meviy 板金部品サービス、「鉄材」の最短1日出荷を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ミスミグループ本社
~鉄材の最短納期を従来比2日短縮、加えてステンレス、アルミニウムの板厚サイズ選択肢も拡大~

株式会社ミスミグループ本社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:大野龍隆)は、自動化装置部品のオンライン製造コマース「meviy(メヴィー)」における「鉄材」板金部品の最短1日出荷出サービスを1月15日より開始します。生産体制の強化により今回鉄材の納期短縮を実現、強度が求められる自動車部品業界の製造装置などへの短納期需要に貢献します。またステンレス、アルミニウム板金部品の板厚バリエーションも新たに11種を追加するなど、幅広い部品を素早く一括発注できるオンライン製造コマースとして、利便性を向上します。


上より時計回り:SPHC(処理なし)2mm、SPHC(処理なし)2mm、SPCC(溶融亜鉛メッキ鋼板)1.6mm


全てA5052 0.8mm 上より時計回り:アルマイト(白)、アルマイト(黒) 、処理なし

meviyは、機械部品・設備部品を圧倒的なスピードで受注生産する革命的なデジタルサービスです。設計データをアップロードすると、AI が即時に価格と納期を回答、製造プログラムの自動生成により最短即日出荷を実現しました。これまで通常数週間かかっていた部品調達プロセスを90%以上短縮し、創出した時間はより付加価値の高い業務に集中させることが可能になります。


FA板金部品:サービス開発の背景

<最短1日出荷対象素材に「鉄材」を追加>
板金部品のうち「鉄材」の最短納期を従来の3日から1日に短縮します。既にステンレス材、アルミニウム材、パンチングメタル材では最短1日出荷のサービスを提供しており、これに続く短納期出荷対象素材の拡大となります。
板金部品は装置設計の終盤で手配に着手することが多く、納期遅延は製造スケジュール全体に影響を及ぼすことから短納期対応の需要が高い傾向にあります。中でも「鉄材」は強度が強いことから自動車部品業界を含め幅広い業種の製造装置及び治具などで利用されています。こうした需要に対応し、短納期生産体制を確保することで最短1日出荷を実現しました。

<取り扱い板厚バリエーション 11種追加>
ステンレス材SUS304(2B)とアルミニウム材A5052(処理なし、アルマイト(白)・(黒))において新たに板厚バリエーション11種の対応を開始します。
アルミニウム材板厚の最薄サイズは従来の1ミリから0.8ミリに、さらなる薄型化を実現。生産体制の強化に加え、輸送中の変形を避けるための梱包改善により提供を可能にしました。

meviyは今後もオンライン製造コマースとしての利便性を高め、お客さまの自動化部品調達リードタイムの削減に貢献します。


新サービスの概要

<最短1日出荷 対象素材に鉄材を追加>
・最短1日出荷対応の鉄材
 - SPCC
 - SPHC
 - SS400(板厚9.0mmのみ)
 - SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)
 - SPCC(溶融亜鉛メッキ鋼板)
 ※SPCC(シム用)は対象外

・利用シーン: 強度が求められる箇所。自動車関連部品の製造装置、治具など。
・最短1日出荷の対象形状:
https://jp.meviy.misumi-ec.com/help/ja/technical_info/shm_shape-material/3606/

・詳細: https://jp.meviy.misumi-ec.com/info/ja/archives/19920/

<取り扱い板厚バリエーション 11種追加>
・合計11種の板厚バリエーションを取り扱い開始
(ステンレス材SUS304(2B) 2.5/6.0mm
及び アルミニウム材A5052(処理なし、アルマイト(白)・(黒)) 0.8/2.5/.6.0mm)


・詳細: https://jp.meviy.misumi-ec.com/info/ja/archives/19908/



参考資料

【meviyとは】
・TOP・サービス紹介動画:https://meviy.misumi-ec.com/ja-jp/#movie
・お客さまの声 :https://jp.meviy.misumi-ec.com/info/ja/archives/category/case/user_case/





【ミスミとは】
オートメーションの現場で必要とされる自動化装置・部品や工具・消耗品などをグローバル 30 万社以上に販売。製造機能を持つメーカーと他社ブランド品を販売する商社としての顔を併せ持つ。ユニークな事業モデルとそれを支える事業基盤により「確実短納期」を実現し、お客さまの利便性向上に貢献しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ