オンラインサロン開発時における依頼内容をAIでテキストマイニング。オンラインサロンの運営者が求めている要件を深掘りし、オンラインサロン開発における課題が明らかに。ビルドサロンが発表。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビルドサロン
オンラインサロン運営・開発で真に求められている事とは。オンラインサロンの専門業者が調査。

「オンラインサロン」の制作に特化したウェブ制作を行う株式付会社ビルドサロン(本社:東京都新宿区、代表取締役:上村十勝)は、お客様より寄せられた、オンラインサロンのWebサイト製作の見積もり依頼内容を、テキストマイニングした結果を発表しました。




■ テキストマイニングとは

自然言語解析の手法を使って、文章を単語(名詞、動詞、形容詞等)に分割し、それらの出現頻度や相関関係を分析することで有益な情報を抽出します。

今回ビルドサロンでは、オンラインサロン開発・運用についてご相談頂いた内容をテキストマイニングしました。
(※会社名・氏名など、個人が特定できる個人情報や固有名詞は除いています)

実際にオンラインサロン開発・運営をご検討中である事業者様の、事業構想構築・ブレインストーミングにご利用ください。


■ データ概要

サンプル数:270事業者(法人・個人事業主)
集計対象期間: 2020年5月~2021年4月
上記期間中のビルドサロンへのご相談内容から解析。NDA(秘密保持契約)締結による文書を除く。

グラフ中の「スコア」は、TF-IDF法で算出した「重要度」を表す値です。


■ テキストマイニング結果

1. 共起キーワード

見積もり依頼に出現する単語の出現パターンが似たものを線で結んだ図です。出現数が多い語ほど大きく、また共起の程度が強いほど太い線で描画されます。
共起キーワード


上記より以下の内容が読み取れます。

・オンラインサロンの運営、構築を検討している。
・実際に構想しているオンラインサロンの機能やシステムがある。それが実現できるか知りたい。
・オンラインサロンの会員向けに決済機能が必要である。
・会員向けに動画の配信をしたい。
・構築にかかる費用、予算を知りたい。
・オンラインサロンについて知識を保有していない。または詳しくない。

「できる」「可能」「希望」などと言った、構想しているシステムについて、実現可能性を問う相談も、多い事がわかります。


2. 係り受け解析

「名詞」に係る「形容詞」「動詞」「名詞」についての解析結果を表示します。「スコア」が高いほど、よりその係り受け関係が重要であることを示します。
 名詞 - 形容詞
知識 - 乏しい が上位に来ている事から、依頼者はオンラインサロン開発・運営において、ビルドサロンに何らかの知識を求めてご相談されている事がわかります。

抽象的なキーワードの出現頻度も高く、まだ構想が定まっていない中でご相談されている事業者様も多くいるようです。

以下は 名詞 - 動詞 と 名詞 - 名詞 における結果です。
名詞 - 動詞
名詞 - 名詞


3. 2次元マップ

見積もり依頼での出現傾向が似た単語ほど近く、似ていない単語ほど遠く配置されています。
※ 次元削減アルゴリズムt-SNE(t-Distributed Stochastic Neighbor Embedding)を利用。


2次元マップ
「オンラインサロン」という単語に着目すると、「可能」「予算」「コンテンツ」などのワードが近い要素として描写されます。

事業者様が最も気になる要素として、自身が構想している事業内容について、この予算で可能か(どのような予算だったら実現ができるか)と言った事などが浮かび上がります。

「できる」「可能」「希望」などと言った、構想しているシステムについて、実現可能性を問う相談も、多い事がわかります。


4. 階層的クラスタリング

見積もり依頼での出現傾向が似た単語をまとまりとしてとらえられるよう樹形図で表したものです。グループは色分けして表示しています。
階層的クラスタリング


上記データ以外にも、解析情報を随時更新しております。


まとめ


オンラインサロンについて、概念自体は理解しているものの、まだシステムの詳細については理解していない部分も多く、実際に動画配信における機材指定などの具体的な構想や要件がある事業者様や、まだ漠然とした構想のみ保有しており、それを実現できるかどうかの相談など、様々な実態が確認できました。

「オンラインサロン」と言った概念自体はまだ生まれて間もなく、まだ世間に浸透しきっていない面もあり、まだ自社が保有する事業構想が、オンラインサロンで実現できるか理解できていない事業者様も存在する事も明らかになりました。

ビルドサロンでは、社名の通り事業内容をオンラインサロンのみにフォーカスする事によって、オンラインサロンを開発・運営される事業者様に、最大限ベネフィットを提供し続けて行きたいと考えています。

尚、ビルドサロンでは、この調査結果に基づくオンラインサロン開発・運用無料ご相談も受け付けております。
オンラインサロンのことであれば、お気軽にビルドサロンへご相談ください。

※UserLocal テキストマイニングにおいて分析

--------------------------------------------------------------------------------------

■ リリースと取材に関するお問い合わせ

本社HP: https://buildsalon.co.jp
メール: info@buildsalon.co.jp
電話: 03-6822-4723(代表)
お問い合わせフォーム: https://buildsalon.co.jp/contact
公式LINE: https://lin.ee/psX1A0C

--------------------------------------------------------------------------------------

■ ビルドサロンの事業内容

ビルドサロン コーポレートロゴ
株式会社ビルドサロンは、オンラインサロンの専門事業者です。オンラインサロン制作業界 No.1。
・自前オンラインサロンの開発及び制作事業
・オンラインサロン運営代行業務
・既存オンラインサロンのページデザイン
・オンラインサロン関連 CMS プラグインの開発
・既存ブログからのコンテンツ移行作業
・その他会員制サイトの受託開発業
・オンラインサロン運用ブログの運営
https://buildsalon.co.jp/blog

※当プレスリリースに記載の商品名、サービス名は一般に日本もしくは外国における各社の商標または登録商標です。
※ビルドサロン(R)︎は、株式会社ビルドサロンの登録商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ