ユームテクノロジー、AllPersonalと共同で、UMUプラットフォームを活用したパフォーマンステック・プロジェクトを開始!第1弾「AI面接トレーナー」をリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ユームテクノロジージャパン株式会社
森本千賀子氏 監修|「AIによる定量評価」×「人事プロフェッショナルによる定性評価」で、確実な面接スキルの向上を実現

 オンライン学習プラットフォーム「UMU(ユーム)」を展開しているユームテクノロジージャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:松田しゅう平、 https://www.umujapan.co.jp 、以下、ユームテクノロジー)は、株式会社All Personal (本社:東京都港区、代表取締役:堀尾司)とのアライアンス事業として、UMUプラットフォームを活用したパフォーマンステックプロジェクトの第1弾となる「AI面接トレーナー」「新カンテラアカデミー」の両サービスをスタート致します。






組織の面接力を強化、ハイブリットAIサービス「AI面接トレーナー」

https://ai.chro-cantera.jp/
「AIによる定量評価」×「人事プロフェッショナルによる定性評価」で、ハイブリットにAIを活用することで、包括的かつ高品質なフィードバック機能を実現。いつでもどこでもトレーニングできる環境を用意することで、確実な面接スキルの向上が可能です。監修は、転職エージェントとして多方面で活躍する森本千賀子氏。







人事に特化した学び合いプラットフォーム「CANTERA ACADEMY」

https://lp.chro-cantera.jp/
人事に必要な幅広い知識を質の高いコンテンツで学習できるプラットフォームです。人事が企業の垣根を超えてお互い助け合い、高め合い、学び合える場を提供。現場で活きる、成果につながる手法が身につき少人数からすぐ導入可能です。通勤時間の5分を生かせるマイクロラーニングでの設計も特徴です。




プロジェクト開始に伴う両社からのコメント <株式会社AllPersonal 代表取締役CEO 堀尾司氏>

この度、ユームテクノロジージャパン様の多大なご支援により、パフォーマンステック事業への挑戦をスタート致します。ユームテクノロジージャパン様が提供する世界最大のラーニングプラットフォームUMUを活用させていただく事で、次世代に則した人事に特化した学習の場を創り上げることができました。松田社長、小松副社長、そしてプロダクト創りを日夜一緒に取り組んで頂いた西尾様に、この場を借りてお礼申し上げます。HR領域に特化した、学び、そして実践できる場の提供、成果と成長を実現する日本初のパフォーマンステックとして、皆様を日本だけではなく世界のHRと繋いでいきます。


<株式会社AllPersonal 取締役CTO 鶴田真也氏>

CANTERAではデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させるため、 クラウドを最大限利用して革新的なコンテンツを提供していくことを重要視しています。 今回のAI面接トレーナーやラーニングプラットフォーム構築における人事教育コンテンツの再構築は、CANTERAのデジタルトランスフォーメーション(DX)による価値共創の象徴でもあり、今後とも積極的に進めてまいります。この機会を頂いたユームテクノロジージャパンの皆様に期待にお応えできるよう日本中が待ち遠しい職場に溢れるよう努めてまいります。


<株式会社AllPersonal 取締役 越前谷匡史氏 (AI面接プロダクト設計者)>

AI面接トレーナーはAIとプロ人事によるハイブリッドなフィードバックが最大の特徴です。表情や話すスピードなどAIが得意な領域はAIがスコア化。話す内容については採用経験豊富なプロ人事が一人で気づけない観点からテキストでフィードバックを行います。ユームテクノロジージャパンの皆様にご協力頂きながら、AIトレーナーシリーズは、今後ラインナップを充実させ、企業の採用力、組織力の向上に繋げて参ります。


<ユームテクノロジージャパン株式会社 代表取締役 松田しゅう平>



この度All Personal社と弊社の強みであるラーニングテクノロジーでHR領域において「パフォーマンステック」という非常にインパクトのある全く新しい取り組みをご一緒できることを大変に光栄に思っています。私達UMUはAll Personal社がこれから世の中に発信していく理念・ビジョンを実際に実現するためのテクノロジーとして最高のパートナーになれる自信があります。ALL PersonalのThought Leadership, UMUのTechnical Leadership、この2つのリーダーシップで日本のHR領域にパフォーマンス革命を起こします!


<ユームテクノロジージャパン株式会社 取締役副社長 小松麻美>



私自身がCantera Academyの卒業生として学ばせていただいた経験から、これからの人事や人材開発にはAll personal社が発信する、全く新しいビジョンや理念がとても大切であると考えます。 このAll personal社の考えは、私達ユームテクノロジージャパンのコーポレートビジョンである "「テクノロジー」×「学習の科学」で世の中の学びを変え、その結果、世界をより良いものにする"と深くつながる考えであり、両社のコラボレーションは必然であったと考えます。All personal社のメッセージとユームの学習テクノロジーの掛け合わせで日本企業の人事、人材開発の発展に貢献できることを楽しみにしています。


HR特化のプラットフォーム「CANTERA」

CANTERAは、人事施策づくりの前提となる考え方を一通りマスターすることができるアカデミーとして 2017年に開講しました。現在「Performance Tech」構想を推し進めており、人事に纏わる方々の「学ぶ→解る→出来る→伝える→分かち合う」のサイクルを生産性向上を軸に、テクノロジーを最大限に活用した沢山のプロジェクトに挑戦して参ります。


現役人事の副業マッチング「CANTERA SHARE」

https://share.chro-cantera.jp/
企業の事業フェーズに合わせた成果を発揮する独自の戦略人事のトレーニングを積んだ現役プロ人事が、副業として御社をサポート致します。特にスタートアップ企業においては、今後乗り越える課題を、既に経験し、成果を上げているプロ人材が多数おります。


現役人事が“共に創る“メディア「CANTERA NOTE」

https://note.chro-cantera.jp/
現役人事が自身の経験や体験を発信する日本初のメディアです。人事施策の成功事例や手法の紹介だけではなく、人事ならではの葛藤や失敗を通じて得られた経験を現役人事が発信します。人事が抱える課題や悩みは、同じ経験をした人事こそ分かち合う。CANTERA NOTEは、人事同士で共感し合い、学び合い、教え合い、乗り越え合い、共に創り合うメディアとして展開していきます。


「UMU(ユーム)」について

 「UMU」は、Google社のトレーナーとして多数の受賞実績があるドングショー・リーによって開発された。グローバル本社は、米国ポートランド、2015年創業。
 UMUは、AIをはじめとした最新テクノロジーと学習の科学との融合で学習を提供するラーニングプラットフォーム。UMUの名前は、「U(あなた)、Me(私)、Us(私たち)」の頭文字。誰もが講師になり学び合う世界の実現を目指す。マイクロラーニング・ビデオ会議・ライブ配信・AIコーチング等の機能で、双方向性のあるオンライン学習プログラム設計を可能にするシステムを備えている。世界203の国と地域で100万社以上、日本では、日本生命、パナソニック、アステラス製薬、ワコールをはじめとする約1万社以上がUMUを導入。日本の人事部HRアワード受賞多数。


企業情報

名称  :ユームテクノロジージャパン株式会社
本社  :〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6 AXALL ROPPONGI
代表者 :代表取締役 松田 しゅう平
設立  :2018年2月9日
事業内容:インターネットテクノロジーを利用したラーニングプラットフォームのUMUの販売
URL  :https://umujapan.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ