“SELF-AIエンジン”を北海道長万部町のプロモーションサイト「AIまんべくんの部屋」へ導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
SELF株式会社
SELF株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:生見臣司、以下SELF)は、東京理科大学インベストメント・マネジメント株式会社(東京都新宿区、代表片寄裕市、以下東京理科大学IM)と共同で、地方創生事業の一環として北海道長万部町のご当地キャラ「まんべくん」をAI化し、長万部町の魅力を伝える会話コミュニケーション型のプロモーションサイトを開発致しました。




■ 概要
SELFでは、個々のユーザーとの密なコミュニケーションを可能にする会話型AIを独自開発しております。
今回のAI導入により、サイトの訪問者(以下、ユーザー)に合わせて長万部町のおすすめスポットや、特産品、イベント情報などを紹介することが可能になりました。またエンタメコンテンツとして長万部タイプ診断も用意しており、楽しみながら長万部町の魅力を知ることができます。


「AIまんべくんの部屋」はこちら:https://app.self.systems/selfcmps/fronts/oshamanbe/manbekun



■ 個々のユーザーにあわせた、長万部町の魅力提案
「AIまんべくん」は、ユーザーの属性や状態などを聞き、その人にあわせた長万部町のおすすめスポットや食べ物を紹介します。例えば、会社員で最近頑張れていない人には癒しのための「鳴砂海岸」、最近刺激が足りないと思っている人には「震える橋」などを提案します。

■「長万部タイプ診断」
エンタメコンテンツとして15の質問からユーザーのタイプを割り出す「長万部タイプ診断」があります。
単なるエンタメ要素だけではなく、診断結果ではユーザーのタイプに適した長万部の観光スポットを提案し、通常の検索行動ではたどり着かないような長万部町の魅力を発見することができます。

■ 行動につながる提案
「AIまんべくんの部屋」では観光スポットや特産品など紹介や提案を行いますが、提案のみにとどまらないよう、長万部観光協会やふるさと納税のサイトに遷移できるようにしております。
ユーザーが能動的にサイトURLをクリックできるのは当たり前ですが、「AIまんべくんの部屋」では会話コミュニケーションの中で、ユーザーが興味をもったと判定した場合には、自然にサイトへの遷移を促します。
それによりユーザーは納得感を持った上で、サイトを見る可能性が高く、情報伝達の精度が上がると想定されます。



■ 東京理科大学と長万部町の地方創生事業について
「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が平成26年12月27日に閣議決定され、地方自治体においても、国が策定した「総合戦略」等を勘案して、「地方版総合戦略」等を策定し、実行するよう努めることとなり、長万部町では2015年9月に東京理科大学長万部キャンパスにて「長万部地方創生サミット」を開催。人口急減・超高齢化と長万部が直面している大きな課題に長万部町と東京理科大学が一体となって取り組み、長万部の特徴を活かした自律的で持続可能な社会を創生できるよう「長万部町と東京理科大学との地方創生に係る包括的連携協定」を結ぶこととなりました。

■ SELFのAIエンジンとは
自動コミュニケーションを可能とする会話エンジン。ボットや自然言語処理開発者によって新たに開発された、自動で理解と推測を行い、自然な会話を進めることが可能なシステムです。独自のライブラリ、既存顧客/プランデータ、解析・記憶システムを使い、いまどのような会話が必要なのか、どのプランが適切なのかを判断します。情報が溢れる時代にこそ、優れたコミュニケーションによって、深く長い関係作りを実現するSELFのエンジンをご活用ください。


《 長万部町 概要 》
町役場所在地:北海道山越郡長万部町字長万部453-1
関連サイト:http://www.town.oshamambe.lg.jp/index.php

《 東京理科大学インベスト・マネジメント株式会社 概要 》
所在地:162-0825 東京都新宿区神楽坂1-3 東京理科大学神楽坂キャンパス9号館8階
関連サイト:http://osyamanbe.jp/

《 SELF株式会社 概要 》
所在地:160-0023 東京都新宿区西新宿6-15-1 ラ・トゥール新宿610
設立:2014年11月13日
資本金:3億7,600万3,737円(資本準備金含む)
代表取締役:生見 臣司

■お問い合わせ
企業名: SELF株式会社
担当者: 吉村(ヨシムラ)
メール:info@self.systems
電話:03-6908-8434


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ