音声感情解析AIのEmpathが 経済産業省「J-Startup」プログラムに採択

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Empath
海外展開と国内のオープン・イノベーションを加速

音声感情解析AI 「Empath」を開発する株式会社Empath (本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO : 下地貴明、以下Empath)は、2019年6月24日に経済産業省、日本貿易振興機構(以下、JETRO)、新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)が日本のスタートアップの国内外ビジネス展開を支援するプログラム「J-Startup」に採択されました。この度Empathは日本のスタートアップ約10,000社の中から49社のスタートアップとして選出されました。今回の採択を受け、国内外の更なるビジネス展開を加速します。


■海外展開の更なる加速
Empathは2018年度にJETROが主催した「J-Startup」事業においてCES、Web Summitなどを含む全ての海外テック・カンファレンスに出展した唯一のスタートアップです。実際に海外でのピッチ・コンテストにおいて8度の優勝、それに伴い世界50カ国でEmpathが利用されるなど、海外でのビジネス展開が拡大しています。今回の「J-Startup」採択により、Empathは拠点設立も見据えた海外展開を加速していきます。


Web SummitのJ-Startupブース

■オープン・イノベーションの拡大
Empathはすでに国内大手企業に採用されており、ロボティクス、コールセンター、モビリティなどの領域において、現在活用されています。今回の「J-Startup」採択を通して、国内大企業との連携を強化、実証実験(PoC)などを通じて国内でのオープン・イノベーションに積極的に参画していきます。

■Empath CEO 下地貴明コメント
Empathは「共感(Empathy)」に基づき、音声感情解析AIを通してよりよいテクノロジーと社会の関係を創出することを目指しています。今回の採択を受け、日本を代表するスタートアップの1社としてEmpath社員一同、より国内外の人々に喜ばれる製品を世の中に生み出して参りたいと考えております。

Empath一同


■J-Startupについて


「J-Startup」は2018年6月より発足した経済産業省が推進する日本のスタートアップの海外展開を支援するプログラムです。実績あるベンチャー・キャピタリストやアクセラレータ、大企業の新事業担当者等の外部有識者からの推薦に基づき、J-Startup企業を選定し、大企業やアクセラレータなどの「J-Startup Supporters」とともに、官民で集中支援を行うプログラムです。
経済産業省・日本貿易振興機構(JETRO)・新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が事務局となり、プログラムの運営を行っています。

本リリースの詳細に関しては以下のURLをご参照ください。
https://www.meti.go.jp/press/2019/06/20190624004/20190624004.html

J-Startup公式サイトは以下のURLよりご覧ください。
https://www.j-startup.go.jp/


<Empath Inc.概要>(https://webempath.com/


Empath Inc.は、音声から気分状態を可視化するエンジン「Empath(R)(エンパス)」を利用し、メンタルヘルス対策やマーケティング等に役立つアプリケーションを開発しています。奈良先端科学技術大学院大学との共同研究や株式会社NTTドコモとの被災地支援事業で採用されたほか、ロボティックスやコールセンターなど幅広い分野で活用されています。海外でも注目を浴びており、アラブ首長国連邦内務省に正式に採用されたほか、開発者向けに提供しているWeb Empath APIは世界50か国以上で利用されています。また、ICT Spring 2018で開催されたPitch Your Startupで日本企業としてはじめて優勝、Viva Technology 2018でBest Startupに選出されるなど海外のピッチコンテストですでに年間8度の優勝をおさめています。

・設立 :2017年10月31日
・本社所在地:東京都渋谷区神宮前6-18-13 7F
・代表者 :代表取締役 下地 貴明
・事業内容 :音声感情解析AI「Empath」の
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ