【展示会出展】惣菜盛付ロボット、検品AIソフトウェアを初展示

このエントリーをはてなブックマークに追加
コネクテッドロボティクス株式会社
FOOMA JAPAN2022国際食品工業展で初披露


「食産業をロボティクスで革新する」をミッションとするコネクテッドロボティクス株式会社(本社:東京都小金井市、代表取締役:沢登哲也)は、6月7日(火)~10日(金)まで、東京ビッグサイトで開催される「FOOMA JAPAN 2022 国際食品工業展」に出展いたします。展示会では2点のロボットシステムを、初めてお披露目いたします。

FOOMA JAPAN2022 国際食品工業展概要
【会 期】2022年6月7日(火)~6月10日(金) 10:00~17:00
【会 場】東京ビッグサイト スタートアップゾーン 8S-15(東8ホール)
【イベントサイト】https://www.foomajapan.jp/

■展示製品の概要
1.惣菜盛付ロボット デモ実動機


惣菜業界として初めて食品工場に4台導入された、盛り付けを自動化するロボットです。
ポテトサラダやマカロニサラダなどの不定形で粘着性の高い食材を盛り付ける事が可能となりました。今回の展示はデモ実働機となります。従来より省スペースで複数の惣菜を扱えるモデルとしてデモンストレーションします。


2.検品AIソフトウェア

食品に特化した検品ロボットのAIソフトウェアをご紹介します。
食に特化したAI機能・データセットにより季節や品種によって状況が異なる、不定形の原材料・加工品にも対応可能な検品システムです。

■展示製品の特徴
1、惣菜盛付ロボット デモ実働機
野菜などの不定形物や粘着性の高いポテトサラダのような食材をロボットが扱うのは技術的に難しいとされていました。また少量多品種で、曜日や時間帯によって段取り替えが多い惣菜製造工場では自動化が進んでいないという現実がありました。このロボットは、決められた重量の食材や具材をつかんで、製品トレイに盛り付ける作業工程を自動化します。
盛付ロボットの紹介はこちら →https://connected-robotics.com/products/plating-robot/

2、検品AIソフトウェア
食品は時期やロットによって形や色味が変わり数値化が難しいため、人間による検品に頼るところが多く、自動化のハードルとなっていました。しかしAI・画像認識の技術を活用することで、曖昧かつ柔軟な「人間的な感覚」を数値化し、人間の感覚と近い基準で不定形な食品のOK・NG判別を行うことができます。※ソフトウェアシステムのご紹介となります。



会社概要
会社名 :コネクテッドロボティクス株式会社
所在地 :東京都小金井市中町2-24-16
代表者 :代表取締役 沢登 哲也
設立 :2014年2月
事業内容 :食産業向けロボットサービスの研究開発および販売
URL:https://connected-robotics.com/
事業概要 :
コネクテッドロボティクス株式会社は 「食産業をロボティクスで革新する」をミッションに、「高度なロボット制御の技術」と「ディープラーニングを活用したセンシングと学習技術」を組み合わせたテクノロジーで食産業における人手不足や低生産性、過酷な労働条件といった課題の解決を目指しています。今までに「たこ焼きロボット」「ソフトクリームロボット」「そばロボット」「フライドポテトロボット」「検品ロボット」「盛付ロボット」といった食材を扱うロボットシステムを開発し、実際の店舗や工場へ複数のロボット導入実績を持つ国内唯一の企業です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ