AIや機械学習を活用したデジタルマーケティングの実現に向けLegolissと日本マイクロソフトが協業

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Legoliss
Microsoft Azure利用者向けにCDPサービスkukuLuを提供

 データを活用したマーケティング事業を展開する株式会社Legoliss(本社:東京都渋谷区、社長:酒井克明、以下Legoliss)は、マイクロソフトのAIや機械学習を活用したデジタルマーケティングの実現に向けて、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:吉田 仁志、以下日本マイクロソフト)と協業を開始します。 まず両社は、マイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォーム Microsoft Azureを利用する企業向けに、Legolissが自社開発したマルチクラウド対応のカスタマイズ型CDP(カスタマー・データ・プラットフォーム※)「kukuLu(ククル)」を提供します。



 近年高まるデータ活用ニーズに対して、Legolissおよび日本マイクロソフトは、CDPであるkukuLuをAzure上に構築することで、Azureでのデータ活用をより身近に実現いたします。さらに、AzureのAIや機械学習を活用し、kukuLuに蓄積するデータを分析することで、消費者行動をより幅広く捉えたデジタルマーケティングが可能になります。
また、本協業開始にあわせ、Azure利用企業を対象にkukuLuの導入を支援するとともに、本ソリューションに関する技術支援パートナー企業を募集し支援体制を拡大していきます。

両社は、本協業において以下の取り組みを行います。

(Legoliss)
1. Azure利用者に対するCDP kukuLu構築
2. Azure利用者に対するAzure上へのPC・スマートフォン・タブレット等マルチチャネルの音声・テキストデータの統合・分析基盤構築に対する支援

(日本マイクロソフト)
1. AI人材育成支援:LegolissおよびCDPサービスkukuLu の 開発チームに対して、「マイクロソフトクラウド&AI人材育成プログラム」を通した、AI関連技術のトレーニングを提供
2. イノベーション創出支援:市場ニーズの理解とテクノロジセッションを開催し、「AI・機械学習」とCDPの融合による新サービスの創出を支援します。

                                                 以上


■「kukuLu」について(https://legoliss.jp/kukuLu/


スモールスタートでデータマーケティングが実践できる、マルチクラウド対応のカスタマイズ型CDP(カスタマー・データ・プラットフォーム)※1です。大きな初期費用が必要とされてきたCDPの導入を低コストで提供。企業の保有するデータやデータ活用の目的によってカスタマイズができ、さらにプロジェクトの成長・変化に応じた、顧客データの活用が可能です。


CDPとはプライベートDMPと呼ばれ、顧客一人ひとりの属性データや行動データを収集、蓄積、統合するためのデータプラットフォームです。外部システムや様々なツール(BI、MA、AD、LPOなど)と連携することを前提としており、数多くの企業がマーケティング施策に活用しています。


■Legolissについて(https://legoliss.co.jp/


Legolissは、ナショナルクライアントをはじめとする企業のデータプラットフォームの構築支援や、データプラットフォーム内でのユーザーセグメント作り、データベースの可視化、ユーザーへのコミュニケーション施策の実行など、データ活用支援サービスを提供しています。2019年に三井物産株式会社の子会社となり、互いの各種リソースやインフラ、ノウハウなどの経営資源を活用し、国内外企業が求めるデータ・ドリブンマーケティングを、より高いレベルにて実現を推進しています。


<報道機関向け問合せ先>
株式会社Legoliss
広報担当 伊東
メール:info@legoliss.co.jp

日本マイクロソフト株式会社
コーポレートコミュニケーション本部 石井
メール:mskkpr@microsoft.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ