無人自動バレーパーキングシステムと大画面AR-HUDを開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
パナソニック

「無人自動バレーパーキングシステムとAR-HUD」無人自動バレーパーキング技術 説明図
自動運転の進化や交通事故の低減など、より安全で快適な車社会の構築が求められています。その実現に向けて、パナソニック株式会社 オートモーティブ社(以下、パナソニック)は、「無人自動バレーパーキングシステム」と「AR-HUD」を開発しました。無人自動バレーパーキングシステムは、限定された領域での高度運転自動化(SAEレベル4)(※1)を実現し、AR-HUDは、ドライバーが運転に集中できる快適で安全なナビゲーションを提供します。なお、本技術は、トヨタ自動車株式会社のコンセプトカー「LQ」に搭載されます。

※1 SAEレベル4:Society of Automotive Engineers(SAE)がJ3016で発表した定義による高度自動運転(限定された領域においてシステムが完全自動運転を実行)

【開発技術の概要】
(1)無人自動バレーパーキングシステム
車両や駐車場に専用の高価なセンサーを設置することなく、無人自動バレーパーキングを実現しました。車両に搭載された複数のカメラ、ソナー、レーダーと、駐車枠や停止線といった簡単な2次元路面マップを用いて、正確な自車位置を特定することで、隣接車両との間隔が20 cmの極狭空間に駐車できます。車載カメラと監視カメラがディープラーニングによる人検知を行い、駐車場内の歩行者を検知して、安全に車両を停止します。

本システムの導入で次のようなメリットが期待できます。

1. 専用の高価なセンサーを使わず無人自動バレーを実現。駐車場での事故低減を安価に実現し、面倒な駐車作業からドライバーを解放
2. 離れた駐車場の利用や狭い空間に駐車できることで、土地を有効活用できます

(2)大画面AR-HUD
運転席前方の現実空間に奥行き感のある大画面映像を重ねて表示。車両から得られる情報をもとに、経路案内の表示や障害物を、路面上に直接マーキングしたように見える注意喚起表示などを行います。また、AV製品の開発で培ったパナソニック独自の光学技術の活用で、大画面でも歪みの少ない高品位の表示や現実空間と表示映像のズレを低減します。

本システムの導入で次のようなメリットが期待できます。

1. 運転中のドライバーの視点移動や焦点調整を減らすとともに、より直感的な情報の提示により、安全運転を支援します
2. 独自の振動補正技術で、振動による現実空間と表示映像のズレを低減。より見やすくわかりやすいナビゲーションを実現

パナソニックは、先進技術で安全・快適なモビリティ社会の実現に貢献してまいります。

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 無人自動バレーパーキングシステムと大画面AR-HUDを開発(2019年10月11日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/10/jn191011-1/jn191011-1.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ