rinnaと電通、両社の対話プラットフォームを連携させたAIキャラクターの法人向けソリューション提供で協業を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
rinna株式会社
店舗待ち時間を楽しく過ごして頂くアプリケーションをトヨタ販売店が試験導入


rinna株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役:ジャン“クリフ”チェン、以下rinna)と株式会社電通(本社:東京都港区/社長執行役員:榑谷典洋、以下電通)は、rinnaの法人向けプラットフォーム製品である「Rinna Character Platform」と、電通のAI自然対話プラットフォーム「Kiku-Hana(キクハナ)」を組み合わせて実現する新たなAIキャラクターによる法人向けソリューションの開発・提供で協業を開始したことを発表します。

本ソリューションは、「Rinna Character Platform」の雑談機能「タマシル(Tamashiru)」と「Kiku-Hana」のルールに基づく対話機能や対話形式で生活者インサイトを自動で深堀りする「Smart Interviewer(スマートインタビュアー)」機能を組み合わせることで、企業が「AIキャラクター」を用いて、利用者に話しかけたい会話を交わしながらインサイトを収集したり、雑談したりすることによって、利用者であるお客様に楽しい時間を過ごしていただくキャラクターAIチャットボットを開発・展開することが可能になります。

このソリューションを利用して、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市/代表取締役:豊田章男、以下トヨタ)とrinna、電通が共同で開発を行ったサービスを、明日より一部のトヨタ販売店にて試験運用を開始します。

今回試験運用されるサービスは、「Rinna Character Platform」と「Kiku-Hana」を使用して構築したAIキャラクター「That’sくん」との会話で、ゲームや占い、クイズ、雑談といった複数のコンテンツを提供します。販売店に来店したお客様は車両点検やオイル交換作業の待ち時間に店舗内から自由にサービスにアクセスし、コンテンツを楽しんでいただくことができます。また、販売店は雑談を通じてお客様のインサイトを収集・分析することでサービス品質やお客様満足度の向上につなげることができます。


≪店舗接客用サービスの販売店での利用イメージ≫
利用イメージ
≪That’sくんキャラクターイメージ≫

キャラクターイメージ
近年、個人のライフスタイルの変化や企業が取り組む“働き方改革”の推進が活発になっています。また、ICTの技術革新によるサービスおよびユーザー体験の発展やコンテンツのデジタル化に伴ってコミュニケーションの形は多様化しています。ユーザーは手元にあるスマートフォン1つで必要な情報を検索して取得したり、SNSで多くのユーザーと情報交換を行ったり、配信されるコンテンツを楽しむなどその活用方法はさまざまです。企業はこのような進化するテクノロジーとユーザーの利用シーンを活用し、デジタル化したコミュニケーション手段を駆使することでマーケティングや顧客関係の構築、維持などを模索しています。

rinnaは、会話内容をカスタマイズしてキャラクター性を持たせたAIキャラクターを開発できる法人向けプラットフォーム製品「Rinna Character Platform」を提供しています。Rinna Character Platformに含まれるコンポーネント「タマシル(Tamashiru)」を活用することで、技術的に難易度の高い雑談や自由会話を容易に取り入れることができ、多様化するコミュニケーションに高い付加価値を提供することが可能になります。これにより、企業はユーザーの声を活かした親和性の高いマーケティング活動が可能となります。

電通は、rinnaのISVパートナーとして、Rinna Character Platformの販売について協業してきました。更に今回の取り組みにより、「Rinna Character Platform」と「Kiku-Hana」の双方の持つ特徴を掛け合わせ、更には、電通が有するエンタテインメントコンテンツ開発の知見と資産を活用することで独自のAIキャラクターである「That’sくん」を開発しました。この度の発表は今回両社の協業の成果の1つとなります。


■サービス利用可能なトヨタ販売店
今回のサービスは下記販売店にて提供される予定です。
・ネッツトヨタ帯広株式会社
・ネッツトヨタ富山株式会社

■rinnaについて
rinnaは、マイクロソフトのAI&リサーチ部門でAIチャットボットの研究を行っていたチームがスピンアウトして2020年6月に設立しました。ディープラーニング技術を活用し、文脈に応じた会話文を自動生成して人間と自然に会話する「共感チャットモデル」、話し声や歌声で豊かな感情表現を可能にする「音声合成システム」などの技術を発表してきました。rinnaは「人とAIの共創世界」をビジョン、「すべての人と組織にAIキャラクターを」をミッションと定め、人とAIのインタラクションを通じて、コミュニケーションの在り方を次のフェーズへ進化させるべく、多様な個性を持ったAIキャラクターが世に生み出される仕組みを作ります。

■電通について
電通は、顧客のマーケティング全体に対するさまざまなソリューション提供に加え、デジタル時代の変革に対応する効率的な広告開発、最適な顧客体験のデザイン、マーケティング基盤そのものの変革や、さらには顧客事業の変革をも推進しています。また、マーケティング領域を超えて進化させた多様なケイパビリティを掛け合わせ、顧客と社会の持続的成長に貢献する統合ソリューションを提供していきます。AIチャットボットの領域では、日本語の意味を理解するAI自然言語対話プラットフォーム「Kiku-Hana」を提供しています。


【会社概要】
■rinna株式会社
所在地:東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクウェア39F WeWork
設立年月日:2020年6月17日
代表取締役:ジャン“クリフ”チェン
Webサイト:https://rinna.co.jp/
業務内容:AIキャラクター サービスの研究・開発・提供
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ