AIによるオンライン本人自動認証を可能とする『Remote Testing AI認証』(仮称)を2021年1月リリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社イー・コミュニケーションズ
オンライン監視サービス「Remote Testing」にAIを活用した新たなラインナップを追加

資格・検定試験各種ソリューションの提供を行う株式会社イー・コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤信也)は、AIによる本人認証サービス『Remote Testing AI認証(ヨミ:リモート テスティング エーアイ ニンショウ)』(仮称)を2021年1月より開始することをお知らせします。


『Remote Testing AI認証』(仮称)とはオンライン試験やWeb研修において、「替え玉受験」や「なりすまし受講」を防止するため、AIを用いた自動本人認証サービスです。身分証明書と本人画像をAIが自動解析し判定することで、オンライン上で本人が受験、受講することを証明することが可能です。また、当サービスは2021年1月のリリースを予定しています。

■オンライン監視をより使いやすく、より安価に

「Remote Testing」の標準である、監視員による本人認証に代わって、AIによる本人認証を実施できるサービスとなります。公的証明書(現在のところ、運転免許証、パスポート、マイナンバーカードに対応)とWebカメラ映像とを照合し、申込者本人かどうかを判定します。本サービスは「Remote Testing」のサービスラインナップにある「Live Monitoring」「Verify & Record」「Verify Only」のすべてに適用可能であり、すべてのラインナップがより安価で導入可能になります。さらに「Verify & Record」「Verify Only」に関しては、本サービスを利用することにより、監視員を予約する必要がなくなるため、いつでもどこでも受験、受講ができる環境のご提供が可能になります。

■コロナ禍で変わる会場集合型試験や研修

コロナ禍で紙による会場集合型の試験実施や、実施時に本人が受講していることが必須となる研修・講座(講義を受講すれば無試験で資格が得られる等)が困難な状況であり、オンライン化が進んでいます。

特に、社内の昇進昇格試験では本人確認のみを行いたい(試験実施中の監視は不要)、講座受講時は本人が受講しているかどうかが重要であるが、オンライン化により受講者数が増加する傾向にあり、本人確認に人的リソースが課題、と考えられている企業様、資格試験団体様の解決策として、この『Remote Testing AI認証』をご活用いただければと思います。

■サービス概要
サービス名:『Remote Testing AI認証』(仮称)
開始日  :2021年1月予定
受付開始日:2020年11月1日より
問合先  :03-3560-3902(営業部宛て)
概要   :オンライン試験時にリモートで独自AIを活用し、本人認証・不正監視を行うサービス。
URL   : http://www.e-coms.co.jp/service/remote-testing/

■会社概要
WEBテクノロジーを使った「人の成長支援」サービスを展開し、創業以来、ベンチャーならではの勢いで新サービスを次々と展開。ITを活用した教育支援事業、テスティング事業では大手企業への数多くの導入実績を持つ。「人は問われて初めて考える」をコンセプトに、教育コンテンツ開発力、テスト作成力、テスト分析力、WEBテスティングメソッドを武器として、CBT・IBT/能力測定技術で「自ら考える人」創りをサポート。検定試験団体、企業教育向けにソフトウェア開発、コンテンツ開発、運用支援をおこなっています。

会社名 :株式会社イー・コミュニケーションズ
代表者 :代表取締役 佐藤 信也
設立  :2000年5月1日
事業内容:
1. 資格・検定試験各種ソリューションの提供
2. 資格・試験運営コンサルティング並びにシステム設計
3. eラーニングサービスの提供
4. 各種コンテンツ制作、提供、販売
5. インターネットによる販売代金の決済業務及び計算事務の受託業務

資本金 :6,700万円
所在地 :〒106-0032 東京都港区六本木2-4-5 六本木Dスクエア9階
アクセス:六本木一丁目駅1番出口より徒歩3分、六本木駅6番出口より徒歩7分
溜池山王駅12番出口より徒歩8分
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ