【プリマジェストビジネスフォーラム】電気通信大学副学長 人工知能先端研究センター 坂本 真樹 教授が語る! 「AI(人工知能)でビジネスはどう変わる?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社プリマジェスト
専門家をお招きして最新のIT関連情報を提供するビジネスフォーラムの開催

イメージ情報ソリューションを手掛ける株式会社プリマジェスト(本社:神奈川県川崎市 代表取締役:稲垣 秀秋 以下プリマジェスト)は、電気通信大学副学長 人工知能先端研究センター 坂本真樹教授をお招きし、ITベンダーとして最新のIT関連情報を提供するビジネスフォーラムを10月13日(水)に開催いたします。





各種メディアでよく見かけるIT用語やビジネスキーワード。皆さまの業務に直接関わりのあるものから、興味はあるけれど詳しくはよくわからないまま、世に溢れる情報ばかり増えていき、今更聞けない、どの情報を取り入れればよいかも悩むものが多いのではないでしょうか。
プリマジェストがお客様と対話させていただく中で見えてきた、「なんとなく理解」ワードをテーマとしてピックアップし、「プリマジェストビジネスフォーラム」として、ITベンダーとしてお伝えできる一段深掘りした情報を発信させていただきます。
各回、テーマごとに専門家をお招きし、わかりやすくポイント解説をいただくとともに、最新の関連情報をご提供いただきます。
情報のブラッシュアップや再確認の場として、または新たな知識取得の場として、ご活用いただけましたら幸いです。フォーラム第一弾となる初回は、「AI」をテーマにお届けします。


■フォーラム講演情報
講演 『AI(人工知能)でビジネスはどう変わる?』 50分
お客様のビジネスへの活用が幅広く検討されている“AI(人工知能)”。
AIが、我々のビジネスにどのような変化をもたらすのか。そんな気になる話題について、電気通信大学副学長 人工知能先端研究センター 坂本 真樹 教授に語っていただきます。

※質疑応答 10分


■フォーラム概要
日時:       2021年10月13日(水)14:00~15:00
会場:       オンライン開催(Zoomウェビナー)※お申込みいただいた方に参加URLを送付いたします
定員:       100名
参加費:      無料・事前登録制
申込方法:     イベントへのご参加には事前のご登録が必要です。
以下の当社HPリンクからお申込みください。
https://www.primagest.co.jp/news/forum/20211013/

※競合企業にお勤めの方、個人の方のお申込みはお断りすることがございます。
※お申込み多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。予めご了承ください。


■講演者情報
電気通信大学副学長 人工知能先端研究センター 教授 坂本 真樹 様

■坂本 真樹氏プロフィール
1998年 東京大学大学院 総合文化研究科 言語情報科学専攻 博士課程修了。(博士(学術))
東京大学助手、電気通信大学講師、准教授を経て、
現在同大大学院 情報理工学研究科 及び 人工知能先端研究センター教授。
2020年より同大副学長。
人工知能学会元理事。日本学術会議連携会員。

オノマトペや五感や感性・感情といった人の言語・心理などについての文系的な現象を、理工系的観点から分析し、人工知能に搭載することが得意。感性をもつAI開発の第一人者。
一般社団法人スマートシティ・インスティテュート エグゼクティブアドバイザーも務め、不動産テック企業の技術顧問なども行い、社会のスマートシティ化を推進している。
著書「坂本真樹先生が教える人工知能がほぼほぼわかる本」(オーム社)は、2020年4月採用の学校図書国語の教科書にも転載されている。
NHKラジオ第一放送『子ども科学電話相談』のAI・ロボット担当レギュラー。
小学館@DIMEでの連載を通して、人工知能などの最新研究とビジネス動向について解説。


■プリマジェストについて(https://www.primagest.co.jp/
1968年創業以来、スキャナー(ImageValue)とOCR技術を軸とした業務自動化ソリューションを金融業界中心に様々なお客様へ提供しております。
コア業務で必要となる「クリーンデータの生成(各種伝票や申請書内容のデータ化と点検/精査)」については、数多くの現場で培った独自ノウハウを基に多くの実績を持ちます。
業務コンサルティングに始まり、システム開発、BPOサービス提供に至るトータルソリューションをワンストップで提供するとともに、より高度な自動判断を実現するAIアプリケーション基盤を自社開発しています。
更にAI-OCRやRPA、ルールエンジンを組み合わせる事により、業務効率化/自動化を実現しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ