クロスキャット、クラウド型AI-OCR「CC-HyperOCR」とデスクトップ型RPA「CC-EasyRobo」、2つの新サービスを提供開始!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社クロスキャット
― 働き方改革の推進を支援するソリューションメニューを拡充!― ITソリューションサービスを展開する株式会社クロスキャット(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上貴功、以下クロスキャット)は、業務効率化ソリューション「CCシリーズ」のラインアップを拡充するため、東日本電信電話株式会社(以下NTT東日本)よりOEM供給を受けてクラウド型AI-OCRの「CC-HyperOCR」(※1)と、デスクトップ型RPAの「CC-EasyRobo」(※2)を11月12日より提供開始します。2つの新サービスと、当社が従来より展開しているクラウド型勤怠管理システム「CC-BizMate」や会議室予約システム「CC-SmartReservation」を組み合わせ、働き方改革の推進をサポートしていきます。


「CC-HyperOCR」は、手書き文字の読取率96.7%(※3)を誇るAI-OCRで、様々な書類や帳票の手書き文字を読み取ってデータ化するサービスです。
「CC-EasyRobo」は、国内2,700社(※4)を越える実績がある「WinActor(R)」を活用したでRPAです。利用開始後のトラブルシューティングや操作説明などのサポートが付いているため、情報システムの専任担当者がいない企業でも安心して利用できます。

これら2つの新サービス「CC-HyperOCR」と「CC-EasyRobo」を連携させることにより、手書き資料の読取りから自社システムへの投入にいたるまでの帳票1枚あたりの処理時間が、導入前と比較して半分程度(※5)に削減できることも期待できます。

(※1)(※2)「CC-HyperOCR」と「CC-EasyRobo」は商標登録出願中。(※3)NTT東日本が2018年8月~9月に実施したトライアルに基づく実測値。(※4)NTTアドバンステクノロジが2019年1月に実施した調査における企業数。(※5)NTT東日本が2018年8月~9月に実施したトライアルの検証結果。


■CC-HyperOCRについて
□サービス名/CC-HyperOCR  
□提供開始時期/2019年11月12日
□価格/利用料:100,000円(税別)/月 ※読取箇所が6万箇所以内。6万箇所を越える場合は別途従量課金
□手書き文字を識別したテキストデータ変換(例)
●くせ文字  

●枠はみだし 


●訂正印


 ディープラーニングによって文字の読取り精度が向上していきます。

□読取り精度(2,000文字を超えるトライアルの結果)

※1 NTT東日本が2018年8月~9月に上記3社で行ったトライアルの検証結果平均。(手書き文字を含む20,275文字)


■CC-EasyRoboについて
□サービス名/CC-EasyRobo  
□提供開始時期/2019年11月12日
□自動化対象ソフト/Windows端末から操作可能なあらゆるソフトに対応可能
□価格/利用料:【通常版】 1ライセンスにつき、75,000円(税別)/月
【ライセンス追加オプション】 1ライセンス追加につき、20,000円(税別)/月(シナリオの実行のみ。シナリオ作成は不可)
 

             
※1 本サービスのご利用には、インターネット接続環境が必要です。また、別途NTTアドバンステクノロジ株式会社とソフトウェア使用許諾契約が必要
です。
※2 メーカー、ソフトウェアおよびサービス提供事業者が提供する正規サポートを代行するものではありません。
※3 「WinActor(R)」はNTTアドバンステクノロジ株式会社が保有する商標または登録商標です。


■d「CC-HyperOCR」と「CC-EasyRobo」の連携イメージ


■会社概要
□社   名/株式会社クロスキャット
□代 表 者/井上貴功
□設  立/1973年6月
□本  社/東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス20階
□上場市場/東京証券取引所 市場第一部
□資 本 金/10億円
□売 上 高/97億69百万円(2018年度実績・連結)
□事業内容/システムソリューション(システム開発、BIビジネス、自社プロダクト開発・提供)、スタッフサービス
□従業員数/556名(2019年4月現在)
□事 業 所/仙台支店、盛岡オフィス、東品川オフィス
□関係会社/株式会社クロスユーアイエス



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ