AWL、新経営体制への移行のお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
AWL株式会社

2019年9月20日
報道関係各位


AWL、新経営体制への移行のお知らせ


当社は、本日開催の取締役会において、当社連結親会社であるサツドラホールディングス株式会社(以下、「サツドラHD」という)から当社マネジメントへの株式譲渡契約の締結に伴う筆頭株主の異動とサツドラHDとの業務提携の締結について決議いたしましたので、お知らせいたします。


1. 株式譲渡・業務提携の目的

 当社は、2017年6月のサツドラHDからの資本注入以来、サツドラHDが有するドラッグストア、「サツドラ」を起点とした、実店舗資産、商品、データ、顧客、集客能力、POSシステム、マーケティングノウハウ、人材その他のリソース等を活かしたAIカメラソリューションの開発を推進してまいりました。

 またサツドラHDにおいては、当社のAIカメラソリューション活用による、今までにない新しい店舗体験の創出や、コスト削減、生産性向上へと繋がるノウハウを蓄積すると共に、「サツドラ」の店舗とデータ、取引先メーカーとの太いコネクションといった資産を最大限に活用したオープンイノベーションプロジェクトである「SATUDORA AI LAB」を立ち上げ、AIカメラによる店内データやPOSデータなどを分析し、そこから得た知見を取引先メーカーに販売し、新しい収益源につなげるなどの着実な成果を上げております。


 現在、当社の提供するAIカメラソリューションはドラッグストア以外の複数社での実証実験が進んでおり、飲食、アパレル、スーパー、コンビニ、百貨店、ホームセンターなどの全国のチェーンストアで幅広く利活用いただくため、企業として「独立性」が求められる段階に至っております。
 この度のサツドラHDから当社マネジメントへの株式譲渡に伴い、サツドラHDの連結子会社から外れることにより、当社の独立性が大幅に向上し、当社のAIカメラソリューションの拡販を期待できることに加え、2019年2月に実施した事業譲渡に伴い発生した特別利益を今後の技術開発や販売促進のための資金として十分に投下することが可能となります。
 当社はサツドラHDの連結子会社から外れるものの、業務提携契約を同時に締結し、連携の維持を図ってまいります。

 当社とサツドラHDが2017年6月時点より目指しておりました、AI等の最新技術を活用した店舗のデジタルトランスフォーメーションを実現し、新しい顧客体験、ビジネスモデル、生産性向上といった効果を、業種にとらわれることなく、幅広く普遍的なサービスとして提供することで、社会全体における実店舗の価値向上を支援してまいります。

 
 詳細は以下プレスリリースをご覧ください。

 プレスリリースURL
 https://awl.co.jp/news/20190920


【会社概要】
■AWL株式会社
代表者 :代表取締役社長 北出宗治
所在地 :〒102-0073東京都千代田区九段北一丁目12番4号
設立  : 2016年6月
事業内容:AIカメラソリューション事業
URL: https://awl.co.jp

■サツドラホールディングス株式会社(東証一部証券コード:3544)
代表者 :代表取締役社長 富山浩樹
所在地 :〒002-8003 北海道札幌市北区太平3条1丁目2番18号
設立  :2016年8月
URL:https://satudora-hd.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:AWL株式会社
担当者名:藤松、打田
TEL:03-6380-8669
Email:info@awl.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ