クラウドエース、 Google Cloud の機械学習(Machine Learning) のスペシャライゼーション認定を更新~12分野における取得を達成~

このエントリーをはてなブックマークに追加
クラウドエース株式会社
クラウドエース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:青木 誠)は、 2021 年 10 月 11 日、Google Cloud Partner Advantage プログラムにおける、機械学習(Machine Learning) のスペシャライゼーション認定を更新したことを発表いたします。



2019 年に弊社は初めて機械学習のスペシャライゼーション認定を取得しましたが、スペシャライゼーション認定は有効期限が 2 年間となるため、再度審査を受けこの度更新出来たことにより、計 12 分野における同認定の取得に至りました。
日本の AI ビジネスの市場規模は、2016 年の約 2700 億円から、2030 年には約 10 倍の 2兆円にまで成長すると予測されています。業種別でみると特に公共・社会インフラでの成長率が著しく、同期間の拡大幅は約 30 倍に及ぶと言われています。(富士キメラ総研調査資料引用https://www.fcr.co.jp/ )

コロナ禍において消費者の行動変容やデジタル化が進み、多様かつ大容量のデータを分析することが、企業にとって今まで以上に優先課題となりました。データが急増し複雑になるにつれ、高度な機械学習の活用が要求されます。また、画像や音声などの非構造化データの加工においても機械学習が用いられますが、Google Cloud の Vertex AI (各種 ML ツールを統合したプラットフォーム)によって導入のハードルは下がっています。

このような市場環境の中で、クラウドエースは機械学習とデータ分析の専門部隊であるデータMLチームを中心に、これまで以上に顧客の事業継続・事業拡大のために支援を強化して参ります。

■Machine Learning に特化したサービスはこちら
Google Cloud API / AutoML 及び AI・機械学習を活用したシステム構築(https://cloud-ace.jp/service/machine-learning/

■Google Cloud Partner Advantage プログラムにおけるスペシャライゼーション認定について
公式サイトをご参照ください。https://cloud.google.com/partners/specializations

■スペシャライゼーション取得に関連した記事
・クラウドエース、 Google Cloud のデータ管理のスペシャライゼーション認定を取得 ~11 分野における取得を達成~
https://cloud-ace.jp/news/2021/21766/
・クラウドエース、 Google Cloud Partner Advantage プログラムにおいて セキュリティ分野のスペシャライゼーションを更新
https://cloud-ace.jp/news/2021/20794/
・クラウドエース、 Google Cloud™ の Cloud Migration のスペシャライゼーション認定を更新
https://cloud-ace.jp/news/2021/19818/

■クラウドエース主催 オンラインイベント「OPEN DX 2021」期間限定アーカイブ配信のご案内
機械学習やデータ分析など DX (デジタルトランスフォーメーション)に関連するおよそ 50 のライブセッションやハンズオンをご用意しております。詳細は下記を御覧ください。
https://cloud-ace.jp/opendx2021/?utm_source=odx2021_pr_mlsp

■ クラウドエース株式会社について
本社 : 東京都千代田区大手町 2-6-2 日本ビルヂング 11F
代表取締役社長 : 青木 誠
ウェブサイト:https://www.cloud-ace.jp/
事業内容:クラウドエースはクラウドの導入設計から運用・保守までをワンストップでサポートをする Google Cloud™ を専門としたクラウドインテグレーターで、Google Maps Platform のパートナーでもあります。
Google Cloud のマネージド サービス プロバイダとして、技術サポートをはじめ、コンサルティング、システム開発、Google Cloud 認定トレーニングを提供しており、国内 4 都市と海外 7 ヶ国で拠点を持ち、120 社を超えるパートナー企業と共に DX を行う企業の多様なニーズにお応えいたします。


※Google Cloud は Google LLC の商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ