12月7日、オンラインイベント「経理、その先へ2021winter-AIを賢く利用する-」開催!脳科学者 茂木健一郎氏、税理士 袖山喜久造氏、他経理財務リーダーが多数登壇!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ファーストアカウンティング株式会社
電子帳簿保存法とインボイス制度に向けた経理業務のデジタル化と効率化を探究

経理業務に特化したAIソリューションを開発・提供するファーストアカウンティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森 啓太郎、以下「ファーストアカウンティング」)は、「経理、その先へ2021winter -AIを賢く利用する-」を2021年12月7日(火)に開催いたします。本オンラインイベントは経理・財務部門を対象に、改正電子帳簿保存法とインボイス制度への対応を見据え、AIをはじめとしたテクノロジーを活用した経理業務の効率化およびデジタル化を探究できるイベントです。


詳細はこちら:https://www.fastaccounting.jp/lp/2021winter/?pid=fa




「経理、その先へ2021winter-AIを賢く利用する-」概要

2021年12月7日(火)に『経理、その先へ2021winter -AIを賢く利用する-』と題して、改正電子帳簿保存法とインボイス制度の施行に向けた、AIテクノロジーを活用した経理業務のデジタル化や業務改革をテーマにオンラインイベントを実施します。

基調講演・特別講演・顧客事例講演・ソリューション講演の4種類13講演をご用意いたしました。

基調講演には脳科学者 茂木健一郎氏とSKJコンサルティング合同会社・税理士 袖山喜久造氏、特別講演には株式会社オービックビジネスコンサルタント 代表取締役社長 和田 成史 氏との豪華な登壇が決まりました。

基調講演と特別講演の内容

脳科学者・茂木健一郎からの命題 ~AI時代に必要な人の脳力とは?/ビジネスの現場からAIの今とこれから

脳科学者 茂木 健一郎氏



AI時代やAI導入が議論されるとき、「AIがに仕事を取られる!?」「AI時代に人は余剰化する...」というような不安の声を耳にする。AIと人の能力は置き換わるのか?、共存できるのか?。社会が突き付けられたAIをめぐる命題について脳科学の見地から所見を述べる。

さらに「ビジネスの現場からAIの今とこれから」では、ビジネス現場から思うこと、考えること、聴きたいことを議論することで、AI(AI経理)の今を浮き彫りにし、これからのAI活用などを見通していく。


「令和4年からの電子化法令対応のポイント」

税理士 袖山 喜久造氏



令和3年度の税制改正で電子帳簿保存法が抜本的に改正され、企業等の電子化法令が規制緩和されました。令和3年度改正された電帳法に必要な会社の対応は?会社の電子をどのように進めたらいいのかについて解説します。


他、AIソリューション「Robota」「Remota」の導入企業による講演、経電子帳簿保存法対応のソリューションの紹介、電子インボイスの活用に関する講演など、経理・財務部門にオススメなコンテンツが目白押しです。

▼詳細は特設サイトよりご覧できます
https://www.fastaccounting.jp/lp/2021winter/?pid=fa


イベント詳細

・名称 :経理、その先へ2021winter -AIを賢く利用する-
・主催 :ファーストアカウンティング株式会社
・日時 :2021年12月7日(火)10:00~18:00
・場所 :オンライン配信(
・参加対象 :経理・財務部門やバックオフィス業務に従事している方々
       経理・財務部門やバックオフィス業務課題を感じている経営者
・参加費 :無料
・お申込み :https://www.fastaccounting.jp/lp/2021winter/?pid=fa


講演企業(登壇順)
ファーストアカウンティング株式会社
株式会社インテック
ウイングアーク1st株式会社
株式会社コンカー
Blue Prism株式会社
花王ビジネスアソシエ株式会社
KDDI株式会社
アクセンチュア株式会社
アビームコンサルティング株式会社
日清食品ホールディングス株式会社
サントリービジネスシステム株式会社
株式会社オービックビジネスコンサルタント


ファーストアカウンティング 会社概要
社名  :ファーストアカウンティング株式会社
所在地 :東京都港区浜松町1-6-15 VORT浜松町I 3階
設立  :2016年6月
代表  :代表取締役社長 森 啓太郎
URL    :https://www.fastaccounting.jp/
サービス :「経理、その先へ」――経理業務の効率化により、経理部門が戦略的な経理業務に注力することができ、 企業の生産性向上をもたらします。戦略的経理へ革新を進められる経理業務の効率化ソリューション 「Robota」と Robota シリーズの機能を組み込んだ AI ソリューションとして「Remota」を提供しています。
・請求書Robota https://www.fastaccounting.jp/robota/
・領収書Robota https://www.fastaccounting.jp/receipt-robota/
・Remota https://www.fastaccounting.jp/remota/


すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。これらの名称、商標およびブランドの使用は、承認を意味するものではありません。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ