本邦初!AI経費精査・不正経費防止システムの「SAPPHIRE」を第4回会計・財務EXPOにてリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Miletos株式会社
Miletos株式会社(所在地:東京都目黒区、代表取締役:朝賀 拓視)は、AI経費精査・不正経費防止システム「SAPPHIRE」を2019年5月29日から31日の日程で開催される第4回会計・財務EXPOにて発表、サービスの提供を開始致します。従来の経費精算システムが提供している費目の適合性や必要書類の添付有無、利用可能な経費枠内の判断にとどまらず、申請された経費自体の合理性、横断的な不正申請の可能性の判断まで踏み込んだ経費の精査システムとしては本邦初(当社調べ)となります。




経費の不正利用は企業の中で行われる不正の中で一番発生件数が多く、2016年の調査(※1)ではサラリーマンの24%が経費の不正使用の経験があると回答しています。割れ窓理論(Broken Window Theory)は企業においても有効と言われており(※2)、不正経費の額そのものは小さくても、それを放置すれば大きな不正につながる可能性が高いと言えます。
しかし、現状限られた経理のリソースで不正を漏れなく検出することは難しく、月末月初の経理部門の労働負荷が高まったり、証憑とデータの整合性チェックに終始してしまうことで、不備や不正経費の見逃しが起こりやすくなっています。SAPPHIREは経費や勤怠などのデータをもとに、不正な経費を簡単かつ高精度で検出し、クライアント企業の統制レベルの強化と経理業務の効率化を同時に達成します。サービス導入の結果として社内のコンプライアンス意識の醸成にもつながります。






SAPPHIREは割れた窓を修理し続けることや割った人を懲罰することではなく、「窓を割らせない」ことでビジネスとビジネスに関わる人たちをサポートします。
「窓を割らせない」環境を作ることで、誠実な人が気持ちよく働ける企業文化や労働環境を構築するお手伝いをすることを目指しています。

本展示会での弊社ブースは西展示棟(A会場)のA2-35となります。
展示会場にてご面談をご希望の担当者様は、当日のお時間を確保させていただきますので、事前に下段のメールアドレスからお気軽にお問い合わせください。事前に当日のご質問内容も教えていただけると、当日スムーズに回答できるように準備させていただきます。
※EXPOの招待状をお持ちでない方は当日5000円入場料がかかります。招待状が必要な方は至急お知らせいただければ、必要数送付させていただきます。

※1 株式会社マクロミル サラリーマンの経費精算に関する実態調査 2016
※2 公認不正会計士協会 職業上の不正と乱用に関する国民への報告書 2014


<会計・財務EXPOについて>
会計・財務EXPOは業界唯一経理・財務業務支援に特化した展示会。「財務会計システム」「経費精算システム」「経理代行」「会計・財務コンサルティング」など、あらゆる経理・財務業務支援ソリューションが一堂に出展し、来場する企業・官公庁・学校・病院の経理・財務・経営幹部の方々との商談の場として、年々規模を拡大している。東京で行われる第4回には約800社が出展。
https://www.acc-expo.jp/ja-jp.html

<お問い合わせ先>
Miletos株式会社 担当:朝賀(あさか)
メールアドレス:sapphire@miletos.tech
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ