「予算計画達成をAIで導けるのか―経営とAI」セミナー開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社アグリーメント
グローバルに活躍している講師陣がAI活用、AIガバナンスについて語ります。

「経営とAI」をテーマにサービス展開中の株式会社アグリーメントは、AIの世界的権威である慶応義塾大学 武藤佳恭教授を基調講演に、また、企業に求められているAIガバナンスについて、グローバルファームであるKPMGコンサルティング株式会社の山下雅和パートナーをお招きして表題のセミナーを開催します。開催日時:令和元年6月6日(木)13時30分(受付開始)14時00分(開演) セミナー参加費:無料開催場所:お茶の水ソラシティカンファレンス 2F ソラシティホールWEST定員:80名(先着順) お申込みサイト:http://www.agreement.jp/seminar/0606


株式会社アグリーメント(本社:東京都千代田区 代表取締役:豊倉光伺)は、現在、企業の売上予測、需要予測、各プロセスレベルでのAI活用など、経営に紐づいたAIサービスを特別な知識が無いユーザーでも使えるソリューションをベースに展開しています。
この度、支援先企業様をはじめ、問合せの多い「AIを活用して、事業計画を確実に達成できるのか?」というテーマに、考え方やフレームワークを発表させていただきます。

これまでも、様々な統計的手法などに基づいて、事業計画を達成する確からしさの検証や、様々なシナリオワークにより事業計画と向き合ってこられた企業も少なくはありません。
しかしながら、企業規模という大きなくくりでの事業計画達成管理は、部門横断的なデータ検証の難しさや異なる業務における評価尺度の違いなどから、会社や組織で決めた時間軸で結果を追いながら、必要に応じて見直しを行うという診断的コントロールがほとんどです。

現在、企業環境はかつてないほどの、既知、未知のリスクにさらされています。
グローバリゼーションもその一つですし、市場や産業構造の変化、新たなプレイヤーの参入、相手先のカントリーリスク、人材不足や人材流出、IT活用における2025年の崖問題など、枚挙に暇がありません。

そこで、株式会社アグリーメントでは、AIを活用して、事業計画に達成に対する予防的コントロールと発見的コントロールを実現することで、企業がビジネスに対して、競合他社や新な脅威に先んじて対応できるフレームワークの必要性を感じ、開発を続けています。

今回のセミナーは、企業の皆様がAIそのものへの更なる発見、政府が企業に求めているAIガバナンスの啓もう、変化する時代の経営へのAI活用について、ご理解を深めて頂くための機会となっています。
<セミナー参加お申込みは下記サイトからお願いします>
http://www.agreement.jp/seminar/0606
予算計画とAI
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ