TIS、東京都「5G技術活用型開発等促進事業」に採択

このエントリーをはてなブックマークに追加
TISインテックグループ
ペイメント、AI・ロボティクスなどとスタートアップ独自技術を組み合わせた5G活用を目指す

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)は、東京都より「5G技術活用型開発等促進事業」の開発プロモーターに採択されたことをお知らせします。


「5G技術活用型開発等促進事業」は、スタートアップ企業などによる「新しい日常」に寄与する5G技術を活用したイノベーションの創出や新たなビジネスの確立を促進するための東京都の事業です。TISは、スタートアップ企業などを技術面、資金面、ネットワーク面で支援する開発プロモーターの1社として、本事業に採択されました。

TISでは、「5G関連スタートアップが革新的な製品・サービスを持続的に創出するプラットフォームの形成」をテーマに、自社で強みを持つ領域である「ペイメント」「AI・ロボティクス」「VR/AR(XR)」「データ分析」「プラットフォーム」などの技術と、スタートアップが持つ独自技術を組み合わせ、5Gを活用した新しいイノベーション、ビジネスの創出を目指します。また、これまで多くのスタートアップ企業との協業で培ってきた事業化ノウハウをもとにスタートアップ企業のインキュベーションや育成も支援していきます。

<本事業でTISが目指す5G技術の活用イメージ>

・ 5G×「ペイメント」「データ分析」:VR空間での新たな購買体験
 ⇒多人数でのショッピング、商品の試着、店員や同行者とのリアルタイムでの会話などの従来のECでは表現できない体験を提供する

・ 5G×「VR/AR(XR)」:超高速・低遅延を活かした没入感の高い遠隔体験
 ⇒8Kマルチアングルのような高画質・大容量映像をリアルタイム配信し、観光、スポーツ観戦、イベント参加などの体験を遠隔でインタラクティブに実現する

・ 5G×「AI・ロボティクス」:大容量映像伝送とAI画像解析を活かしたロボット制御
 ⇒ ロボットや監視カメラなどのIoTデバイスから遅延なく伝送される高精細な映像をリアルタイムでAI画像解析することで、より高度なロボット制御を実現する

■東京都の「5G技術活用型開発等促進事業」について
東京都では、「『未来の東京』戦略ビジョン」を推進する事業として、5G技術活用型開発等促進事業/Tokyo 5G Boosters Projectを開始しています。

※東京都 「5G技術活用型開発等促進事業」の詳細は下記URL参照
URL: https://5g-boosters.tokyo/
  https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/10/07/03.html


TIS株式会社について(https://www.tis.co.jp/
TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。

TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。

◆本取り組みに関するお問い合わせ先
TIS株式会社 ビジネスイノベーション事業部 ビジネスイノベーション第1部
TEL:03-5337-4566 E-mail:bin_sol@ml.tis.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ