日本アイ・ビー・エム株式会社と株式会社JTBとのデジタル変革パートナーシップ包括サービスに関する契約の締結について

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本IBM
日本アイ・ビー・エム株式会社(代表取締役社長:山口 明夫、以下「日本IBM」)および株式会社JTB(代表取締役 社長執行役員:山北 栄二郎、以下「JTB」)は、2020年9月30日にデジタル変革パートナーシップ包括サービスに関する契約(以下「本サービス契約」)を締結しました。本サービス契約を進めるにあたり、日本IBMとJTBは関連当局の承認を得ること等の条件充足を前提に、2021年4月を目処にJTBの完全子会社である株式会社JTB情報システム(代表取締役 社長執行役員:川並 和幸、以下「JSS」)の合弁会社化を行う予定です。


日本IBMとJTB、JSSは、本サービス契約を通じて、それぞれの強みである、JTB、JSSの旅行業界における強力なネットワークと旅行業務に関するアプリケーションの経験と知見、および日本IBMが提供可能な最新テクノロジーと豊富なITプロフェッショナル人材を融合させることで期待できるシナジー効果により、テクノロジーを活用したビジネス価値向上と、ビジネスを支える高品質なIT基盤の提供を包括的に実現してまいります。

日本IBMは、お客様のデジタル変革を推進するパートナーを目指しています。ハイブリッド・クラウドやAIなど新たな技術が導入され、IT環境における変革が加速している中で、JTBとの協業を通じて、デジタル時代の新たなIT変革モデルを確立していく予定です。この融合により、日本IBMは、旅行運輸業界のITサービスにおける更なる変革のリードと実現を目指します。

JTBは、今般のウィズコロナの事業環境において、新しい交流時代を切り拓くため、デジタル基盤の上に従来培ってきたヒューマンの強みを融合させ、外部との積極的な協働を加速することによって、お客様へのソリューションサービスの提供力を飛躍的に向上させることを目指します。この協業により、日本社会や業界全体の活性化と持続的な成長に貢献してまいります。

本サービス契約では、そうしたJTBの基本戦略の一環として、日本IBMとの協業による最新テクノロジーとノウハウによる競争力のあるデジタルビジネスの推進と、安定的なシステム運用サービスの両輪の実現を目指します。また国内外を含む様々な企業に対してITサービスを提供してきた日本IBMとの協業により、現在のIT業務に従事する人材のさらなる専門性向上とJTBのデジタルビジネスを支える新たなフィールドへの挑戦と活躍機会の拡大を図ってまいります。

以 上

【ご参考】株式会社JTB情報システム(JSS)の概要
(1) 社名 株式会社JTB情報システム
(2) 本社所在地 東京都品川区東品川2-3-14 東京フロントテラス
(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役社長執行役員:川並 和幸
(4) 資本金 1億円
(5) 株主 株式会社JTB(100%)
(6) 主な事業内容 ITコンサルティング、ITサポート、システム開発、システム運用保守の受託事業
(7) 社員数 439名(2020年4月1日現在)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ