農作物の収穫量の拡大と品質向上のためのアクアソリューションの情報共有  プラットフォームにRobeeを採用

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Macbee Planet
株式会社Macbee Planet(本社:東京都渋谷区、以下「当社」)はウルトラファインバブルウォーターとITを活用したアクアソリューション事業を展開する株式会社カクイチ(本社:東京都千代田区、代表取締役:田中 離有、以下「カクイチ」)と、農家の方たちのスムーズな情報共有が行えるように当社のRobeeを採用しサービスを提供と運用を1月より開始しました。




自然災害や農業従事者の減少を課題に抱える昨今の農業界において、農作物の成長促進、収穫増、秀品率や生産性の向上、そして、若者を始めとした現代の農家の方が関心を持つようなノウハウや農家同士の情報共有のための取り組みが求められています。

カクイチが提供しているウルトラファインバブル発生装置を用いた散水システムなどのアクアソリューション事業において、最善の利用方法や作物収穫量や品質の最大化のための情報を速やかに、正しく提供し、多くの農家の方にご利用いただけるようにとRobeeにおけるコミュニケーションソリューションを導入いたしました。

Robeeはチャットボットをベースしたツールをインターフェースに、農家の方の課題分析や、作物別、課題別の様々な問題をAIにて判断し、適切でスピーディーな対処方法を提供いたします。また、スクリプト化が課題であった農家の方たちの、生産性向上を支えることで、農業のIoT化のサポートをさせていただきます。

当社は、Robeeをはじめとしたテクノロジーと業界に特化したサービスで、カクイチのナノバブル散水を主力にしたアクアソリューション事業を通じて「日本を農業で元気にする」の実現を支援して参ります。


株式会社カクイチについて

カクイチは創業明治19年の老舗企業。ビジョンに、「日本を農業で元気にする」を掲げ、自然と感謝がゆきわたるコミュニティの構築、新しい技術で生き生き豊かな世界の実現を目指しています。農業改善事業では、農業センサーデータ収集から多変量解析、仮説検証型AI、アプリ開発と「仮説検証」を行ない、世界の農業のために農業AIの開発を進めています。

<会社概要>
代表取締役社長:田中離有
設立:1886年(明治19年)
URL: https://www.kaku-ichi.co.jp/aqua/
所在地:長野本社 長野県長野市鶴賀緑町1415
東京本部 東京都千代田区二番町5丁目1 住友不動産麹町ビル 8階
事業内容:農業用ハウス事業、アクアソリューション事業、ホース事業、鉄鋼製品事業、ミネラルウォーター事業、ホテル事業、内装左官材事業、 環境改善事業



株式会社Macbee Planetについて

当社は、主にインターネットを活用した販売促進、集客、知名度向上を目指す企業に対して、LTV(Life Time Value 顧客生涯価値)を予測し、ROI(投資利益率)の最適化を実現することで、 マーケティングの課題解決を行なっています。
「既成概念にとらわれない発想 × マーケティング」で ビジネスの価値を磨き、企業の成長に貢献することで人々と情報を結び、ワクワクした消費と社会を生み出します。

■会社概要
代表取締役:小嶋 雄介
設立:2015年8月25日
URL:https://macbee-planet.com/
所在地:渋谷区渋谷3-11-11
事業内容:データを活用したマーケティング分析サービス
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ