NTT東日本アクセラレータープログラムDemoDayで最優秀賞受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
inaho株式会社
自動野菜収穫ロボットを開発するinahoがNTT東日本と協業へ

inaho株式会社はNTT東日本が行うアクセラレーションプログラム 「LIGHTnIC」 に採択され、1月23日(木)に行われたDemoDayで採択企業14社の中から最優秀賞を受賞いたしました。




NTT東日本アクセラレーションプログラム「LIGHTnIC」とは
「LIGHTnIC」はNTT東日本・NTTグループの持つアセットをベンチャー企業が活用させて頂くことで、社会・地域の課題を解決する事業を、スピーディーにスケールさせ、地域全体に革新を起こすことを目的としたプログラムです。2019年5月に「スマートホーム」「スマートカンパニー」「スマートビルディング」「スマートシティ」「スマートソサエティ」「ディスラプト」をテーマに革新的な技術をもつベンチャー企業を広く募集。2019年9月に計100社の応募の中から16社を採択し、約4ヶ月にわたりビジネスの加速を図るための協業検討を実施しました。


DemoDayで14社が事業連携プランを発表
1月23日(木)に行われたDemoDayではプログラムに採択された企業14社より、これまでの協業検討の取り組みを通じたNTT東日本との事業連携プランについて発表しました。審査の結果、inaho株式会社が最優秀賞を受賞いたしました。


NTT東日本 代表取締役副社長 澁谷 直樹 様のコメント


私たちはアグリテックの事業に取り組んでおり、地域の一次産業を加速させ、AI等の新しい技術を活用して日本の輸出産業に変えるようなインパクトのある事業に育てたい、と本気で取り組んでいます。そのアグリテック事業において、ロボットと自動化という非常に斬新な切り口で取り組んでいる点が、最優秀賞にinaho株式会社を選定した決め手でした。是非、NTT東日本と連携して、日本の農業を変えていけるような取り組みを一緒に進めていきたいです。


inaho株式会社 代表取締役CEO 菱木 豊のコメント


今後15年で、基幹的農業従業者数は半分になってしまうことが予想されています。いま私たちは野菜を食べて生活している状況で、このことは喫緊の課題だと考えています。2022年までに1万5千台の運用を目標としていますが、小さなスタートアップだけで、ロボットのオペレーションを行うことには限界があります、一緒に事業を進めていただける企業がNTT東日本様であれば、日本全国に対応できる。そのような企業様と一緒に事業を行うことができる機会を作っていただけたことを本当に嬉しく思います。


販売せずに農家へお貸出しするinahoの自動野菜収穫ロボット


■ロボットの基本情報
【サイズ・重量】
全長:125cm/全幅:39cm/高さ:55cm/約65kg
【稼働時間】
最大10時間(バッテリー駆動/家庭用コンセントで充電可能)
【収穫時間】
12秒/本

■ロボットの特徴

主な動作として、移動、探索、収穫という一連の流れで自動収穫を行います。
【移動】
・白い線を設置するだけで設定したルートを自動走行
・ビニールハウス間を移動
・スマートフォンで簡単操作
【探索】
・AIを駆使して自動走行しながら作物と枝等を判別
・収穫適期の作物のみを収穫物として認識
・収穫対象は出荷基準に合わせてcm単位で設定
【収穫】
・作物を傷つけることなく収穫
・収穫した作物はカゴに優しく収納
・カゴがいっぱいになると利用者のスマートフォンに通知

■初期費用&メンテナンス費無料のRaaS(Robot as a Service)
・選択収穫野菜の自動野菜収穫ロボットでは国内初のビジネスモデル(※当社調べ)
・販売ではなく、市場の取引価格×収穫量の一部を利用料としてinahoへお支払い
・農家は導入費を抑えて利用可能で、故障によるメンテナンス費も不要
・定期的に最新のパーツに交換することで、ロボットの性能が継続的に向上
・ロボット間のネットワークを構築し、さまざまなデータを収集
・収集したデータを活用して農家へ生産性向上のアドバイスも実施

■今後の展望
現在の対応作物はアスパラガスのみですが、今後はトマトやイチゴ、キュウリなど、人の目で見て収穫適期かどうかを判断しなければならない選択収穫野菜に広く対応していきます。ロボットの生産台数は2020年に数百台、2022年には約1万5千台を目標とし、九州を中心に拠点を開設していきます。

イベントのご案内
「AI&Robotics Startups#1 注目のロボットベンチャーの技術と本音大公開」というテーマで、共同代表 大山と弊社エンジニアがイベントに登壇します!
inahoの他にもコネクテッドロボティクス株式会社 取締役COO 佐藤様、Rapyuta Robotics株式会社 共同創業者 代表取締役CEO ガジャン モーハナラージャ様が登壇予定!皆さまからのお申し込みお待ちしております。

■開催日程
2月10日(月)19:30~21:30
※受付開始は19:00
■場所
TECH PLAY SHIBUYA
東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル 8F
■参加費
無料
■定員
100名(抽選制)

詳細は下記をご参照ください。
https://techplay.jp/event/767000

人材募集
アスパラガスをはじめとする人の判断が必要な選択収穫野菜の自動野菜ロボットの開発を行っています。今もなお、誰も解決していない壁に立ち向かっている私たちは、共に歩んでいただける仲間を求めています。少しでも興味をもっていただけましたらお気軽にご連絡ください。

佐賀採用│一般事務 営業事務募集!自動収穫ロボット×農業
https://www.wantedly.com/projects/376727
九州採用|テクノロジーで農業の未来を変えるインターン/短期アルバイト募集!
https://www.wantedly.com/projects/399728
ロボットに目と頭脳を授けるコンピュータービジョンエンジニア
https://www.wantedly.com/projects/286727
自動野菜収穫ロボットを実用化する電気・電装設計エンジニア募集
https://www.wantedly.com/projects/230994
機械設計エンジニア募集│自動収穫ロボット×AI 農業の新たな未来をつくる
https://www.wantedly.com/projects/167656
調達・量産エンジニア募集│自動収穫ロボット×AI 農業の新たな未来をつくる
https://www.wantedly.com/projects/403556
九州採用│収穫ロボットを圃場で動かす| テック系アグリコミュニケーター募集
https://www.wantedly.com/projects/289287
AI×ロボットで農業の未来を変えるロボットシステムエンジニア
https://www.wantedly.com/projects/367613
自動収穫ロボットWebアプリフロントエンドエンジニア募集
https://www.wantedly.com/projects/322985

inaho株式会社 会社概要
代表者:代表取締役 菱木 豊 / 大山宗哉
本社所在地:神奈川県鎌倉市材木座4-10-14
設立:2017年1月17日
資本金:1億円
事業内容:自動野菜収穫ロボットを活用した生産者向けRaaSサービスの提供
URL:https://inaho.co/

本件に関するお問い合わせ
inaho株式会社 広報担当 TEL:0467-37-5279 E-Mail:info@inaho.co
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ