SCデジタルメディア、マーケティングDX支援サービスの強化に向けSalesforceのコンサルティングパートナー認定を取得

このエントリーをはてなブックマークに追加
SCデジタルメディア株式会社
企業のマーケティングオートメーションツールの導入・運用をサポート

住友商事株式会社の100%子会社、SCデジタルメディア株式会社 (東京都渋谷区、代表取締役社長: 野崎健、以下 SCデジタルメディア)は、株式会社セールスフォース・ジャパン(東京都千代田区、 代表取締役会長兼社長 小出伸一、以下Salesforce)のコンサルティングパートナーに認定されました。「Salesforce Marketing Cloud(※)」の運用・導入コンサルティングを開始し、企業に対するマーケティングDX支援サービスを更に強化いたします。※Salesforceが提供する、Email・モバイル・ソーシャル・Web などあらゆるチャネルにおいて顧客ごとに最適化された One to One コミュニケーションを実現するマーケティングオートメーションツール





デジタル化や生活者の趣味趣向の多種多様化が進んだ今、企業は、顧客との強いつながりを創造するために、個々のニーズに合う新たな体験価値を提供していくことが求められています。

このような状況下で企業が抱える課題をデータとテクノロジーを駆使して解決すべく、SCデジタルメディアは様々な企業に対し、マーケティングDXの戦略策定~構築~運用までを一気通貫で支援してまいりました。

この度Salesforceの認定パートナーになったことにより、従来の支援サービスに加え、「Salesforce Marketing Cloud」 を活用した顧客データの運用方法を提案することが可能となりました。

SCデジタルメディアが保有するマーケティングDXにおける実績・ノウハウと「Salesforce Marketing Cloud」の機能によってシナジーを生み出し、顧客体験価値の向上に貢献いたします。

<Salesforce Marketing Cloud コンサルティングパートナーについて>
「Salesforce Marketing Cloud」に関する豊富な専門知識と経験を持つことが証明されたパートナー企業を指します。


データマーケティング事業概要

「顧客との強いつながりを創造すること」を使命とするSCデジタルメディアが、マーケティングDXの実現を支援。当社に在籍するコンサルタント、マーケター、エンジニア、データアナリストなど各分野のスペシャリストが、戦略策定~構築~運用まで伴走いたします。

【提供サービス一覧(※一部抜粋)】
1.データマーケティング戦略立案
コンサルタントがA-IsとTo-Beを洗い出し、最短で成果を出すための全体戦略とロードマップを策定

2. マーケティングシステム構築支援
数々のツールの中からクライアントに最適なツールを選び出し、データマーケティングを実行するためのシステム基盤を構築

3. 自社メディア構築支援
リード獲得とエンゲージメント向上を実現させる自社メディアを構築

4. 運用実務の代行
効果の出るマーケティング施策の実行や手の掛かる運用実務を、各分野のスペシャリストが代行

▼サービスに関する詳細・お問い合わせはこちら
https://www.sc-dmedia-mkt.com/lp


SCデジタルメディア株式会社について

SC デジタルメディアは、住友商事メディア事業のデジタル領域における新規ビジネスの推進母体として、2017年12月に設立しました。戦略事業会社であるALPHABOATを中核とし、動画・PR・イベントライブ配信などのコンテンツ制作、SNSの企画運営などの企業のブランディングサポートをワンストップで展開する「ブランドコミュニケーション」、データを利活用したマーケティングのコンサルティング・システム導入・運用支援を行う「データマーケティング」、メディアコマース等の新たな開発や支援を推進する「デジタルメディア」の3つの領域で事業を展開しています。






名称:SCデジタルメディア株式会社
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目ビル7番5号 ヒューリック渋谷2丁目ビル 2F
代表者:代表取締役社長 野崎健
事業内容:ブランドコミュニケーション、データマーケティング、デジタルメディアの各事業領域における投資・開発・運営
資本金:50,000,000円
設立:2017年12月28日
URL:https://www.sc-dmedia.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ