三井住友海上火災保険、ネクサーと提携しAIを活用した衝突・事故状況の再現システムの提供を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
Nexar Ltd.
保険金請求処理の迅速化とサービス向上を実現

経営計画「Vision 2021」でトップレベルの保険・金融グループを目指し、グループ横断的なプロジェクトに取り組んでいるMS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:原 典之 以下 MSI)は、そのプロジェクトの一環として、Nexar Ltd. (本社:イスラエル テルアビブ、CEO: Eran Shir、以下 ネクサー) と提携し、自動車事故における損害調査プロセスにネクサーのAIシステム「Vision AI」処理を導入しました。


保険金支払業務において先進技術を活用することに注力しているMSIは、専用の自動車保険に付帯するドライブレコーダーにネクサーの技術を加え、AIや映像を活用して車両事故状況を正確に再現することを可能にしました。ドライバーの安心感や事故の記録を残すためにドライブレコーダーを利用したいというニーズの高まりと、人工知能(AI)の進歩により実現したものであり、今回の技術を活用することで、MSIのお客さまへのサービス向上につなげていきます。

ネクサーの技術は、事故の映像や他のセンサーをもとに、自動車センサーの入力と合わせて、衝突の様子をマップ上に表示し、関係する車の位置を正確に特定します。また、独自のAI技術を使用することで、衝突の様子を文章化した時系列のテキストも作成します。このように事故の状況を完全に自動で再現することで、自動車事故が発生した際の調査時間を大きく削減することが可能になります。ネクサーの技術を使用する前は、事故を再現して賠償責任を判断するために数日から数週間かかることもありましたが、今後はこの技術を活用することで、保険金請求への対応時間を大幅に削減することができるようになります。

ネクサーとの提携の中には、第三者車両を含んだ事故状況の再現、相手との距離、速度、関連する道路標識や信号機の認識などが含まれています。このシステムは、再現した事故状況をもとに、事故における両当事者の最適な過失割合を判定するなどのプロセスと連動させることも検討しています。

MSI担当者のコメント:
私たちはネクサーの高度な技術により、お客様が詳細な事故状況を説明する時間を削減するとともに、客観的な事故情報をいち早く入手できるようになり、損害調査プロセスの改善に大いに役立っています。その結果、お客様のニーズにも迅速に対応できるようになり、今回の技術導入をきっかけに更なる顧客満足度の向上につながるものと考えています。

Nexarについて:
Nexar技術搭載のドライブレコーダーは、より安全な運転を確立することを可能とさせる新しいビジョンベースのアプリケーションです。ドライバーはNexar技術を搭載したドライブレコーダーとNexarアプリをペアリングすることで、運転向上や新たな世界観を見ることができるアプリケーションを強化しているNexarのネットワークに参加することができます。このネットワークから取得する匿名で集約されたデータを使用して、Nexarは、道路をより安全で効率的なものにするため、公共部門と民間部門のパートナー向けにビジョンベースのデータサービスを開発しました。

この技術搭載のドライブレコーダーは、自動車会社にとって、駐車場探しからビジョンベースのサービスまで、ドライバーのための新たなコネクテッドサービスの提供を可能にするツールです。また、保険会社にとっては、事故が発生した場合の顧客体験を変え、財務面やプロセス面でのメリットを提供することができます。

■Nexar Ltd.
代表者: CEO Eran Shir
設立:2015年
所在地:Ha-Rakevet Street 58, Tel Aviv, Israel
事業内容:自動車領域における「コネクテッド」に関連した技術・サービス開発
URL:https://data.getnexar.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ