当社のDX推進が成功事例として紹介されました~AIお問合せシステム「AI-Q」で電話対応が半減~

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社アドバンスクリエイト
人とテクノロジーを深化させ進化する会社



 株式会社アドバンスクリエイト(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:濱田佳治、東証一部上場、証券コード:8798、以下「当社」、https://www.advancecreate.co.jp/ )はこのほど、木村情報技術株式会社(本社:佐賀県佐賀市、代表取締役:木村隆夫、以下「木村情報技術」、https://www.k-idea.jp/ )が主催するWebセミナーにおいて、当社のDX推進に関する講演を行いましたので、お知らせいたします。

■ Webセミナーの概要
 木村情報技術が提供するAIお問合せシステム「AI-Q」(アイキュー)を用いた当社のDX推進について、「『AI-Q』を活用した成功事例」としてセミナーを実施。100名以上にご参加いただき、下記の内容について講演を行いました。

1.「AI-Q」の導入により、電話での問合せが半減
「御用聞き」「丁稚(DECHI)」などの当社システムをご利用いただく保険代理店様からの問合せについて、「AI-Q」を導入。「御用聞き」などのID数が順調に伸長する中、電話での問合せ件数は導入前と比べて半減いたしました。

2.チャットオペレーター向けFAQを整備し、新人オペレーターでもスムーズな対応を実現
チャットオペレーター向けのFAQを整備し、またお客さまとのやり取りの好事例を事例集として登録することで、お客さまからの質問にオペレーターが即答できる仕組みを構築。新人オペレーターでも、お客さまをお待たせしないスムーズな回答を実現いたしました。

 当社は今後も、最先端のテクノロジーを活用したDXを推進し、ユーザビリティを向上させ、お客さまの体験価値を高めていくことで、「新しい保険の在り方」をご提案し、ユーザーの皆様に安心して保険をご購入いただける「保険市場」を構築してまいります。

【会社概要】
株式会社アドバンスクリエイト(東証一部上場、証券コード:8798)
 「人とテクノロジーを深化させ進化する会社」を標榜し、保険に関わるあらゆる情報とサービスを提供しております。1995年の創業以来、ポスティング通販の全国展開、保険ショップの出店、Webマーケティングの推進など、保険業界の常識を変え、新たな保険流通市場を創造してまいりました。
 現在はOMO(Online Merges with Offline)戦略を推進し、オンラインとオフラインの垣根をなくし、オンラインではお客さまに究極の利便性を、オフラインでは最高の感動体験をご提供しております。

本社所在地:大阪市中央区瓦町3-5-7 野村不動産御堂筋ビル
設立:1995年10月
代表者:代表取締役社長 濱田 佳治
事業内容:保険代理店事業、メディア事業・メディアレップ事業、再保険事業、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)事業、BPO事業
Webサイト:
国内最大級の保険選びサイト「保険市場」 https://www.hokende.com/
Advance Create Cloud Platform特設サイト https://www.accp.jp/
コーポレートサイト https://www.advancecreate.co.jp/
公式SNS:
Facebook( https://www.facebook.com/HOKENICHIBA/
Instagram( https://www.instagram.com/hoken_ichiba/
Twitter( https://twitter.com/hoken_ichiba
LINE( https://page.line.me/621voyzg

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ