アプライド株式会社とタクトピクセル株式会社、印刷画像のAIモデル作成WebツールPOODL(プードル)専用ワークステーションの共同開発 ・販路拡大で業務提携を締結

このエントリーをはてなブックマークに追加
アプライド株式会社
印刷画像のAIモデル作成WebツールPOODL(プードル)専用ワークステーションの共同開発 ・販路拡大で業務提携を締結


各位

2020年2月20日
会社名   アプライド株式会社
代表者名  代表取締役 岡 義治
(コード番号:3020)

アプライド株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:岡 義治)は、タクトピクセル株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:玉城 哲平)と、印刷製造分野ののための画像認識のためのクラウドプラットフォームで、深層学習モデル作成・解析のWebツールPOODL(プードル)の相互販売拡大を目的として、業務提携を締結いたしました。


■ 両社の特徴
アプライド株式会社は、広域での実店舗・営業拠点展開による販売網を強みとしており、全国の大学・官公庁・企業の研究開発分野に向けてのコンピューター関連機器およびソフトウエアの導入に取り組んでおります。一方、タクトピクセル株式会社は、深層学習を始めとするAI・機械学習の技術をと画像処理技術をに適用し印刷産業に適用し、印刷製造・コンテンツ制作業務を改善するソリューションを開発、データ校正や刷り出しモノの検品システムの精度向上に注力しております。

■ 今後の事業展開

スピードと正確性が求められる印刷製造業において、AIによる画像検査の重要性は確実に増しています。POODLは、AIを検査業務に導入したいが、AIの専門知識を持つ人材がいない企業様や投資効果が未知数で投資判断ができない、といった企業様に利用いただけるよう、印刷画像の特長を考慮した深層学習のアルゴリズムの採用や現場で画像データのラベル付け(アノテーション)作業ができるユーザーインターフェースを実装するなど、深層学習モデル作成を現場で可能にするプラットフォームです。

AI・DeepLearning(深層学習)分野で使用される専用コンピューターおよびソリューションの拡大を進めるアプライド株式会社と、印刷画像のAIモデル作成WebツールPOODL(プードル)を展開するタクトピクセル株式会社との協業により、推奨ワークステーションの共同開発、導入・保守・技術サポート支援、セミナーや展示会等への出展・主催を通して、印刷製造業向けに、画像認識による検査ソリューションを提供し、業務効率化に貢献できるようまい進致します。


<アプライド株式会社の概要>
所在地 〒812-0007 福岡県福岡市博多区東比恵3-3-1
代表者 岡 義治
設立年月日 1982年9月20日
資本金   3億8,173万円
事業内容  パソコンおよび周辺機器、デジタル関連商品の販売
      BTO/HPC製品の製造販売
      国内および海外メーカーからの商品仕入調達・販売企画・宣伝
      ネットワークシステムの構築保守・リモートサポートサービス事業
従業員   417名
企業URL  http://www.applied-g.jp/


<タクトピクセル株式会社の概要>
所在地   〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町2丁目2番地9 港陽ビル4F
代表者   玉城 哲平
設立年月日 2018年1月5日
資本金   7,700万円
事業内容  ソフトウェアアプリケーション開発・販売、
      Webサービス開発・運営、画像処理コンサルティング
従業員   7名
企業URL  https://taktpixel.co.jp/company/

■本件に関するお問い合わせは下記まで
アプライド株式会社  総務部 山口 圭介
電話:092-481-7801 FAX:092-481-9965
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ