セキュア、みずほ銀行主催の「Mizuho Innovation Award」を受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社セキュア

人工知能(AI)を活用した物理セキュリティシステムの企画・開発・販売・運営を行う、株式会社セキュア(本社:東京都新宿区、代表取締役:谷口辰成)は、株式会社みずほ銀行(本社:東京都千代田区、取締役頭取:藤原弘治)が有望なイノベーション企業を表彰する「Mizuho innovation Award」(2020年度3Q)を受賞したことお知らせいたします。


谷口辰成(左)株式会社セキュア 代表取締役社長 大櫃直人(右)株式会社みずほ銀行 執行役員 部長
「Mizuho Innovation Award」では、日本の未来を担うイノベーション企業の成長支援を目的に、四半期ごとに、ビジネスモデルの優位性、チーム力、成長可能性などを評価の軸として対象企業を選定し、表彰しています。

この度の受賞選定理由として、以下コメントを頂戴しております。
1.セキュリティ×AIを軸にした独自の事業内容で、セキュリティプラットフォームを構築しソリューションを展開するビジネスモデルの優位性
2.AIエンジニア・セキュリティスペシャリスト・施工管理者など、様々なバックボーンを持ったメンバーが一丸となってサービスを提供するチーム力
3.物理セキュリティ・AI市場の成長ポテンシャルと、リテール等の領域にも進出できる拡張性の高い技術力


<株式会社セキュアについて>
セキュアは、AIを活用した物理セキュリティシステムの企画・開発・販売・運営を行う会社で、「Make place Secure Upgrade place Smart」をビジネスコンセプトとし、あらゆる空間の安心・安全と最適なソリューションを提供することを目指しております。

今後も、「AI×セキュリティ」で新しい価値を創るためのサービス開発を続け、お客様に最適なソリューションを提供してまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ