ビッグデータ・ヴィジュアライゼーションをテーマに次世代の情報可視化作品をインタラクティブに展示

このエントリーをはてなブックマークに追加
多摩美術大学
多摩美術大学 TUB(東京ミッドタウン・デザインハブ内)にて2/13まで開催。協力:NHK、慶應義塾大学、多摩美術大学情報デザイン学科

学校法人多摩美術大学(所在地:東京都世田谷区、理事長:青柳正規、多摩美術大学学長:建畠 晢)は、多摩美術大学 TUBにて、第12回企画展「Visible x Invisible ──ビッグデータと次世代の情報表現」を開催します。ビッグデータ・ヴィジュアライゼーションをテーマに、新型コロナウイルス感染、都市の多様性指数、機械学習(AI)による表意文字生成など、次世代の情報可視化作品をインタラクティブに展示します。




企画概要
TUB第12回企画展「Visible x Invisible ──ビッグデータと次世代の情報表現」
会 場:多摩美術大学 TUB(ミッドタウン・タワー5F デザインハブ内)
日 程:2022年1月28日 (金) – 2月12日 (土) 11:00-18:00 日祝定休
入場料:無料
出品作家:山辺真幸、矢崎裕一、Scott Allen
監 修:永原康史(多摩美術大学情報デザイン学科教授、メディアセンター所長)
協 力:NHK、慶應義塾大学、多摩美術大学情報デザイン学科


情報可視化の先端と現状を紹介
21世紀に入り、インターネットの普及と技術の発達により大量の情報を集めることが可能になった。現在ではその弊害も明らかになり、社会に及ぼす影響が心配され、欧米では法整備も進んでいる。そういったいわゆるビッグデータは人間が理解できる以上の情報を我われに与えるが、それを視覚的に表現(visualize)することで、社会活動の一助になることも確かである。
2010年代に発達したデータジャーナリズムは、そのもっともわかりやすい事例だろう。一昨年末から始まったCovid-19によるパンデミックは、足で稼ぐ情報からデータによって解析するニュースへのシフトを加速させた。また、高解像度表示による視覚表現の開拓やAIとの協働も進んでいる。本展では、そういった情報可視化の先端と現状を提示する。


主な展示作品
動画やインタラクション作品のディスプレイ展示を主体とした様々な作品を展示。



・新型コロナ感染状況
日本における第一波から第三波の感染状況のビジュアライズ。
協力:中谷友樹(東北大学大学院)、NHK、株式会社NHKエデュケーショナル、株式会社JX通信社


・表意文字生成による視覚化
これまで特定の漢字が与えられていなかった文章(文字列)に漢字を与えることを試みる、深層学習による漢字(表意文字)作成プロジェクト。


・都市の多様性指数の可視化
取得したビッグデータからその都市の多様化を探る。


・新型コロナウイルス ゲノム系統樹の3次元可視化
新型コロナウイルスが世界に拡散していく様子を、8K動画でヴィジュアライズする。

出品作家:
山辺真幸(慶應義塾大学)
矢崎裕一(情報デザイン学科非常勤講師)
Scott Allen(情報デザイン学科非常勤講師)

監 修:永原康史(多摩美術大学情報デザイン学科教授、メディアセンター所長)
協 力:NHK、慶應義塾大学、多摩美術大学情報デザイン学科


多摩美術大学 TUB 基本情報
英語名称:Tama Art University Bureau
名 称 :多摩美術大学 TUB
所在地 :東京都港区⾚坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー5F(東京ミッドタウン・デザインハブ内)
面 積 :151.54 平方メートル
ディレクター:和田達也教授、永井一史教授
WEBサイト:https://tub.tamabi.ac.jp/

多摩美術大学 TUB について
2021年4月、東京ミッドタウン・デザインハブ(所在地:東京都港区)に、デザインやアートが持つ創 造性と美意識を社会とつなぐ場として開所。“まじわる・うみだす・ひらく” をコンセプトに、多摩美術大 学の様々なステークホルダーや企業、社会人と行うオープンイノベーションによる新しい価値の創出、学生だけでなく子どもから社会人まで幅広い層に向けたデザインやアートのプログラムの提供、学生作品の展示・発信を行います。

学校法人多摩美術大学について
理事長:⻘柳正規
多摩美術大学 学長:建畠 晢
所在地:〒158-8558 東京都世田谷区上野⽑ 3-15-34
創 立:1935年
大学概要:創立以来「もの派」を牽引した関根伸夫、菅木志雄ら、またデザイン界でも三宅一生や深澤直人、佐藤可⼠和など世界を舞台に活躍する才能を数多く輩出。八王子・世田谷の 2キャンパスに、絵画、彫刻、工芸、デザイン、建築、映像、演劇、芸術学など10学科と大学院を設置。
WEBサイト:https://www.tamabi.ac.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ