Blue Prism、未来の働き方のビジョン「Digital First, People Enriched(デジタルファースト、人の可能性を最大化)」を共有

このエントリーをはてなブックマークに追加
Blue Prism
Blue Prismのインテリジェントオートメーションの新たなイノベーションにより、人とデジタルワーカーが協働



報道関係者各位
2021年11月26日
プレスリリース
Blue Prism株式会社

Blue Prism未来の働き方のビジョン「Digital First, People Enriched(デジタルファースト、人の可能性を最大化)」を共有

Blue Prismのインテリジェントオートメーションの新たなイノベーションにより、
人とデジタルワーカーが協働

【2021年11月26日】インテリジェントオートメーションのグローバルリーダーであるBlue Prism社(AIM: PRSM、本社:英国ロンドン、CEO:ジェイソン・キングドン、日本法人Blue Prism株式会社、本社:東京都港区、社長:長谷 太志)は、同社の製品ポートフォリオに人とデジタルデジタルワーカーがシームレスかつインテリジェントに連携する「Blue Prism Decision」の機能を加えたことを発表しました。Blue Prism Decisionは、優れたビジネス成果を達成するという、未来の働き方を実現します。

Blue Prism Decisionにより、プロセス開発者は、データサイエンスの専門知識がなくとも、機械学習(Machine Learning)に基づく意思決定をデジタルワーカーに簡単に統合できるようになります。Blue Prism Decisionの追加に合わせて、Blue Prism Captureの機能も強化しました。Blue Prism Captureは、ユーザーがより簡単にプロセスを正確に記録し、自動化プロトタイプを迅速に生成できるソリューションです。今回のアップデートにより、組織における自動化の開発が加速され、インテリジェントオートメーションの拡大を推進します。

機械学習を活用したBlue Prism Decisionにより、自動化に加えて、最小限の労力と専門知識で、返金や請求書の支払いなど、より複雑で人間に近い意思決定ができるようになります。機械学習をインテリジェントオートメーションに活用するうえで最大の障害になっていたのは、データサイエンスの知識が求められることでした。Blue Prism Decisionでは、自動機械学習機能(auto-ML)により、ビジネスユーザーは数分で機械学習モデルを構築し、トレーニングさせることができます。さらに、これまでの機械学習モデルとは異なり、デジタルワーカーによる意思決定は、詳細なログにより説明可能です。

Forresterの主席アナリスト、ベルンハルト・シャフリック(Bernhard Schaffrik)氏は、「ビジネスユーザーは、ソフトウェア開発の経験が少ないため、ロボット開発にはガイド付きで図解するアプローチが必要です」と述べています。*

Blue Prism Decisionがインテリジェントオートメーションを身近なものにする一方で、Blue Prism Captureは自動化プロジェクトの進捗を加速します。プロセス開発者は、このツールを使用して業務プロセスを簡単かつ正確に記録し、自動化プロトタイプを生成できます。また、このプロトタイプは簡単に修正でき、すぐにプロセス開発フローに組み入れることができます。これにより、プロセスキャプチャー時のエラーを削減し、プロセスデ開発者とアナリスト間のワークフローを改善することで、自動化にかかる時間を最大75%短縮できます。

Blue Prismのインテリジェントオートメーション、Blue Prism DecisionとBlue Prism Captureの機能強化により、自動化推進のハードルを下げ、人とデジタルワーカーの協働がさらに進みます。

インテリジェントオートメーションで人の可能性を最大化する:未来の働き方

機械学習と自動化の統合には、通常複雑なモデルが必要であり、学習、管理、監査に工数がかかります。膨大な量の開発リソースと、機械学習に関する高度な専門知識が必要なことから、大規模な自動化や数値化できるビジネス価値の実現は難しくなっています。

Blue Prism社のプロダクト担当SVP、ダニー・メジャー(Danny Major)は、次のように述べています。「未来の働き方は、企業経営を根本的に変えるでしょうが、そこに到達するためには、企業はデジタルワーカーの導入を加速し、人間の能力を強化し、生産性の高い職場に取り入れる必要があります。今回、Blue Prismのインテリジェントオートメーション製品にアップデートが行われたことで、組織全体で自動化されたワークフローの設計、作成、導入、管理が容易になります」。

未来の働き方は、人とデジタルワーカーのコラボレーションにより実現します。デジタルワーカーは、人の能力と組み合わせることで、人にとって代わるのではなく、既存の能力や意思決定を補強・強化するように設計されており、人はより大きな価値を生み出す仕事に専念できます。インテリジェントオートメーションは、AIの力を組み合わせて、最小限の労力と専門知識で、この人とデジタルワーカーのコラボレーションを最大化します。これにより、企業は業務プロセスを合理化し、業務効率を高め、最高の顧客エクスペリエンスを提供できます。


* ”Accelerate Process Automation By Leveraging Capabilities For RPA Democratization” (https://www.forrester.com/report/accelerate-process-automation-by-leveraging-capabilities-for-rpa/RES175907) , Forrester, August 2, 2021 *レポートの閲覧にはForresterにサービス登録するか、購入が必要です。

※当報道資料は、2021年11月16日(現地時間)に、英国ロンドンにおいて発表されたプレスリリースの抄訳です。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先いたします。予めご了承下さい。

Blue Prism社について
Blue Prism社は、エンタープライズ向けインテリジェントオートメーションにおけるグローバルリーダーです。Blue Prismは、170を超える地域で、グローバル 2000に名を連ねる企業や公的機関を含む2,000を超える企業に採用されています。Blue Prismが提唱する新しい仕事の進め方は、効率性を高め、何百万もの業務時間の高付加価値業務への再投資を可能にします。RPAを超えた存在である、Blue Prismのデジタルワーカーは、インテリジェントで、堅牢なセキュリティと高度な拡張性を有しており、働き方の変革を推進します。

Blue Prism(AIM:PRSM)の詳細は、www.blueprism.com/japan をご覧ください。
また、Twitter @blue_prism_JP や LinkedInでBlue Prismをフォローしてください。

【報道関係者お問い合わせ先】
Blue Prism株式会社(https://www.blueprism.com/japan
マーケティング 内田
TEL:03-6332-7648
E-mail: osamu.uchida@blueprism.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ