実証実験開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
オトナル
AIスピーカーによる店舗案内・受付ソリューションを松坂屋名古屋店で提供開始。

株式会社オトナル(https://otonal.co.jp/)は、松坂屋名古屋店にて2月20日から開始されるAIスピーカーによる店舗案内サービスの実証実験において、当社の事業であるプロアナウンサーによるAIスピーカー向け音声制作サービス「クラウドスタジオ」と、データの認識精度を向上させる独自技術「V.R.T.機構」を用いて開発を行ったAIスピーカー店舗案内・受付ソリューションを提供いたします。





本サービスは株式会社オトナル、株式会社大丸松坂屋百貨店、国立大学法人名古屋大学 安田・遠藤・浦田研究室の三者による実証実験として、AIスピーカーを活用し店内案内を自動化することで、受付でのお客様の待ち時間削減、サービスの向上を目指します。


松坂屋名古屋店では本館東入口横インフォメーションカウンターにAIスピーカーを設置します。松坂屋名古屋店内の各店舗ブランドと売り場の案内に対応しており、お客様がAIスピーカーに向けてお探しの店舗名もしくは商品名を質問すると、AIスピーカーが売り場情報を音声とモニター上で回答します。AIスピーカーの応答は全てプロアナウンサーの音声を使用しており、従来の機械音声に比べ聞き取りやすくスムーズな受け答えが可能です。



株式会社オトナルでは、音声機能のユーザビリティを向上させるため、ぎこちなく聞き取りづらい、AIの読み上げ音声ではなく所属するプロアナウンサーの滑らかな発声でコンテンツを読み上げることができる制作サービス「クラウドスタジオ」を提供しています。今回、松坂屋名古屋店の店舗案内・受付サービスでは元北陸放送アナウンサー・文化放送人気パーソナリティの室照美さんの音声を起用しました。

更に、現在発売されているスマートスピーカーの標準機能では難しい、固有名詞の音声認識および短縮や言い換えなどの同義語、類義語の認識精度を向上させる自社の独自技術「Voice Recognition Tuning(V.R.T.)機構」を採用し、個別ブランド名や店舗名認識精度の大幅な向上を実現しています。本技術によって、認識精度および回答精度の改善がされていきます。

国内AIスピーカー市場は2018年に46億円、2022年には3倍の150億円と急拡大が見込まれており※1、それに伴い音声UIとAIスピーカーを活用したサービスの普及が見込まれます。株式会社オトナルでは、早期から利用者の使い勝手を考慮したユーザービリティの高い音声UI、AIスピーカーアプリケーション、独自のデータ活用アルゴリズムの研究開発に着手し、既存事業であるマーケティングコンサルティングとのシナジーを高めた音声によるコンテンツ制作も行っており、今後もAIスピーカーとコンテンツを活用した新たなユーザー体験、コミュニケーションサービスを提供してまいります。

※1 株式会社 富士キメラ総研「スマートスピーカーやスマートホーム対応照明の市場を調査」(http://www.group.fuji-keizai.co.jp/press/pdf/181026_18096.pdf)参照

以上


<会社概要>
株式会社オトナル
代表者:代表取締役 八木 太亮
所在地:〒104-0042 東京都中央区入船3-9-2 佐久間ビル 4F
事業内容:AIスピーカー向け開発ソリューションおよびコンテンツ&音声広告制作、データ活用ソリューション、コンテンツ・コミュニティを活用したマーケティング支援事業、ウェブメディアの企画、開発、運営
URL:https://otonal.co.jp/