<1月27日(水) RevComm ×ウィルオブ・ワーク共催ウェビナー>電話営業は「可視化」と「コーチング」がカギ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ウィルグループ
ーAI解析で叶えるアポ獲得率・商談化率アップの方法とは?ー

 ウィルグループの人材サービスを主力とする株式会社ウィルオブ・ワーク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 告野 崇)は、株式会社RevComm(本社:東京都渋谷区、代表取締役:會田 武史)と共催で、オンラインセミナー『電話営業は「可視化」と「コーチング」がカギ!‐ AI解析で叶えるアポ獲得率・商談化率アップの方法とは?‐ 』を、2021年1月27日(水)に開催します。




 リモートワーク推奨の企業が増え、非対面での営業活動が当たり前となっている一方、電話営業は、顧客と担当者がどのような話をしているのかわからないとブラックボックス化しやすく、可視化に課題を抱えている企業が多くあります。そのような状況の中、電話営業の課題解決としてクラウド型IP電話を導入する企業が増えています。

 本ウェビナーでは、クラウド型IP電話『MiiTel(ミーテル)』を提供するRevComm社の佐藤 誠氏をお招きし、AI解析/分析を活用した電話営業のスキルアップの方法と、リモートワーク環境下でも実現できる理想のコーチング手法を、ニューノーマル時代の営業活動について最新事例を用いてお話します。


ブログラム

▶ インサイドセールスの立ち上げについて
▶ AI解析で電話営業を可視化する
▶ AIデータ活用で叶えるコーチング
▶ リモートワーク環境下でも実績が上がる理由


ウェビナー詳細






登壇者



株式会社RevComm
セールスリーダー
佐藤 誠氏


埼玉大学教育学部卒業後、大和証券に入社。大和証券にて社長賞などを多数受賞するなどトップセールスと活躍後、2019年2月にRevCommの初期メンバーとして参画。営業体制の構築などトップ営業として活躍し、現在SDRのチームリーダーとして従事。





株式会社ウィルオブ・ワーク
セールスアシスト事業部 営業推進部 マネージャー
仲 雄己


2008年ウィルオブ・ワークに新卒入社。人材紹介・人材派遣の新規営業に従事し、2013年にグループ数百名トップの粗利実績を残す。現在は、通信系大手企業の本部窓口の傍ら、セールス支援事業の責任者とインサイドセールスからフィールドセールスまでのマネジメントに従事。




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ