1月21日(金) AndTech WEBオンライン「プラント・製造業のデジタルトランスフォーメーション~デジタルを活用した生産改革へのヒント~」Zoomセミナー講座を開講予定

このエントリーをはてなブックマークに追加
AndTech
高原 忠良 氏((元トヨタ自動車)技術オフィスTech-T 代表 博士(工学)埼玉工業大学 客員教授 消費生活アドバイザー)にご講演をいただきます。

 株式会社AndTech(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:陶山 正夫、以下 AndTech)は、トヨタ自動車とサムスンで製造と開発のデジタル化を推進した講師により、この分野でのDXの現状と生産性向上につながる活用ヒントを紹介し、欧州自動車の開発評価におけるDigital Digital EngineeringEngineeringとはどのようなものかなどを解説する講座を開講いたします。本講座は、2021年1月21日開講を予定いたします。 詳細:https://andtech.co.jp/seminar_detail/?id=8519






Live配信・WEBセミナー講習会 概要


テーマ:プラント・製造業のデジタルトランスフォーメーション
~デジタルを活用した生産改革へのヒント~
開催日時:2022年01月21日(金) 13:00-16:00
参 加 費:33,000円(税込) ※ 電子にて資料配布予定
U R L :https://andtech.co.jp/seminar_detail/?id=8519
WEB配信形式:Zoom(お申し込み後、URLを送付)



セミナー講習会内容構成


ープログラム・講師ー

技術オフィスTech-T 代表 高原 忠良 氏
(埼玉工業大学 客員教授 (元トヨタ自動車)博士(工学)消費生活アドバイザー)



本セミナーで学べる知識や解決できる技術課題


・プラント・製造業関連の各種デジタル技術
・デジタルトランスフォーメーションの概要
・JOB 型自律的対応力

下記の方必見のセミナーです。
・デジタルトランスフォーメーション 、デジタル化技術 に興味をお持ちの方
・生産性やコストの 改善の着眼点を探索している方
・プラント・製造の保全関係者プラント・製造の保全関係者
・生産性改革生産性改革や現場や現場変革変革を目指したいを目指したい方



本セミナーの受講形式


WEB会議ツール「Zoom」を使ったライブLive配信セミナーとなります。
詳細は、お申し込み後お伝えいたします。



株式会社AndTechについて




化学、素材、エレクトロニクス、自動車、エネルギー、医療機器、食品包装、建材など、
幅広い分野のR&Dを担うクライアントのために情報を提供する研究開発支援サービスを提供しております。

弊社は一流の講師陣をそろえ、「技術講習会・セミナー」に始まり「講師派遣」「出版」「コンサルタント派遣」
「市場動向調査」「ビジネスマッチング」「事業開発コンサル」といった様々なサービスを提供しております。
クライアントの声に耳を傾け、希望する新規事業領域・市場に進出するために効果的な支援を提供しております。
https://andtech.co.jp/



株式会社AndTech 技術講習会一覧




一流の講師のWEB講座セミナーを毎月多数開催しております。
https://andtech.co.jp/seminar_category/



株式会社AndTech 書籍一覧




選りすぐりのテーマから、ニーズの高いものを選び、書籍を発行しております。
https://andtech.co.jp/books/



株式会社AndTech コンサルティングサービス




経験実績豊富な専門性の高い技術コンサルタントを派遣します。
https://andtech.co.jp/business_consulting/



本件に関するお問い合わせ


株式会社AndTech 広報PR担当 青木
メールアドレス:pr●andtech.co.jp(●を@に変更しご連絡ください)



下記プログラム全項目(詳細が気になる方は是非ご覧ください)


講演主旨
プラント・製造業など、加工現場がある業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)に関するセミナーです。デジタル・データ化は効率化につながる着眼点です。それらは組み合わせが容易で、アイデア次第で画期的な生産性向上にもつながります。
一方、まだまだ歴史が浅いこともあり、具体的成果の事例も少なく、どちらかと言えば、ベンダー側からの活用イメージのPRが多い段階です。
トヨタ自動車とサムスンで製造と開発のデジタル化を推進した講師により、DXを簡単の俯瞰した上で、この分野でのDXの現状と生産性向上につながる活用ヒントを紹介します。DXコンテンツ事例や想定案は、可能な限り、動画での紹介を予定しています。入門者にもわかりやすいセミナーです。
デジタル化は、プラントや製造現場そのものの3Dデータ化と活用、製造時の各種情報のデジタル収集と活用の2面で解説します。それぞれ、ラクラク保全や製造品質先読み制御などの未来的なプラント管理・製造システムなどが期待されます。

プログラム

1. はじめに
1-1.日本を取り巻く状況
1-2.2050年カーボン ニュートラル 、次世代エネルギ
1-3.最新自動運転
1-4.技術 走行試験ビデオ

2. デジタル技術と DX
2-1.Industry4.0 、 Society 5.0
2-2.Sensing計測技術 (形状計測、 特性値 計測)
2-3.IoT、 AT&CAE
2-4.欧州自動車の開発評価におけるDigital Digital EngineeringEngineering

3. プラント・製造ラインの3プラント・製造ラインの3Dデータ化
3-1.現場計測方法 プラント丸ごと計測・作業スペース瞬間計測
3-2.計測データからの3Dデータ化
3-3.データ活用事例や案
3-3-1.改造・改修の事前机上検討
3-3-2.デジタル見積もり
3-3-3.保全保全システムとのリンク
3-3-4.作業性改善 生産シミュレーション
3-3-5.CO2削減削減

4. プラント、配管配管・バルブ、加工設備のデジタル
4-1.最新計測技術
4-2.リアルタイム連続計測とIoTデータ収集
(温度・圧力・ひずみなどの物理変動情報)

5. デジタル情報の活用
5-1.CAE進化のための高信頼性計測技術
5-1-1.プレス・ダイカスト・射出成形・CFRP(RTM)
5-1-2.CAE活用による設備改革
5-2リアルタイム計測情報解析による生産改革
5-2-1.生産変動抑止での品質安定化とコストダウン
5-3.AIの活用、AIとのリンク
5-3-1.CAE不要の瞬間的予測、センサー不要の異常検知、
5-3-2.音・映像の自動判別

6. まとめ
6-1.現状のレベル
6-2.Digital Twinの可能性
6-3.期待と課題

【質疑応答】


* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以 上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ