【武蔵野大学】データサイエンス学部生3名が「情報処理学会 第83回全国大会」にて「大会奨励賞」を受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
学校法人武蔵野大学
~レシピサイトのコメントデータからレシピの代替食材を提示するシステムを提案~

武蔵野大学(東京都江東区)データサイエンス学部(以下、MUDS)1年(当時)の瀧 日悠雅さん、田丸 翔大さん、2年(当時)の臼木 瑠音さんが「情報処理学会 第83回全国大会」にて「大会奨励賞」を受賞しました。本賞は大会優秀賞(10件)に次いで9件に与えられた賞で1,127件の中から選出されました。


レシピサイトのコメントデータから代替食材を提示するシステムを提案

【本件のポイント】


データサイエンス学部生3社会人研究者や大学院生も参加する「情報処理学会 第83回全国大会」で「大会奨励賞」受賞
「大会奨励賞」は1,127件から座長及び一般聴講者からの投票を元に優れた若手研究者に授与される賞
本学会でのデータサイエンス学部生受賞は昨年度の名から増加



【本件の内容】
「情報処理学会 全国大会」は、(一社)情報処理学会が主催する情報分野における最大の大会です。83回目となる今年度も昨年度に続きMUDS生がオンラインで参加し、情報処理に関連する学術、技術の奨励のため、有為と認められる新進の発表に対し授与される「大会奨励賞」に3名が1,127件の中から選出されました。多くの研究者や大学院生が参加する中、本学会でのMUDS生の受賞は昨年度の1名から6名へと増加しており、特に瀧さんは1年生(当時)での受賞であり、かつ本大会の学生奨励賞に続いての受賞という快挙を成し遂げました。
具体的に本論文は、インターネット上のレシピサイトにある膨大なコメントデータから代替食材の情報を読む手間と時間を課題として挙げ、それらを自動的に抽出し、ユーザに提示するシステムを提案しました。提案したシステムによって、料理経験が浅く知識のないユーザでもレシピを応用し、代替食材を使った新たなレシピを知ることができ、料理の幅を広げることができます。MUDSでは今後も1年・2年次から研究の成果を国内外の学会発表・論文発表を積極的に推進し、社会に貢献できるデータサイエンス・AI人材の育成及び研究に取り組んでいきます。


【概要】
■国内学会名:情報処理学会 第83回全国大会
■期間:2021年3月18日(木)~20日(土・祝)
■開催形態:オンライン
■主催:一般社団法人情報処理学会
■共催:大阪大学


【受賞論文】
瀧日悠雅, 田丸翔大, 臼木瑠音, 中西 崇文, レシピサイトのユーザコメントデータを対象としたレシピにおける代替食材抽出方式, 第83回全国大会講演論文集, 2021(2), 393-394, 2021.
http://www.ipsj.or.jp/award/9faeag0000004ej9-att/5Q-03.pdf


【データサイエンス学科長 中西 崇文 准教授のコメント】


本発表は、MUDS内の学生自ら有志で活動している研究の成果です。発表内容は、レシピサイトのレビューコメントをテキストマイニング技術を応用し、新たなレシピの代替食材を推定する手法についてであり、一人暮らしの大学生の台所事情である身近な課題にデータサイエンスを適用した非常にユニークな成果です。このように1、2年生の学生自ら有志で活動し、学生自らの興味で生まれた研究成果が、情報処理学会全国大会の大会奨励賞を受賞することは快挙といえます。MUDSの学生が自ら成果を次々と国内海外問わず発信し続ける文化が根付いてくれることを期待します。


【受賞学生のコメント】


■瀧 日悠雅さん(データサイエンス学部データサイエンス学科2年)

今回、学生奨励賞に続き、大会奨励賞という大きな賞を頂き光栄に思います。それと同時に自分たちの研究の成果が認められたということ、大変嬉しく思います。私がこのような賞を受賞できたのは、共同研究者の協力や准教授のご指導のおかげです。心より感謝申し上げます。今後より一層研究に精進して参りたいと思います。

田丸 翔大さん(データサイエンス学部データサイエンス学科2年)

今回、大会奨励賞を受賞できたこと、とても嬉しく光栄に思います。この受賞は、一緒に研究している先生方や先輩方、同期の存在があってこそのものだと感じています。私はこの受賞を、これから先も期待されているということとして受け取り、私も共著者の一人としてこれからも一層研究に精進していきたいと思います。



臼木 瑠音さん(データサイエンス学部データサイエンス学科年)
この度は、大会奨励賞という名誉ある賞を頂戴し、とても光栄に思います。 この受賞は、共同研究者並びに先生のご指導、学友のサポートのお陰であると実感しております。本研究に携わった全ての方々にこの場をお借りして感謝申し上げます。今後も研究者一同、より一層研究に邁進してまいります。


【関連リンク】
■情報処理学会 第83回全国大会:https://www.ipsj.or.jp/event/taikai/83/
■武蔵野大学データサイエンス学部:https://www.musashino-u.ac.jp/academics/faculty/data_science/


【武蔵野大学について】

武蔵野大学有明キャンパス


1924年に仏教精神を根幹にした人格教育を理想に掲げ、武蔵野女子学院を設立。武蔵野女子大学を前身とし、2003年に武蔵野大学に改名。2004年の男女共学化以降、大学改革を推進し12学部20学科、13大学院研究科、通信教育部など学生数12,000人超の総合大学に発展。また2021年4月に日本初の「アントレプレナーシップ学部」、全学生「AI活用」「SDGs」を必修科目とした全学共通基礎課程「武蔵野INITIAL」をスタートさせるなど、2024年の創立100周年とその先の2050年の未来に向けてクリエイティブな人材を育成するため、大学改革を進めている。武蔵野大学HP:https://www.musashino-u.ac.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ