ヤサカタクシーとNearMe、タクシー業界のDXと、お客様の快適な移動を目指し業務提携を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社NearMe
京都エリアを中心に、安全・快適・信頼をモットーに移動を提供する彌榮自動車株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:粂田 佳幸、以下 ヤサカタクシー)と独自のAIで最適化した空港送迎などのスマートシャトル(TM)を運営する株式会社NearMe(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高原幸一郎、以下 ニアミー)は、タクシー業界のデジタルトランスフォメーション(以下DX)の更なる推進と、次世代のシャトルのあり方を見据え、共創取り組みのため業務提携をいたしましたので、ご報告させていただきます。





背景

昨今、あらゆる産業においてもDX推進が話題となり、各社本格着手に向け進行しています。タクシー業界においても即時の配車アプリや決済などの領域で進められていますが、事前予約における配車やルーティングの人の手による運用、電話の個別対応などの旧態依然とした業務はまだまだ残っておりDX推進ついてはこれからといった状況です。あわせて新型コロナウィルスの影響による、京都の観光客数の激変。タクシー業界にとっても、次世代の運用を考えるきっかけになりました。
安全・快適・信頼をモットーに京都エリアで信頼を獲得してきたヤサカタクシーにおいても、この潮流は例外ではありません。アナログな運用はタクシー会社だけでなく、お客様にもご不便をおかけしており、特に海外からのお客様に対しては多言語対応でお手間をかけさせてしまっていることから、常にお客様の利便性向上を検討していました。社内の業務効率化としての「守りのDX」だけでなく、顧客中心のDX、つまりAIを活用することによる「攻めのDX」を行うことでお客様に貢献できないかを検討。その中で、独自AIでルーティングを発展させ、タクシー会社とお客様を繋ぐプラットフォームとして機能するニアミーと連携し、タクシー業界の革新に挑戦することとなりました。


概要

ニアミーはルーティングの最適化を行う独自のAIを開発しています。合わせて、お客様とタクシー会社をオンラインプラットフォームで繋ぐことで、お客様が多数言語対応のウェブサイトやアプリケーションにより、予約から決済までを可能とします。タクシー会社はプラットフォームを通じて自社が対応できる案件を選択することができます。
ヤサカタクシーは同プラットフォームの活用によるルーティングの効率化により、エリア拡大の可能性を模索していきます。また、マニュアル作業になっていた業務オペレーションも大幅改善。予約規模の増加による業務負担も軽減されます。両社の協業はまずは空港送迎から開始。また、アフターコロナも見据え、観光MaaSへの発展を鑑み、市内の移動をなめらかにする可能性も模索していきます。


業務締結にあたって

彌榮自動車株式会社 代表取締役副社長 粂田晃稔 コメント
彌榮自動車は、旅客輸送を通じて地域社会に貢献するため、これまでタクシー・ハイヤー・バスの利便性向上に努めてきました。地元京都においては地域住民の皆様の生活インフラとしてだけではなく、観光で入洛される方々に対するコーディネーターとしての役割を担ってきました。特に、自宅から空港まで直通運行する「関空シャトル」は、空港アクセスにおける乗り換え、重い荷物の運搬などの問題を解消することで、ビジネスからレジャーまで多くのお客さまにご利用をいただいてまいりました。昨今のコロナ禍において国内外からの観光客が激減する中で、空港送迎の在り方を見直したところ、これまで、国際線への依存度が非常に高かったことから、国内線利用者に向けたサービスを拡充させることを第一の課題として設定しました。しかしながら、サービス拡充によって見込まれるオペレーションの負荷増大への対応が急務となり、それらの直面課題を、ニアミー社のアプリによる受注システム、そしてAIによる自動配車システムと連携することで、当社の業務効率と配車精度の向上だけでなく、より多くの、より広域の皆様をはじめ、入洛される皆様に対しても大幅な利便性の向上が実現されます。今回、ニアミー社との業務提携は「三方良し」になると確信しています。

株式会社NearMe 代表取締役社長 高原幸一郎 コメント
ニアミーは、社会のあらゆる「もったいない」を解決する会社でありたいと考えており、その中でも、まずは実車率や車両のスペースといった「移動」のもったいないに注力しています。ニアミーの仕組みを活用することでDX推進に寄与し、ドアツードアの交通インフラを担われているハイヤー・タクシー業界に少しでも貢献できればと思い、今回の連携に至りました。今回のヤサカタクシーさんとの挑戦は、まさにタクシー業界で日々行われている実態をDXで解決するための最適な提携になると信じています。業務改善型の「守りのDX」だけでなく、顧客視点の「攻めのDX」をレガシーなタクシー業界でチャレンジできること、非常に光栄に思います。私たちの次世代シャトル“スマートシャトル™”により、お客様へのサービスアップ、エリア拡大、そして東京や他エリアのご自宅から移動先の京都エリアまで、ドアツードアのスムーズな移動を提供し、みなさまのご期待に添えるよう両社共に努力してまいります。


会社概要

■ヤサカタクシー概要
会社名:彌榮自動車株式会社
所在地:京都市下京区中堂寺櫛笥町1番地
代表者:代表取締役社長 粂田 佳幸
設立 :1945年9月21日

創業以来一貫して「旅客運送事業を通じて地域社会に貢献する」ことを目標に掲げ、地道な企業活動を展開。こうした姿勢が評価され、京都・滋賀・大阪・兵庫・東京・埼玉・神奈川などの各地域において、確固たる地歩を築き上げてきました。
特にハイヤー・タクシー、路線バスは安全な市民の足として、観光バスは地域住民や企業で働く人々の観光旅行・レジャーにご利用いただいているばかりか、学校教育の一環としての修学旅行や校外学習などにも寄与しています。
一方、テナントビル事業など新しい分野へも積極的にシフトして、多様化する時代のニーズに柔軟に対応。現在では7業種17社、3,700名を超える社員が働く企業集団に成長しています。
今日、情報化・国際化・高齢化等、あらゆる分野で変革の波が押し寄せる中、私たちは長年培ってきた実績とノウハウを最大限に発揮しながら、これからも人々の交流に役立つ安全で環境にやさしい旅客運送業、総合サービス業として、豊かな社会づくりに貢献したいと考えています。

■ニアミー概要
会社名 :株式会社NearMe
所在地 :東京都中央区京橋3-6-10
代表者 :代表取締役 高原幸一郎
設立  :2017年7月18日

リアルタイムの位置情報を活用して地域活性化に貢献する“瞬間マッチング”プラットフォーム作りを目指し、まずシェアリングエコノミーのMaaS(Mobility as a Service)領域からスタート。2019年8月より空港送迎のスマートシャトル™を運営することで、独自のAIを発展させ、ルーティングの最適化をはかってきました。このルーティングの技術を活用し、コロナ時代においても、不特定多数ではなく、少人数かつ誰が乗車したか追跡できる方法で活用していただける通勤シャトル「nearMe.Commute (ニアミーコミュート)」や、快適な移動を創造する「タクシーの相乗り」アプリ、またオンデマンド型シャトルサービス「スマートシャトル™」を展開しています。

(関連サイトURL)
・nearMe.Airport(エアポートシャトル)URL:https://app.nearme.jp/airport-shuttle/
・nearMe.Limo(貸し切り送迎シャトル)URL:https://app.nearme.jp/limo/airport/
・nearMe.Golf(ゴルフシャトル)URL:https://app.nearme.jp/golf-shuttle/
・nearMe.Commute (通勤シャトル) URL: https://campaign.nearme.jp/commute
・株式会社NearMe WEBサイト(タクシー相乗りアプリ「nearMe.」):https://nearme.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ