SaaS/AI特化VCのReality Accelerator、ファッションに特化した人工知能を企業向けにSaaS提供する株式会社ニューロープへ投資実行

このエントリーをはてなブックマークに追加
Reality Accelerator有限責任事業組合
Reality Accelerator有限責任事業組合(本社:東京都渋谷区、代表パートナー:郡 裕一、以下Reality Accelerator)は、RA1号ファンド(正式名称:Reality Accelerator 1号投資事業有限責任組合)より、ファッションに特化した人工知能を企業向けにSaaS提供するスタートアップの株式会社ニューロープ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:酒井 聡、以下ニューロープ)へ投資実行したことをお知らせします。



(左)Reality Accelerator 代表パートナー 郡 裕一、(右)ニューロープ 代表取締役 酒井 聡氏

▽今回の投資実行について
ニューロープはReality Acceleratorの2社目の投資先であり、今回改めてコミットするべく追加出資いたしました。当初SaaSをスタートしたばかりの頃から比べると、プロダクトも段違いに改良され継続利用頂いているお客様もかなり増えて来ました。「ファッションのAIならニューロープ!」と言えるレベルに近づいてきています。
またこの1年でチームも強化されたのでこれからのさらなる成長を一緒に作っていければと思います。

▽株式会社ニューロープについて
会社名  :株式会社ニューロープ(https://www.newrope.biz/
代表取締役:酒井 聡
設立   :2014年1月10日
資本金  :46,510,000円(資本準備金含む)
所在地  :東京都渋谷区桜丘町14-1 都築学園ハッチェリー渋谷
事業内容 :ウェブサービス事業(ファッションAI「#CBK scnnr」の開発・販売)、メディア事業

▽RA1号ファンド(正式名称:Reality Accelerator 1号投資事業有限責任組合)について
RAファンドは、2017年6月26日よりファンドの募集を開始し、株式会社丸井グループなどの事業会社6社とエンジェル投資家2名の方々よりご出資頂き、約7.3億円を調達しました。既に、IoTとAIを活用して空席情報配信サービスとして注目を浴びている株式会社バカンなどのSaaSとAI領域のスタートアップ13社への投資を実行しております。投資対象はシード期~アーリー期のスタートアップとし、1社に対して1000万円~3000万円の出資を行います。合計25社への投資を予定しています。

▽SaaS・AIスタートアップに特化したVC、Reality Acceleratorについて
Reality AcceleratorはSaaS・AIスタートアップに特化したVC/アクセラレートプログラムとして、2017年に立ち上がりました。REALITY ACCELERATORはスタートアップの営業支援・KPI改善支援などに強みを持つベンチャーキャピタルです。「投資先を全社成功させるためになんでもやる」ことをビジョンに掲げ、投資先に入り込んで支援する“ダイブイン”スタイルで支援しております。

●イベント開催による営業活動・リード獲得支援・採用支援
営業資料とランディングページのブラッシュアップや、顧客紹介やゲツイチ商談会やテーマ別イベントを定例開催して、投資先スタートアップを支援しています。
イベント情報について:https://reality.vc/events.html

●1000万円規模の投資先スタートアップ特典
投資先・支援先にはAWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platform、PRTimesなどの特典チケットを提供します。一部の特典は投資前スタートアップにもチケット提供することができます。

●次ラウンドの資金調達を支援
「誰もが投資したいスタートアップ」になるべく事業進捗を支援すると同時に、ピッチイベント「Reality PITCH」や投資家の紹介など、次ラウンドの資金調達を支援します。



組合名   :Reality Accelerator有限責任事業組合(https://reality.vc/
代表者   :代表パートナー 郡 裕一
所在地   :東京都渋谷区幡ヶ谷3丁目39番12号 渋谷ウェストビル1階
投資ファンド:Reality Accelerator 1号投資事業有限責任組合


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ