【12月15日無料Webセミナー開催】iPaaSで実現する受注情報の一元管理とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
CO-NECT株式会社
FAXやメール経由で受注した注文情報を受発注システムに一元化!

CO-NECT株式会社(東京都千代田区、代表取締役:田口 雄介)とBizteX株式会社(東京都新宿区、代表取締役:嶋田 光敏)は、BtoB受発注システム「CO-NECT」とiPaaS「BizteX Connect」を連携することで、RPAやAI-OCRを活用し、FAXやメール経由で受注した注文情報を「CO-NECT」に取り込めるサービスを提供開始しました。本セミナーでは同サービスの仕組みや想定利用例をご説明するとともに、iPaaSの解説や、iPaaSによる定型業務効率化のデモもご紹介いたします。※iPaaS…異なるアプリケーション同士をつなげ、データを統合したりシステムを連携させることができるクラウドサービス


セミナー概要


・日程 : 2020年12月15日 (火)
・時間 : 14:00~15:00
・参加費: 無料
・形式 : オンライン配信(Zoomを予定)
 ※同業他社のご参加はご遠慮いただいております

プログラム


iPaaSとは?分断されたアプリケーションを繋げ、無駄な工数を削減します!

iPaaSとは、複数のシステムを連携して業務自動化を実現する「データの橋渡し」サービスです。iPaaSを利用することで、例えばメールで受取った請求書をクラウドに保存し、チャットアプリで担当者へ転送する…こんなことも自動化できてしまいます。本講演ではiPaaSとはどんなサービスなのか、iPaaSを活用することでどんな業務効率化を実現できるのかを、デモを交えながらご紹介します。


受発注システム×iPaaSで受発注業務の工数が1/2に!?

受発注システムとiPaaSを組み合わせることで、FAXやメールで受領した注文書を受発注システムに自動連携することが可能になります。「受発注システムを導入しても一部取引先がWeb発注に切替えてくれず効率化できない」という課題解決方法をご提案します。

こんな方におすすめ


iPaaSに興味がある方
受発注システムを導入したいが取引先が切替えてくれるか不安な企業様
受発注システムを導入したがFAXやメールでくる注文がなくならず困っている企業様
受注手段を一元化したい企業様
「データ一元化」に興味がある方


登壇企業について


CO-NECT株式会社

CO-NECT株式会社(旧社名ハイドアウトクラブ)は、「やさしいテクノロジーで社会をアップデートする」をミッションに、ユーザーのITリテラシーの高低に左右されず使えるBtoB受発注システム「CO-NECT」を運営しています。また、日本最大級のBAR &ウイスキーコミュニティアプリ「HIDEOUT CLUB」も運営しています。


BizteX株式会社について

BizteXは、「オートメーションテクノロジーで新しいワークスタイルを実現する」というミッションのもと、国内初のクラウドRPA(R)「BizteX cobit」やiPaaS「BizteX Connect」等を独自開発・提供し、約1,100社に上るご導入企業様の業務課題解決に取り組んでいます。

お申込み方法
下記URLより無料でお申込みいただけます。
https://media.conct.jp/event/ipaas_1215/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ