アイネットが提供するマネージドクラウドサービス「Next Generation EASY Cloud(R)」にピュア・ストレージのモダン・データ・ソリューションを採用 ~クラウド運用の信頼性を劇的に向上~

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社アイネット

 独立系データセンター・プロバイダーの株式会社アイネット(神奈川県横浜市、代表取締役 坂井 満、 以下「アイネット」)は、マルチクラウドの世界でストレージ・アズ・ア・サービスを提供するITのパイオニアであるPure Storage, Inc.の日本法人ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 田中 良幸、以下「ピュア」)のモダン・データ・ソリューションを企業向けクラウドサービス「Dream Cloud(R)」の中核サービスである「Next Generation EASY Cloud(R)(以下「NGEC」)」に採用しました。アイネットとピュアは、マネージド・サービス・プロバイダー(MSP)プログラムを締結し、ストレージを含む、クラウドの構築から運用、お客様サポートまで、ITサービスの実現に必要なインフラをワンストップで提供することが可能となり、お客様は、安全性の高いアイネットの自社データセンターで展開する高速かつ堅牢なマネージド・サービスを享受できます。

 また、アイネットは、ピュアとのマネージド・サービス・プロバイダー(MSP)プログラムの締結により、Pure as-a-service™、Evergreen Storage Subscriptionプログラム、FlashArray//X、FlashArray//Cといったピュアのポートフォリオ上のすべてのサービスを国内最高レベルの安全性を誇るアイネットのデータセンター上で採用することが可能となり、日本市場におけるクラウドビジネスの成長を加速させます。

 アイネットは、これまでの実績からピュアのソリューションを導入することにより、クラウド運用の信頼性を劇的に向上させることができ、差別化されたサービスをお客様に提供することに注力できると確信しています。

 アイネットの代表取締役、坂井 満は、以下のように述べています。
「弊社は、パートナー様のクラウド基盤ビジネスの支援を一層強化します。お客様要件にお応えする柔軟な基盤提供から運用までを専任部隊でご支援できる体制をご用意しています。今回の協業によりピュア・ストレージ製品の高い品質と信頼性を備えたストレージをお客様に提供することが可能となり、我々のクラウドビジネスを更に発展させることができると大きな期待を寄せています。今後もピュア・ストレージ社とのパートナーシップにより、双方のビジネス拡大を図りながら、お互いのお客様に品質の高いサービス提供を進めてまいります。」

 ピュアの代表取締役社長、田中 良幸は、以下のように述べています。
「このたび、アイネットのクラウドサービス基盤におけるストレージ・プロバイダーとなることを嬉しく思っております。今回MSPプログラム・パートナーシップを締結することにより、ビジネスパートナーとして新サービスの開発、また強固な協業モデルを確立し、双方のお客様と新規のお客様へ、最新かつ、俊敏性に富んだ信頼性の高いクラウドサービスを提供することで、お客様のビジネス拡大に貢献してまいります。」

 アイネットはピュアとの協業により、特に2つのタイプのお客様にメリットをもたらすと考えています。1つ目は、自社のソリューションをクラウドで提供したいが、自社でインフラを構築することに負担をかけたくないと考えているアプリベンダー。2つ目は、自社の製品やサービスをクラウドで提供したいが、ノウハウや専門知識を持っていない企業。アイネットの10年以上にわたるクラウドの経験と、ピュアのストレージ・アズ・ア・サービスの提供、そして両社に共通する顧客サービスへのこだわりを組み合わせることで、これらのお客様の迅速な立ち上げを支援します。

 本協業により両社は、増加するクラウドビジネス展開や自社製品のクラウド化といったニーズに応え、日本企業のクラウドビジネスの推進に貢献してまいります。

アイネットについて
アイネットは、DCとクラウドコンピューティングを展開するとともにシステムの企画・開発から運用・監視までカバーする神奈川県横浜市に本社を構える独立系ITサービスプロバイダーです。煩雑なガソリンスタンドの事務処理の合理化やクレジット処理を代行する会社として1971 年に設立されました。以来その取り扱いを拡大する中でDC運用のノウハウを蓄積、お客様からも大きな信頼を寄せられてきました。蓄積してきたノウハウを活用し今ではDCを利用する業種も金融業、流通業、官公庁、e ビジネス、外資系企業をはじめ多岐にわたっています。
現在は、国内最高レベルのDCをベースに、クラウドサービスビジネスを積極的に展開しており、自社のクラウド基盤上に業種業態を問わず利用可能なアプリケーションレイヤーのメニュー拡充を加速させています。一方システム開発事業ではAI、IoT、宇宙事業など先端の分野に注力しています。

ピュア・ストレージについて
ピュア・ストレージ(NYSE:PSTG)は、技術者の負荷削減に寄与します。ピュア・ストレージが提供する「モダン・データ・エクスペリエンス」は、真の「サービスとしてのストレージ(STaaS:Storage-as-a-Service)」モデルによって、複数のクラウド間でシームレスな自動化運用を実現します。急速な成長を遂げているエンタープライズIT企業の1つとして、企業がデータを強みに変えるためのソリューションを提供しています。ピュア・ストレージのソリューションにより、企業はデータをより有効に利用できるだけでなく、インフラ基盤の複雑性を解消し、管理コストを削減することができます。ピュア・ストレージは、NPS顧客満足度調査においてB2B企業の上位1%に値する高評価を受賞しました。

アナリストの評価
ピュア・ストレージ、ガートナー社の2020年版マジック・クアドラント 「プライマリ・ストレージ・アレイ部門」において、「リーダー」に位置付けられ
https://www.purestorage.com/jp/resources/gartner-magic-quadrant-primary-storage.html

プレスリリースに記載のサービス名称はすべて各社の商標または登録商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ