AIを用いた保険証券管理アプリ「folder」が、TOKYO MX「話題のアプリ ええじゃないか!」で紹介されました

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社アドバンスクリエイト
人とテクノロジーを深化させ進化する会社



 株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役社長:濱田 佳治、以下「当社」)が、昨年7月に開発した保険証券管理アプリ「folder」が、TOKYO MX「話題のアプリ ええじゃないか!」(9/12放送)において紹介されましたので、お知らせいたします。



■TOKYO MX「話題のアプリ ええじゃないか!」について
タイトル:話題のアプリ ええじゃないか!
放送局 :TOKYO MX(関東ローカル 東京・埼玉・千葉・神奈川・茨城及びYoutube他)
放送日時:9/12放送(隔週木曜日 25:40~26:10)

下記URLより放送をご視聴できますので、是非ご覧ください。
URL:https://www.hokende.com/features/app_introduction




■保険証券管理アプリ「folder」の実績と今後の想定
「保険証券」をスマホで撮影してクラウド上で管理できる便利なアプリ。単に管理するだけではなく、契約データと紐づくことで、契約している保険会社との連絡先が連携され、保険契約情報を家族や大切な人と共有できるなど色々な機能が次々と実装されています。お陰様で、ダウンロード数はこの8月に10,000件を超え、年内に20,000件を超えると想定しております。また、登録された「保険証券」数も7,000件を超え、同じく年内には15,000件を超えると予想しております。

以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ