千葉市、AIリアルタイム危機管理情報サービス『Spectee Pro』を導入 – スペクティ

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Spectee
AIを活用し、SNSの情報から災害時の迅速な被害状況把握に


株式会社Spectee(本社:東京都千代田区、代表取締役:村上建治郎、以下スペクティ)は、千葉市の災害対応・危機管理対応として、リアルタイム危機管理情報サービス『Spectee Pro(スペクティプロ)』が採用されましたので報告します。

『Spectee Pro』は、AI技術を活用して情報解析し、いち早く正確に緊急情報を配信、被害状況を可視化する危機管理情報サービスです。TwitterやFacebookなどのSNSに投稿された情報をもとに、自然災害や火災、事故等の緊急性の高い情報、停電、感染症に関する情報など、100以上のカテゴリーを、市区町村、空港や駅、商業施設、観光地周辺といった対象と組み合わせて、「どこで何が起きているか」をリアルタイムに通知します。

さらに、スペクティではAIを活用し、SNS上のデマや誤情報の判定、情報の重要度の解析等を行うとともに、情報分析のスペシャリストで構成された専門チームによる、24時間体制の情報精査も合わせて行うことで、お客様が正確な情報をもとに迅速に状況把握を行えるよう、万全の体制を敷いています。

千葉市では、災害発生時に市民からSNSに投稿される情報は迅速な初期対応に有用だと考え、これまでシステムの導入を検討してきました。その中で、SNSから正確な情報をいち早く収集できる『Spectee Pro』を採用することになりました。

千葉市総務局防災対策課のコメント
「千葉市では、災害時に市民から投稿されるSNSの情報は被害状況を把握するのに有効であると考え、AIを活用し正確で迅速に情報を配信する『Spectee Pro』をトライアルしてきました。『Spectee Pro』は、市民から投稿される写真や動画を解析し、リアルタイムに収集できるだけでなく、デマの排除や、地図等でわかりやすく表示できるなど、災害現場で活用できると判断したため、この度導入することになりました。
千葉市では、今後もAIなど最先端の技術を活用し、迅速な災害対応にあたっていきたいと考えています」

スペクティは、今後も『Spectee Pro』を活用して、よりきめ細やかな防災・危機管理情報の収集や地図等を使った被害状況の可視化など、自治体や企業ニーズにもとづき、業界標準の危機管理ソリューションとして提案してまいります。



自治体採用数 No.1『Spectee Pro』無料トライアル・資料ダウンロード >> https://spectee.biz


リアルタイム危機管理情報サービス『Spectee Pro』

■ 株式会社Specteeについて
国内企業契約社数No.1、自治体契約数No.1のリアルタイム危機管理情報サービス「Spectee Pro(スペクティ)」を中心に、AI等の最先端技術を活用し、SNSやカメラ・センサーなどを解析し、災害関連情報、感染症情報、企業のリスク情報などをいち早く正確に提供を行っています。「危機を可視化する」をスローガンに、すべての人が安全で豊かな生活を送れる社会の創造を目指しています。

<会社概要>
会社名 : 株式会社 Spectee (スペクティ)
代表取締役 : 村上 建治郎
会社設立年 : 2011年
資本金 : 約7億円(資本準備金含む)
事業概要:AI等の最先端技術を活用した災害・危機管理情報サービス
本社所在地 :東京都千代田区五番町 12-3
ホームページ: https://spectee.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ