VANDDD社、宮崎県延岡市と事業承継推進に関する連携協定を締結

このエントリーをはてなブックマークに追加
VANDDD株式会社
宮崎県延岡市(読谷山市長)は、VANDDD社のM&A専用AIシステムを活用することで地元企業で培った事業と雇用を守れる環境構築を推進します。

AIシステムにより事業承継の推進を図るVANDDD(読み:バンド)株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:阿部諒馬)は、後継者がいない地元企業が持続できる環境の充実を目指す宮崎県延岡市(読谷山市長)と、事業承継の推進に関する連携協定を締結しました。




提携の目的
当協定は、日本の大きな問題の1つである事業承継問題(10年以内に127万社の廃業)において、1社でも多くの企業を次世代に残す施策としてVANDDD社が提供しているM&AのAIシステムを延岡市が活用し、延岡市の地元企業が事業承継で自社がどのような選択肢があるのか。選択すればすれば良いか。などを見える化し、事業承継に対する準備や対策、選択を行える環境の提供を行う事を目的としてしています。

宮崎県が2017年に実施した60歳以上の経営者を対象に実施した、事業承継に関するアンケートでは
・適当な後継者がいない(42.5%)
・自分の代で廃業・解散する予定(26.6%)
・まだ決めていない(22.9%)
との、結果が出ており、このVANDDD社との連携協定により、事業承継をより円滑に対策できるように環境整備を行う事で同じ志を持った第三者への承継・発展を推進し、地元で長く培ってきた事業、雇用を守れる環境を構築します。

■提供サービス
具体的には、自社を第三者承継(M&A)した場合と、親族内承継(相続)をした場合の会社の価値をそれぞれAIを利用して算出し、自社の価値と自社に合う承継方法を検討できる機会を創出します。



■会社概要
会社名:VANDDD株式会社
代表者:阿部 諒馬
所在地:東京都港区愛宕2丁目5−1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー34F
URL  : https://vanddd.com
事業概要:M&A AIシステムの構築・提供、SmartDD事業、財務システムAPI事業
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ