KEBA Japan株式会社、「KEBA Live Dialog」オンライン展示会開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
KEBA Japan株式会社
KEBA Live Dialog、展示会の世界は立ち止まっていますが、KEBAは止まりません

KEBAは、オーストリア・リンツの本社社内展示ブースにて2020年11月23日から2020年12月18日の間、オンライン展示会を開催する。


時代は、革新的なアイディアを必要としています。KEBAインダストリアルオートメーションは、オーストリアのリンツにあるKEBA本社に社内展示ブースを設置し、独自のリアルタイムビデオ会議システム「KEBA Live Dialog」を用いたオンライン展示会を2020年11月23日から12月18日に行い、展示製品に関する対話の場をご提供致します。

ライブ感のある社内展示ブース


企業にとって重要なコミュニケーションの場であった展示会が大規模に中止となったことを受けて、KEBAは代替案を模索し、とてもイノベーティブなソリューションを見つけました。

我々は、KEBA本社に展示会ブースを設置致しました。そこではKEBAのエキスパートたちがライブビデオを介してKEBAインダストリアルオートメーションの製品を世界中のお客様やご興味のある方々に案内することを可能にしました。我々は、リアルタイムで皆様に製品をご体感頂きたいと考えております。


社内展示ブースの様子
KEBA AG CEO Gerhard Luftensteiner

伝統的な展示会がない今も、個人的な会話を通じて皆様の質問やニーズにお応えすることができます。

KEBA Live Dialogでは、機械工学、工作機械、プラスチック、ロボティクス、風力エネルギー、ターボブロワーなどの分野に関連するKEBAインダストリアルオートメーションの全製品ポートフォリオを紹介し、“リアル”な展示ブースでの体験をご提供いたします。対多数のウェブセミナー形式ではなく、マンツーマンでのディスカッションとなりますので、お客様は“リアルな”展示ブースで対話しながら質問をする機会を得ることができます。

本コンセプトは、中止されたSPSイタリアの代替として既に稼働しており、成功を納めました。

KEBAインダストリアルオートメーションジャーマニーのマネージングディレクターであるMartin Schwarzは次のようにコメントしています。「一般的なバーチャルフェアに対しては、慎重な姿勢をとっていました。なぜなら対話の機会に欠けていると考えていたからです。しかし、我々のコンセプトは、オフィスやホームオフィスから移動しなくても、個人的なコミュニケーションをとることであり、またそれを可能にするということでした。中止されたSPSイタリアの代替として、実際に社内ブースに多くのアポイントを頂いたことによって、我々のコンセプトが成功したといえるでしょう。」
マネージングディレクター Martin Schwarz


実際のKEBA Live Dialogとは

弊社の一般的な製品や、ソリューションについての詳細な情報、例えば「モジューラーコントロールプラットフォーム」、「未来志向のマシンオペレーティングシステム」や「アプリケーション対応可能なドライブテクノロジー」などにご興味のある方ならどなたでも無料で登録、予約が可能です。通常の展示会と同様に、営業担当者や製品のスペシャリストがご要望に沿ってご紹介させて頂きます。

日本語でのご参加をご希望の方は、下記お問合せ先までご連絡ください。

【会社概要】

商号   : KEBA Japan株式会社
代表者  : 代表取締役 村上正和
所在地  : 〒135-0063 東京都江東区有明3‐6‐11 TFTビル東館3階
URL   : https://www.keba.com/jp/home

【国内お問合せ先】
KEBA Japan株式会社
Tel:03-6712-9941
E-mal: office_japan@keba.com

【KEBA Live Dialog特設サイト】
https://www.keba.com/jp/industrial-automation/lp/keba-live-dialog
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ