Gatebox、ObotAIとアプリケーション開発と国内販売で提携、多言語対応バーチャル接客ソリューションをGateboxで実現

このエントリーをはてなブックマークに追加
Gatebox
Gatebox株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:武地実)と株式会社ObotAI(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:北見好拡)は、この度「Gatebox」と「ObotAI」を活用した多言語対応バーチャル接客ソリューションの開発と国内販売において提携合意したことをお知らせいたします。




今回の提携では、キャラクター召喚装置「Gatebox」と、豊富な7言語・多彩なインターフェースに対応するAIチャットボット「ObotAI」とのコラボレーションにより、これまでにない新たなバーチャル接客ソリューションを開発し、両社のさらなる販路拡大を目指します。



Gatebox × ObotAI 多言語対応バーチャル接客ソリューション活用シーン
・忙しいスタッフの代わりに、沢山のお客様へ商品や施設に関するご案内が可能。
・ビジュアル的な訴求で商品・企業・ブランドイメージを効果的にPR。
・建物外に設置することで営業時間外の無人接客を実現し、オンラインショップへ誘導。
 機会損失を防ぎ、売上向上を促進。

※本ソリューションの販売・提供は、2020年3月以降を予定しております。

■「ObotAI」について
ObotAIは、AIを組み込んだ最先端の多言語対応チャットボットです。豊富な7言語(日本語、英語、中国語繁体字・簡体字、韓国語、タイ語、ロシア語)に対応しており、社内に在籍する各国のネイティブスタッフが外国語のデータ入力を手厚くサポート。機械翻訳ではない流暢な会話を実現し、外国人ユーザーにも快適にサービスをご利用いただけます。

■ObotAIの特徴
・多数のユーザーインターフェースと連携が可能!
・専用の管理ツール(CMS)により、通常3ヶ月かかるサービス導入をわずか1ヶ月で実現!
・クライアントのニーズにあわせた導入しやすい価格帯

■ObotAIの導入により期待できる効果
・顧客や社内のお問い合わせ対応を一部自動化することで、業務効率化 とコスト削減を実現!
・24時間365日の対応により、機会損失を防ぎ販売促進を向上!
・多言語対応により、海外からの顧客へスムーズなご案内を実現!
・業務マニュアルの共有や社内情報の整理、外国人スタッフへの対応に貢献 !
・災害時に必要な情報を多言語で即時提供することで混乱を防ぎ、最適な初期対応を実現!

■対応ユーザーインターフェース
・WebChat
・LINE
・Facebook Messenger
・Wechat
・KakaoTalk
・Skype
・Slack
・各種AIスピーカー(スマートスピーカー)
・デジタルサイネージ
・IoT

■「Gatebox」について
「Gatebox」は、好きなキャラクターと一緒に暮らせるキャラクター召喚装置です。最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせることで、キャラクターをボックス内に呼び出してコミュニケーションすることを実現しております。

■ObotAI 会社概要
会社名:株式会社ObotAI
設立日:2019年9月2日
所在地:〒101-0021 東京都渋谷区恵比寿2-6-25上田ビル3F
代表者:代表取締役 北見好拡
URL:https://obot-ai.com

■Gatebox 会社概要
会社名:Gatebox株式会社 (Gatebox Inc.)
設立日:2014年2月14日
所在地:〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目8-13 NREG秋葉原ビル7F
代表者:代表取締役 武地実
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ