タレントキャスティングプラットフォーム「AI Casting System(TM)」サービス開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社HANDY DIGITAL
約1.5 万人のタレント情報と広告主のニーズをマッチングする

広告主・広告会社、芸能事務所の声を反映。データベースのオンライン化により、キャスティング作業の初動が300倍アップも。https://handydigital.net篠原誠氏がキャスティング領域で新会社設立に参画


広告のキャスティングエージェンシーである株式会社ハンディ(本社:東京都渋谷区)の代表取締役社長 大杉陽太と、クリエイティブディクレターである篠原誠は、本日9月23日(水)にテクノロジーを活用したタレントマッチング領域の新会社「株式会社ハンディデジタル」を設立(資本金1億円)し、代表取締役社長に大杉陽太が、取締役に篠原誠がそれぞれ就任いたしました。
株式会社ハンディデジタルでは、株式会社ハンディにより既に開発済みのタレントキャスティングプラットフォーム「AI Casting System™」を引継ぎ、更なるシステム開発を進め、広告主や広告会社と芸能事務所とを直接繋いでいくことで、両者にとってより最適なマッチングを可能にするソリューション事業を開始していきます。
「AI Casting System™」には、現在約1.5万人のタレントプロフィールデータが搭載されており、広告主や広告会社がタレントキャスティングする際、時間的コストを要する初動のリストアップ時間を大幅に短縮することで、効率的なクリエイティブ作業に移行することができます。
また、芸能事務所側では従来アナログ的なアプローチで広告主/広告会社/キャスティング会社側にタレント情報の伝達を行っていましたが、このシステムを通じて、いつでも瞬時に一律的かつ全方位的にタレント情報を拡散することができ、営業効率の大幅アップが可能となります。


【コンセプト/ステートメント】
“全ての企業に、タレントキャスティングという武器を”
企業のマーケティング活動等において、タレントキャスティングはその企業や商品のイメージを大きく左右するもっとも重要な要素の一つであるにも関わらず、これまでは担当者の主観的な想いや嗜好によって決定されることが多くありました。
また、タレントキャスティング作業を提供出来る企業のサービス自体も同様にアナログなアプローチによるものであることから、「“誰にでも手軽に、誰にでも最適に”求めているタレントを瞬時に正確に割り出せるサービス」を提供することが出来れば、日本の経済活動全体を盛り上げる一助になるのではないかと考え、このシステムの開発に踏み切りました。
将来的には、タレント起用経験のない全ての企業に対しても、自由に活用頂けるようなシステムと仕組み作りを目指します。「求めている人材と売り出したい人材が、埋もれず、ちゃんと出会える。」最小の労力で最大のキャスティング効果を狙える、そんな世界を目指したいと思います。

【タレントキャスティングプラットフォーム「AI Casting System™」の特長】



■初動のタレントリスト取得時間が従来に比べて、約300倍の速さに
従来のタレントキャスティング作業における初動のタレントリストの取得時間は、キャスティング会社に依頼をしてから取得するまで平均時間で1~2日間だったところ、このシステムを活用することで平均5~10分程度までに短縮することが可能になります。
これは、取得時間を約300倍短縮する試算となります(自社調べ)。

■芸能事務所側は、リモートで営業活動が可能に
現在、芸能事務所側は、普段から関係値のある広告主/広告会社/キャスティング会社の各担当者に「それぞれ個別に」営業活動を仕掛けており、それゆえ営業時間に膨大な時間を費やしています。
このシステムでは、芸能事務所側が直接オンラインにてタレント情報を加筆修正出来る機能を搭載しているため、コロナ禍においても直接対面で営業する必要もなく、いつでもどこでもタレント情報をアップデートさせることができます。
その結果、コロナ禍においても営業効率を大幅にアップさせたいという芸能事務所側のニーズに答えることが可能となります。

■タレント情報を、WEB上に存在するニュースやSNSからも自動入手して常にアップデート
現在搭載しているタレントのデータベースは、これまで人力で上書きしてきた実状があります。
今後は、芸能事務所側からのオンライン入力に加え、独自のAIシステムにより自動的に、テレビ番組、テレビCM、WEB上に存在するニュースやSNSといったタレントに関わる情報を、リアルタイムに入手していくことで、データベースを安定的かつ最新に保つシステムに改良していきます(2021年3月頃完成予定)。

■独自のAI解析によるタレント提案
タレントのイメージ調査を定性及び定量にて定期的に実施し、テレビ番組、テレビCM、WEB上のニュースやSNSから取得した情報と調査結果をAIにより解析することで、独自のタレント提案を実現させていきます(2021年3月頃完成予定)。

【コメント】
■ 代表取締役社長 / コミュニケーション戦略プロデューサー 大杉陽太 コメント
キャスティングの世界に携わり、改めて広告をはじめとするエンタメ業界におけるタレント出演の決定プロセスが超アナログな業務プロセスで成り立っていることに気づかされました。
特に芸能事務所サイドから、我々制作サイドへのアプローチの仕方が、芸能界が誕生したと言われる60年前から少しも変わっておらず、つまり現場の担当マネージャーが毎日足繁く各所を一つ一つ営業されているという恐ろしく時間と労力のかかる営業活動が行われております。
常々彼らからもこの状況をブレイクスルー出来る方法はないものかと沢山の声を直接頂いていたことが、今回「 AI Casting System™」を開発するキッカケになったわけです。
このシステムは、既に約2年半も前から開発に着手して来ましたが、今年に入って誰も予想していなかった新型コロナウイルスの発生によるリモートワークのニーズにもタイミング良く適合することで、現在のこの沈んだエンタメ業界を少しでも盛り上げることが出来たなら、これ以上幸せなことはないと思っております。

[大杉陽太 経歴]
1972年 東京都生まれ
1996年 東京大学薬学部 卒業
1998年 東京大学大学院薬学系研究科修士課程 修了
1998 -2014年 株式会社電通 在籍
2014年~ 株式会社ハンディ 設立(代表取締役CEO)

株式会社電通在籍時は、約16年間一貫して制作のプロデュース業務に従事する。
現在はキャスティングプロデュース業の他に、コンテンツプロデュース領域も手掛けており、
特に「サーフィン日本代表」等スポーツコンテンツを中心にプロデュースを行っている。

■ 取締役 / クリエイティブディレクター 篠原誠 コメント
企画する時、先にキャスティングを決めてから考える場合と、企画を決めてからキャスティングをあてはめていく場合があります。どちらの場合においても、キャスティングは、企画自体と同様にとても大切な部分。
にもかかわらず、キャスティングには、確認作業も含めどうしても手間と時間がかかってしまい、結果、おざなりになりがちです。かと言って、ここに時間をかけてしまうと、企画自体に時間をかけることができなくなってしまいます。この問題を解決するには、二つのポイントがあります。
一つは、膨大なデータベースから自分が望む条件のキャストを簡単にスピーディに検索できること。
もう一つは、その情報自体が、リアルタイムなもの。つまり最新情報で構成されていることです。
この新しいシステムは、この二つのポイントを満たしています。結果、クリエイティブのクオリティアップが実現します。きっと企画をしている人なら、とても便利なツールであることがご理解いただけるはずです。「AI Casting System™」を通じて、広告に限らず、全ての制作者たちにより良いクリエイティブ環境を提供する一助になることを願っています。

[篠原誠 経歴]
1972年 三重県生まれ
1995年 一橋大学商学部 卒業
1995-2018年 株式会社電通 在籍
2018年~ 株式会社篠原誠事務所 設立(代表取締役CEO)

CM好感度ランキングで1位を獲得し続けるau「三太郎シリーズ」をはじめ、UQ 、家庭教師のトライ、トヨタイムズ、一番搾り、アタックゼロ、エステー、湖池屋など数多くの広告を手掛ける。
auのCMソング「海の声」「みんながみんな英雄」「やってみよう」「見たこともない景色」では作詞も担当。「2015年クリエイター・オブ・ザ・イヤー」受賞。他にも、TCCグランプリ、ACCグランプリなど多数受賞。
メディアにとらわれない360度展開のコミュニケーション構築を得意とする。

【新会社概要】
会 社 名 :株式会社ハンディデジタル
役 員 :代表取締役社長 大杉陽太
取締役     池澤 響
取締役     篠原 誠
取締役     飯塚岳人
所 在 地 :東京都渋谷区渋谷2-8-12 ラ・グリスィーヌ2階
TEL/FAX:03-6805-0510 / 03-6805-0468
設 立 日 : 2020年9月23日
資 本 金 : 1億円
事業内容: タレントキャスティングプラットフォーム
ホームページ: https://handydigital.net

【本件に関するお問合せ】
担当者 : 稲岡翔馬
TEL : 03-6805-0510 FAX : 03-6805-0468 E-Mail : info@handydigital.net
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ