ヒューマンアカデミーが「取りたい資格、学びたい講座」を分析新型コロナで生活環境変化の中、家で「手に職、資格取得」を目指す人が増加

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒューマン
~注目は、IT・AI・メンタル・コミュニケーション・ペット講座~

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、教育事業を運営するヒューマンアカデミー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:川上 輝之、以下「ヒューマンアカデミー」)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で急な休業や在宅ワークと働く環境が変化する中で、学びを始める方の目的、意識の変化が見られ、このたび、今注目が集まっている講座をまとめました。


【本件のポイント】


仕事環境の変化を受けて、自分を見つめ直し、目的を持って学び始める人が、4月より増えてきました。
在宅で急激にニーズが高まったオンラインシステムや技術革新の必要性から、「WEB・プログラミング系講座」、「AI講座」、「Python講座」といったITスキルを習得するための受講希望が急増しました。
家で可能なオンライン学習、YouTubeなどのオンラインコンテンツの広がりから「映像編集講座」の問い合わせ件数が、昨年対比750%を超えました。


【本件の概要】 <今、注目すべき5講座>



※2020年4月1日から30日までの講座販売実績及び問い合わせ件数の前年比伸び率を元に算出しています。

【社会人スクール部門 学習カウンセラー・宮崎和也の見解】
~ 急な休業や生活環境が変わる中、自分自身や今の仕事を見つめ直し、手に職をつけたい、資格を目指す方が急増 在宅ワークやオンライン学習が進む中、時代のニーズが高い講座に注目が集まる ~

○「WEB・プログラミング系講座」
オンラインミーティングやオンラインでの手続きなどが急速に普及する中で、WEBプログラミング人材不足と社会的な需要の急速な高まりが影響していると考えられます。

○「映像編集講座」
学校の授業からカルチャーまで各オンライン学習の必要性が高まり、一方では芸能人から一般人まで、YouTubeを活用した各サービスなどが重宝されるようになり、映像編集スキルに注目が集まっています。

○「AI講座」
6月から開講のAI講座は、以前より希望が多かったカリキュラムですが、社会や生活環境の急激な変化が、更にAIを駆使する人材になりたいという希望を後押ししたと推察されます。

○「心理学・NLP講座」
家で過ごす時間が多くなり、会社の上司、取引先または家族とのコミュニケーションを円滑にしたい、あるいは、ストレスからメンタルケアを学習したいというニーズが高まっています。

○「ペット系講座」
ペットと過ごす時間が増え、ご自身のペットのため学習を開始する方から、「ペットが好き」を仕事につなげたいと、プロとしての活躍や開業を目指す方も出てきました。

生活環境が大きく変化する中で、「将来、ますます必要となる技術」、「自分らしく働く」講座が注目を集めています。
4月よりピンチをチャンスに変えるという前向きな方からの問い合わせを多くいただきました。今後もヒューマンアカデミーは、社会のニーズに沿った講座の開発や、学ぶ方のライフステージに合わせた様々な学びの展開を提供してまいります。

■宮崎和也 プロフィール
米国NLP協会™NLPマスタープラクティショナー
カウンセラー歴 15年 2,000名以上をカウンセリング

自分自身が悩みやすい性格であることをきっかけに、20代の頃から心理学に興味を持ちはじめ、仕事やプライベートでの課題を具体的に解決するために心理学やカウンセリングを学習。その後、2,000名以上の方の学習及び就職相談に応じる。同時に、心理学関連の研修講師及び通信制高校において、学生や親御様のカウンセリングを担当。言葉の使い方次第で学生が変化していくことを実感する。


■ヒューマンアカデミー通学講座 https://haa.athuman.com/
資格取得、キャリアアップを目指す専門スクールです。1985年の開講以来、修了生・卒業生数は142万名以上、資格・検定試験の合格者数は20万名以上を輩出してきました。仕事にいきる実践力を身につけるための講座と、資格取得・就職・転職を支援するためのサポートが充実しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ