NewsDigest、新型コロナ感染事例マップで全都道府県別の「10万人あたりの新規感染者数」掲載を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
JX通信社
報道ベンチャーの株式会社JX通信社(本社:東京都千代田区、代表取締役 米重 克洋 以下 「当社」)は、ニュース速報アプリ「NewsDigest」で好評の新型コロナ感染事例マップ内で、直近1週間の「人口10万人あたりの新規感染者数」の掲載を開始しました。本数値は「NewsDigest」アプリ(iOS/Android対応)の右下「コロナ・防災」特設タブに常時掲載しており、無料でご利用いただけます。



NewsDigest(ニュースダイジェスト)アプリダウンロードURL


iPhone 版 : https://itunes.apple.com/jp/app/id950527505
Android 版: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.newsdigest


【概要】
今回掲載を開始した、直近1週間の「人口10万人あたり新規感染者数」は、政府や各自治体が感染状況を判断する根拠として広く利用されている指標の1つです。

例えば、厚生労働省の基準では、都道府県知事が社会への協力要請を行うタイミングの基準として直近1週間の人口10万人あたり新規感染者数が2.5人以上という数値を置いています。

NewsDigestでは、国や自治体、企業等により発表された感染事例のある場所を地図上にまとめて紹介する「新型コロナウイルス感染状況マップ」を提供していますが、今回このマップ機能をアップデートして、全ての都道府県毎に直近1週間の「人口10万人あたり新規感染者数」を確認できるようになりました。

ユーザーは地元の都道府県を設定することで、居住都道府県の同指標を日次でリアルタイムに確認することが可能です。

なお、当社では新型コロナウイルスに関連する基礎的な統計を24時間リアルタイムに集計してNewsDigestのみならずヤフー、LINE、スマートニュースなどの大手プラットフォーム事業者にも広く提供しており、本指標も独自に算出しております。このため、計算基準の違いにより他の発表主体の数値とわずかに差が生じることがあります。

当社では、引き続きユーザーの皆様がアプリで感染状況をリアルタイムに確認できるようにすることで、感染拡大防止とユーザーの皆様ご自身の感染予防に貢献してまいります。
関連:
GPSで近所の感染事例をチェック。NewsDigestアプリ「新型コロナウイルス感染状況マップ」が位置情報に対応
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000005993.html


【マップの特徴・使い方】
地域設定をしていただくと、全国の累計感染者数に加えてご指定の地域のデータが表示されます。
GPS(※1)をオンにしていただくと、現在地付近の感染事例のある施設の情報を確認できます。
アイコンをタップすると、発表日や消毒の状況などをチェックすることができます。
※1)GPSによる位置情報機能は、NewsDigestのアプリ上で位置情報の使用を許可しているユーザーのみ利用可能です。アプリがユーザーの許可なく位置情報を取得・使用することはありません。


◎NewsDigest(ニュースダイジェスト)について
Google Playベストアプリ2019 生活お役立ち部門賞受賞。速報がとにかく早いから、入れておけば安心。
ニュース速報や地震・災害速報のほか、鉄道情報など生活に必要な情報を最も速くお伝えする、ライフライン型ニュースアプリです。
「新型肺炎」特設タブでは、新型コロナウイルス感染症関連の様々なニュース速報をまとめてチェックできるほか、「地域」タブではお住まいの都道府県の最新の感染者確認情報なども確認できます。
NewsDigest 新型コロナウイルス感染状況マップ: https://newsdigest.jp/pages/coronavirus/


◎JX通信社について

JX通信社は、報道分野に特化したテックベンチャーです。
国内の大半の報道機関のほか官公庁、インフラ企業等にSNS発の緊急情報を配信する「FASTALERT」、一般消費者向けの速報ニュースアプリ「NewsDigest」、自動電話情勢調査などのサービスを提供しています。
自然言語処理や機械学習といったテクノロジーでリアルタイムにニュースを届ける、新しいかたちの報道機関を目指しています。社員の約半数をエンジニアが占めています。
新型コロナウイルス感染症をめぐっては、国内でいち早く2月16日より、国内感染状況の統計をまとめた「新型コロナウイルス感染状況マップ」を公開。累計500万人以上のユーザーにご利用いただいています。また、3月25日からは国内最大級のニュースアプリSmartNewsにも最新の感染者数データの提供を開始しています。
Webサイト: https://jxpress.net/

◎「FASTALERT」(ファストアラート)について
「FASTALERT」は、AI(人工知能)がSNSから災害、事故、事件などのリスク情報を収集し配信するSaaSです。
2016年9月のリリース後7ヶ月で、全ての民放キー局とNHKで採用。各局ニュース番組における「視聴者提供」動画定着の原動力になりました。2018年の日本新聞協会 技術開発奨励賞を受賞。
現在はSNS緊急情報サービスでシェアNo.1の業界標準として全国の大半のテレビ局や新聞社に採用されているほか、警察、消防、自治体、一般企業でも幅広く導入実績があります。
FASTALERT内の「新型肺炎」特設ページでは、感染事例報告施設マップをPCからご覧いただけます。
FASTALERTのサービス詳細についてはこちら: https://fa.xwire.jp/

【JX通信社 会社概要】
会社名:株式会社JX通信社
住 所:東京都 千代田区 一ツ橋 2-6-3 一ツ橋ビル8階
代表者:米重 克洋(代表取締役)
資本金:1億円
事業内容:インターネットによる各種情報提供サービス
1.速報(ニュース速報・リスク情報の配信)
2.メディアプラットフォーム(世論調査・選挙情勢調査)
3.ニューステクノロジー(ニュースエンジンの提供・研究開発)
URL:http://jxpress.net/

【主要株主】
主要株主:役員・経営陣
共同通信グループ(一般社団法人 共同通信社/株式会社共同通信デジタル)
グローバル・ブレイン株式会社
株式会社QUICK
株式会社サイバーエージェント・キャピタル
SBIインベストメント株式会社
株式会社ベクトル
株式会社テレビ朝日ホールディングス
株式会社フジ・スタートアップ・ベンチャーズ(フジテレビグループ)
ほか

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ