AOSデータ社、データ管理技術のノウハウを蓄積したセキュアなAIデータラベリングサービスを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
AOSデータ株式会社
クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開するAOSデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 春山 洋 以下AOSデータ社)は、リーガルテックで、捜査機関、弁護士事務所、大手企業に対して、証拠データの復元調査や証拠開示で数多くの解決をしてきたeディスカバリおよびフォレンジック事業、データ管理技術では、90万人以上のデータをお預かりしているクラウドデータ事業、20年に渡り100万人以上のデータを復旧したデータ復旧事業を展開してきた技術やノウハウを活かし、セキュアなAIデータラベリングサービスを開始します。お客様のAIプロジェクトの成功に向けて、「AIデータラベリングサービス」を通してご支援いたします。



AIデータラベリングサービス: https://allai.jp/aidata/

■AIプロジェクトの成功を左右する「AIデータラベリングサービス
機械学習のプロジェクトを成功に導く上で、重要な要素として高品質なデータ収集と適切なラベル付けが挙げられます。どれだけ高性能なアルゴリズムを用意したとしても、また適切なコンピューティングリソースが用意されていたとしても、トレーニングのための教師信号となるデータの品質が悪かったり、十分な量のデータセットを集めることができなければ、実用的なプロダクトは完成しません。機械学習アルゴリズムは、適切なタグが付いたデータを取り込むことで、パターンを認識できるようになります。

サービスの特長
AOSデータ社は、人工知能の学習に不可欠なAI向け学習データを作成するデータラベリング(アノテーション)サービスを提供します。顧客企業のAIシステムに適した、AIデータラベリングサービスを高品質かつ低コスト、ワンストップで提供します。
プロジェクト設計、ラベリングから品質管理まで、AI向けデータを作成するためのシステムをご提案させていただきます。お客様のAIプロジェクトに柔軟に対応いたします。

■対象となる主な業界
・自動車業界
 自動車業界は、Connected(コネクティッド)、Autonomous/Automated(自動化)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)といった「CASE」と呼ばれる新しい領域で技術革新が進んでいます。自動車の概念が大きく変わる中で、ドライブレコーダなどの画像に対する意味付け、ラベリングなど膨大なデータを効率良く人工知能に学習させるための教師データの作成が求められています。質の高いデータを効率良く生成できるかは、自動運転の成否にも大きな影響を与えます。AOSデータ社が提供するAIデータラベリングサービスは、大量のデータアセットを長年に渡って処理してきたノウハウが生かされたサービスとなります。

・製造業
 製造現場では、AI技術を駆使したスマートファクトリーへの移行による効率化、省力化が求められています。3Dプリンターの登場により、誰でも、簡単に製品が製造できるようになったデジタル時代に、日本の製造業が競争力を維持するには、ロボットによる自動化から、予防保守、品質検査の効率化をAIで実現することが必要不可欠です。ベテランのノウハウをAIで自動化するためには、高品質な教師データの生成が必要です。しかし、製造現場では、高度な製造ノウハウは、蓄積されていますが、大量の教師データを効率良く、セキュアな環境で作成するノウハウが不足しています。AIデータラベリングサービスは、大量のデータを高品質、低コストで提供するためにクラウドでセキュアにラベリング作業を効率良く行える専用のプラットフォームを駆使して、製造業のデータのラベリング作業を支援するサービスです。

・ヘルスケア業界
ヘルスケアの分野でもAIを活用した、診断支援システムへの期待が高まっています。しかし、人工知能に学習させる教師データの質が悪いと、診断ミスのリスクも高まり、質の高いデータを大量に作成することがボトルネックとなっているケースが多発しています。医療分野への人工知能の導入は研究レベルでは成果を上げても、実用化を進めようとすると、大量データの加工コストがネックとなり、開発を断念してしまうケースも出ています。医療現場では、診療知識は豊富にありますが、大量のデータをミスなく、セキュアな環境で効率良くラベリングを行うノウハウが不足しています。医療データのラベリング作業をミスなく、効率良く行うためには、ラベリング作業者の適正な評価システムなどの導入が必要となります。AOSデータ社のAIデータラベリングサービスは、90万人を超える会員の大量データを扱ってきたノウハウを駆使して、医療診断、異常検出、患者データ管理へのAIの導入を支援するサービスです。

【AOSデータ株式会社について】
名 称:AOSデータ株式会社 代表者:春山 洋
設 立:2015年4月 資本金: 3億5,250万円
所在地:東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町4F
URL: https://www.aosdata.co.jp/
AOSデータ社は、データ管理技術で知的財産を守る活動を続けており、企業4,000社以上、国内会員90万人を超えるお客様のデータをクラウドにお預かりするクラウドデータ事業、20年に渡り100万人以上のデータを無くしてしまったお客様のデータを復旧してきたデータ復旧事業、1000万人以上のお客様のデータ移行を支援してきたシステムデータ事業で数多くの実績を上げてきました。データ移行、データバックアップ、データ復旧、データ消去など、データのライフサイクルに合わせたデータアセットマネジメント事業を展開し、BCNアワードのシステムメンテナンスソフト部門では、11年連続販売本数1位を獲得しています。今後は、捜査機関、弁護士事務所、大手企業に対して、証拠データの復元調査や証拠開示で数多くの事件の解決を支援してきたリーガルテック社が行ってきたリーガルデータ事業を統合し、一層、「データアセット マネジメント」ソリューションを通して、お客様のデータ資産を総合的に守り、活用できるようにご支援することで、社会に貢献して参ります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ