究極的に簡単なRPAツール「EzAvater」、高山市様の活用事例を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社テリロジー
~「役所の仕事×RPA」に求めることは、“人に説明しやすい〞こと。~

「誰でも」「簡単に」作れる国産RPA EzAvater(イージーアバター)、を提供する株式会社テリロジー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:阿部 昭彦、以下「テリロジー」)は、高山市(所在地:岐阜県高山市、市長:国島 芳明、以下「高山市」)のRPA活用に関する導入事例を公開しました。


EzAvaterロゴ

本リリースでは、ダイジェスト版をご紹介しています。
以下のURLより全文をご覧いただけます。

■究極的に簡単なRPAツール「EzAvater」、高山市の活用事例を公開
https://www.terilogy.com/casestudy/ezavater03.html


RPA導入検討のきっかけを教えて下さい。

2年前、RPAの認知度が高まりつつあった頃に、他社のRPAを試しました。業務効率化にある程度効果があることが分かったので、予算要求をしました。その時は要求が通りませんでしたが、1年越しで再度予算要求をして、熱意をもって要求した結果、効果がうまく伝わり導入に至りました。


効率化できそうな業務とは具体的にどのような業務ですか? 

市の仕事は、ネットワーク構成や複数部署の密接な連携などの様々な事情から、手間のかかる業務が多いという特徴があります。例えば、紙に記載されている内容を人がデータ化し、そのデータを他のシステムにも別途入力することなどです。また、個人情報が含まれているデータベースはインターネットに接続できないことや、紙の運用が多いことも特徴です。このような業務や手間を、RPAなどの活用で効率化したいと考えました。


2年前にRPAの効果を体感されたというお話でしたが、導入までの経緯を教えて頂けないでしょうか。

2年前の検討から1年が経っていたので、RPAも進化していると感じていました。そこで、あらためて様々なRPA製品を調査し、自分たちがRPAに求める仕様を導きだし、仕様を満たすものを市の手続きに沿って選びました。


RPAを選定する上で重要だと思ったポイントをお伺いできますでしょうか。

一言でいうと「人に説明しやすいこと」が重要だと思いました。特定の人のみが扱えるRPAは、市の業務には向いていないと思います。

本リリースでは、ダイジェスト版をご紹介しています。以下のURLより全文をご覧いただけます。
https://www.terilogy.com/casestudy/ezavater03.html


【EzAvaterの概要】
EzAvaterはテリロジーが開発した国産RPA(Robotic Process Automation)ツールです。最大の特長は、“カンタン”に定型業務自動化ロボットを作成できることです。自社で定型業務自動化ロボットを作り、運用したいという方のために開発されました。

究極的にカンタン    誰にでもシナリオが作成できる
止まりづらい      システムのスピードに合わせてロボットが動く
運用しやすい エラー通知機能を標準装備

(EzAvaterの詳細:https://www.terilogy.com/ezavater/index.html


【高山市】

高山市は、人口8.8万人の自然に囲まれたまちです。「人・自然・文化がおりなす活力とやさしさのあるまち飛騨高山」を都市像に掲げ、やさしさがあり、幸せが感じられるまちになることを目指しております。「住んで良かった、これからも住み続けたい」と思える持続可能なまち、新しい高山市を創造するために日々業務に取り組んでおります。※2020年8月現在(https://www.city.takayama.lg.jp/


【株式会社テリロジー】
Terilogyロゴ
株式会社テリロジーは、1989 年に会社設立し、エンタープライズLAN/WAN、ブロードバンド・アクセス、セキュリティ、ネットワーク管理の4つのソリューションを中核に、市場及び顧客ニーズに対応したハードウェアからソフトウェアまでの幅広い製品を取り扱うテクノロジーバリュークリエイターです。近年は、製品の自社開発やクラウドサービスの提供も行っております。顧客は大企業や通信事業者を中心に300社を超え、ネットワーク関連ビジネスでは豊富な経験と実績を上げています。(https://www.terilogy.com/


「EzAvater」は、株式会社テリロジーの登録商標です。
その他、本リリースに記載されている社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社テリロジー
グループ事業推進統括部 オートメーションテクノロジー事業推進部

TEL:03-3237-3291
FAX:03-3237-3293
e-mail:ezavater@terilogy.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ