LINEが開発したAI文字認識技術でバックオフィス業務を効率化レシート・領収書や請求書の読み込みに特化したCLOVA OCRを提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINE株式会社
フォーマットの事前設定など煩わしい手作業が不必要各種会計書類を読み取るだけでAIが文字を検出・認識し、テキスト化と項目分類を実現

LINE株式会社 AIカンパニー(本社:東京都新宿区、カンパニーCEO:砂金 信一郎)は、LINE CLOVAのAI技術を活用した文字認識サービス「CLOVA OCR」において、各種会計書類に特化した『CLOVA OCR(レシート・領収書特化型)』、『CLOVA OCR(請求書特化型)』の提供を開始しましたので、お知らせいたします。導入に関するお問い合わせ:https://www.linebrain.ai/ocr/



現在、リモートワークをはじめとする新たなワークスタイルにより、急速なデジタル化やペーパーレス化が進む中、バックオフィス業務におけるデジタル化も注目されており、今後も更に加速していくと予想されます。しかし、実際は紙のレシート・領収書・請求書が未だに多く流通しており、それらのデータを手作業でのインプット・アウトプットや加工・成形などアナログ作業からの脱却ができず、デジタル化によるバックオフィスの工数・コストの削減が進められない企業も多く存在します。

「CLOVA OCR」は、書類・画像に記載された文字・文章をテキストデータへ変換するサービスです。伝票や領収書の登録、モバイルアプリ上における情報入力など煩雑な入力作業を簡単にし、手入力や項目分類の時間を大幅に削減します。手書き文字、斜めになった文字、歪んだ文字でも高い精度の認証が可能で、国際会議ICDARでは、世界No.1*を獲得しており、企業や行政のサービスに導入・ご活用いただいております。
*2019/3/29時点

アナログ作業でのバックオフィス業務は、情報の手入力作業や仕訳勘定科目の検索などに多くの手間が発生し、業務担当者の負荷が大きく、特に取引先企業が多くなると、手間も増え、人的ミスも発生しやすくなります。また、OCRを導入し業務の自動化をすでに進めている企業でも、従来のOCRでは決まった形式・フォーマットの文章しか対応していないため、読み込み対象文章の定形化があらかじめ必要であったり、読み込み位置の指定や調整が必要であるため、OCRによる自動化のための初期運用コストや工数が膨大なものとなってしまうケースも多くあります。

そこでこの度、各種会計書類に特化した『CLOVA OCR(レシート・領収書特化型)』、『CLOVA OCR(請求書特化型)』の提供を開始しました。従来のAI-OCRでは、企業ごとに異なるフォーマットのレシート・領収書・請求書の読み込みを自動化するために、事前に手作業でフォーマット設定するなど、煩わしい事前設定が必要でしたが、各種会計書類に特化した本サービスは、より高度な文章認識による文字や値の検出・認識のみならず、項目分類まで対応します。例えば、読み込まれた画像より、「発行日」「日付」「品目」「金額」などに自動分類し、それぞれの項目としてテキスト化します。そのため、ご利用いただく企業ではフォーマットの事前設定が不要となり、手入力や項目分類などの工数を大幅に削減することが可能なため、初期の運用コストなどの削減が期待できます。


「CLOVA OCR」では、本サービスを導入することでより効率的な業務システムを実現し、企業の限られたリソースの中で、ユーザーの皆様が本来集中するべき業務に従事できるよう、様々な企業様をサポートしてまいります。

【CLOVA OCRの主な特徴】
・CLOVA OCRの認識精度は、横書きや縦書きだけでなく、丸く湾曲して書かれた文字や傾いた文字などの悪条件下での読み取り、多言語の認識、専門用語の認識などで高い精度と評価されました。文書解析と認識に関する国際会(ICDAR:2019/3/29時点)では4分野にて世界No.1を獲得しました。
・フォーマットが決まっている書類はもちろん、あらゆるスタイルの書類を正しくテキスト化します。
・複数枚に及ぶ明細情報の認識が可能です。
導入に関するお問い合わせ:https://www.linebrain.ai/ocr/

【LINE CLOVAについて】
社会に技術とサービスを提供するLINEのAIテクノロジーブランドです。LINEが提供する、文字認識、画像認識、動画解析、音声合成、音声認識といったAI技術やサービスを通して、生活やビジネスに潜む煩わしさを解消すること、社会機能や生活の質を向上させることで、より便利で豊かな世界をもたらしたいと考えています。AI技術が、人に寄り添い、人をサポートし、人の負担を減らす。「ひとにやさしいAI」は、自然なカタチで生活やビジネスの一部となるような、「これからのあたりまえ」を創出します。
https://www.linebrain.ai/
https://blog.linebrain.ai/20200923
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ