超絶カスタマイズAI翻訳『T-3MT』と翻訳管理システム『Memsource』 の合体、『Rozetta MEMSOURCE』リリースのお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロゼッタ
 株式会社ロゼッタ(本社:東京都新宿区 代表取締役:五石順一)は、超絶カスタマイズAI翻訳『T-3MT』と人手による翻訳業界における翻訳管理システムの世界標準である『Memsource』を合体させた『Rozetta MEMSOURCE』を2020年7月31日にリリースしました。




■TM Meets MT
 従来、翻訳業界における「TM(翻訳メモリ)」と、IT業界における「MT(機械翻訳)」とは、別々の道を歩んできました。IT業界の人々は、TM(翻訳メモリ)とその発展形であるTMS(翻訳管理システム)を知らず、翻訳業界の人々はMT(機械翻訳)技術を知りませんでした。
 しかしながら、従来の当社のAI翻訳『T400』と違って、今年新たにリリースした超絶カスタマイズAI翻訳『T-3MT』は、翻訳業界におけるTM(翻訳メモリ)をそのままAI翻訳にするという特徴を備えており、これまで別々だったTMとMTが初めて出会うこととなりました。
 そしてこの度、翻訳業界における世界標準のTMSである『Memsource』と、当社の『T-3MT』が合体し『Rozetta MEMSOURCE』が登場します。
 当社のMT事業としては、今回初めて翻訳業界に入っていくこととなります。

■『Rozetta MEMSOURCE』について
 当社が提供する『T-3MT』は、過去の翻訳業務のなかで企業が蓄積しているTMをそのままAI翻訳にすることによって、過去の翻訳文書の表現に忠実な訳文を生成することができます。この翻訳機能を翻訳管理システム『Memsource』に取り込むことで、取扱説明書などのドキュメント翻訳を飛躍的に効率化します。翻訳業界において高い評価を得ている『Memsource』が提供する翻訳プラットフォームにより翻訳工程を最適化し、翻訳メモリや用語管理の翻訳支援機能を最大限に活用することで、高品質の翻訳を実現します。
 この時の翻訳作業で蓄積された翻訳メモリは、再度『T-3MT』で追加学習させることで、さらに翻訳精度を高めることができるという、従来にはなかったソリューションです。今までの翻訳メモリ、用語管理を超えた、AI 機能による超絶ドキュメント翻訳ソリューションが『Rozetta MEMSOURCE』です。

URL:https://www.rozetta.jp/lp/memsource/

■Memsource社について
会社名:Memsource a.s.
CEO:David Canek
所在地:チェコ共和国プラハ
日本窓口:東京都豊島区南池袋2丁目49-7池袋パークビル1階
URL:https://www.memsource.com/ja/
グローバル企業の翻訳の効率化に貢献することが、『Memsource』のミッションです。AI を活用した業界最先端の翻訳テクノロジーで、より簡単で、より速く、より低コストのローカライゼーションを実現します。『Memsource』の技術で、人々が言語の壁を越えて情報にアクセスすることをこれまで以上に容易にします。Memsource』には、15以上の国から集まった、20以上の言語を話すスタッフがおり、世界3拠点にグローバルオフィスを展開し、ビジネスの国際化に貢献しています。

■ロゼッタについて
会社名:株式会社ロゼッタ
代表取締役:五石 順一
所在地:東京都新宿区西新宿6-8-1オークタワー23F
URL:https://www.rozetta.jp/
ロゼッタは、「我が国を言語的ハンディキャップの呪縛から解放する」という企業ミッションの下、AI自動翻訳の開発・運営を行っている会社です。
ロゼッタの自動翻訳は4,500以上の企業・団体で導入されており、製薬、外資系ライフサイエンス、バイオベンチャー、医療機器、検査機器商社、国立研究所、大学研究室、各種病院・クリニック、化学、石油、食品、飲料、法律事務所、特許事務所、金融、IT、半導体、産業機械、電気機器など、様々な分野でご活用いただいています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ